現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月10日更新

豆乳ダイエットのやり方&効果的な実践時期まとめ

383 views

友達に豆乳ダイエットをお勧めされて興味があるのですが、
一体どうやればいいのでしょうか?(大学3回生・女性)


豆乳ダイエットをする女性
今、豆乳ダイエットがちょっとした話題になっているのをご存知でしょうか?
痩せたい!というのは女性の永遠のテーマ。

しかし、そう思っていても長期間食べたいものを我慢し、苦しい筋トレを強いられ、
結果が出るまでそれが何か月も続くとなると、よほどの根性がある人を除けば継続することが難しく、
挫折してしまう方も多いはずですよね。

だからこそ、この豆乳ダイエットが話題になるには理由があります。
それは「簡単」で「即効性があり」なによりの成功ポイントが
「女性の生理周期に沿っている」からなのです。

元々体に良いと言われている豆乳に、プラスダイエットの効果があるのだとしたら・・・
これは試してみる価値ありですよね!
一か月のご自身の生理周期を利用して早速実践してみましょう!

 

1. 豆乳ダイエットのやり方



生理前に1週間~10日間豆乳を飲む。
ただそれだけです。難しいことは何もありません。

 

2.注意点



ただ飲むだけなのですが、何点か注意しなければならないことがあります。

① 調整・無調性はどちらでも構いませんが、加糖ではなく無糖を選ぶようにすること

② 飲むタイミングは朝起きてすぐ、朝食を食べる前の空腹時がベスト

③ 一日に飲む量は200mlまでにすること

以上の点に注意しながら、生理が始まるまでの1週間~10日、毎朝豆乳を飲み続けると
生理後には体重がー2キロ~3キロ落ちる効果があると言われています。

 

3. なぜ痩せるのか?



元々生理前の女性の体は太りやすく、生理後には痩せやすいと言われていますよね。
生理前は体が妊娠準備をするため栄養をため込もうとするため太りやすくなり、
また精神的にも不安定になるため食欲も増してしまいがち。

豆乳を飲むことでそのため込もうとする力を抑え、余分なものを排出する力をもらっているのです。
その上豆乳自体にも、生理前になくてはならない栄養分がぎっしり詰まっているので、
ただ単に食べないダイエットと違って、栄養を取りながら食欲を抑え、
老廃物を除去することが可能になるという訳なのです。

 

4. なぜ200ml??



そんなに良いなら、200mlと言わず、生理が始まるまでの期間は豆乳を常に飲んでいれば良いのでは?
と思われた方もいるかと思いますがそれは絶対にNGです。
上記にも述べたとおり、「一日200ml」が適正な分量なのです。

なぜか。

それは、大豆に含まれている「イソフラボン」の適切な日々の摂取量は70~75㎎と言われており、
豆乳200mlに含まれている「イソフラボン」がおおよそ45㎎程度。
日本人は元々大豆を他の食べ物からも摂取する機会が多いのでそれで十分なのです。

栄養があるからと言って、取りすぎは逆効果!
それはどの食べ物にも共通して言えることです。

 

いかがでしたか?
生理後に痩せるという体のしくみを理解し、生理前に太らないようにする。
そうすることで、生理後のマイナス幅を大きくするといったこの豆乳ダイエット。
決して無理することなく、栄養を取りながらも老廃物を溜め込まないといった
とても理にかなった方法です。

一か月に一度来る憂鬱な「生理」をダイエットのチャンスに切り替えて
上手に付き合ってみてくださいね!

 

2014年11月10日

written

by momo-3


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop