現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月8日更新

意外と簡単!クリスマスリースの作り方まとめ

5412 views

クリスマスリースをつくってみたいんですが、簡単だけど本格的につくる方法ってありますか?(大学2年生・女性)
もうすぐクリスマスがやってきます。皆さん、クリスマスの準備はいかがですか?


今はあちこちのグッズショップや、100円ショップでもいろいろなデコレーション素材が手に入ります。
今年は手作りのオリジナルリースに挑戦してみませんか?




100円ショップの素材でリースを作る




作り方・画像出典:http://setuyakubiyori.setuyakuclub.itigo.jp/?eid=169


まずはじめにご紹介するのは、100円ショップのグッズを使って作ったリース。
パッと見100円グッズには見えませんよね?
あらかじめ枝を円形に組んであるリース台に、グルーガンを使用して
お好みでマスコットやリボン、木の実などを貼り付けていくだけです。
グルーガンがない場合は、乾燥に時間はかかりますが木工用ボンドなどで代用可能です。





新聞紙一枚で、リースの土台が作れます



そもそもリース(wreath)とは、花や葉などで作られた装飾用の輪のこと。
土台となる輪は、適当な大きさの輪ならなんでも構いません。
(壁やドアに取り付けることを考えると、軽い方が良いでしょう)


紙皿の中央を丸く切り抜いてもいいですし、新聞紙一枚をねじって整えるだけでも十分です。




作り方・画像出典:http://amzax.com/2439.html


土台ができてしまえば、ここに可愛いリボンやモールを巻きつけて形を整え、
スパンコールやビーズ、造花などを貼り付けたり、ワイヤーや糸で結びつけるだけで完成です。




作り方・画像出典:http://amzax.com/2439.html


なかなか華やかでしょう。
土台の新聞紙が見えないように貼り重ねていくのがポイントです。





針金ハンガーがあれば、フック付のリースが簡単に




作り方・画像出典:How to Make a Ribbon Wreath


もし家に余っている針金ハンガーがあれば、ペンチなどを使って三角形の部分を丸く整形すると
ちょうどいい大きさの土台になります。
引っ掛けるためのフックがはじめからついているのでとても便利です。


上記リンク先では、ハンガーで作った土台にリボンを結びつけてリースを作っています。
赤・緑・ゴールドなどのリボンを使えば、クリスマスらしいリースになりますね。






手芸好きの方におすすめの個性的なリース2種




作り方・画像出典:http://tanosimu.biz/atarasii/hanndomeido/kurisumasuri-su.html


手芸が得意な方は、余り布を三つ編みにしてリースを作るのもおすすめ。
優しい雰囲気のガーリーなリースができあがります。




作り方・画像出典:http://wipkits.blogspot.jp/2011/12/pom-pom-wreath.html


また、ポンポンをたくさん作って土台に結びつけた毛糸のリースも個性的です。
毛糸の種類にやポンポンの大きさによってもだいぶ雰囲気が変わります。
寒いクリスマスもほっこり温かく感じられそうですね。



いかがだったでしょうか。クリスマスは当日はもちろんですが、
クリスマスを迎える準備も楽しいものです。
皆さんのいろいろなアイデアを生かして、楽しいクリスマスリースを作ってくださいね。

2015年9月8日

written

by 前田涼


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop