現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月6日更新

気をつけて!恋愛運を下げてしまう7つの習慣

1824 views

最近、恋愛してないですね。アプローチしてもうまくいかないし、新しい出会いもないし・・・
なにか原因があるのでしょうか?(大学2年生・女子)


恋愛運

なぜか恋愛がうまくいかない。出会いがない。努力をしてもうまくいかない。そういう方は要チェックです。

何気なくしている習慣が、ひょっとしたら素敵な出会いを遠ざけているかも。
今回は、恋愛運を下げてしまう7つの習慣についてご紹介します。

 

過去の恋愛を引きずっている



あなたは過去の恋愛を引きずっていませんか?

もちろん、恋が終わってすぐに次へ進むのは難しいかもしれませんが、いつまでも引きずっていると、恋愛に対してマイナスイメージしか浮かばなくなるし、表情も暗くなっていきます。

 

過去のことは過去のこと。これから出会う人は今までの人とは別の人。
潔く断ち切ることが、恋愛運アップにつながるのです。

 

 

モノトーンばかり



あなたの部屋や、あなたのワードローブを見てください。黒、グレーが多く目につきませんか?
スタイリッシュでクールなイメージがあったり、服装も無難で合わせやすいからと、つい選んでしまいがちなモノトーン。

 

暗いカラーは陰の気が強く、恋愛運を下げてしまいます。
恋愛運をあげたいなら、ピンクや赤がおすすめですが、抵抗がある場合はイエローやグリーンなど、明るい色を取り入れるようにするといいでしょう。

色はその人のイメージも左右します。「こうなりたい」とおもう自分のカラーを選んで、恋愛運を呼び寄せましょう。

 

 

アクセサリーをつけない



「面倒だし邪魔だ」なんて言って、アクセサリーを全く付けていないのではないでしょうか?
人は本能的に「揺れるもの」と「光るもの」に反応します。

そのうえ、アクセサリーに使われている宝石の中には「ピンクオパール」など恋愛運を上げてくれるアイテムも沢山あります。
好みもあるかと思いますので、まずは「ゆれる」「光る」を意識して、好みのアクセサリーをつけてみてはいかがでしょうか。

恋愛運も、女性らしさもアップすること間違いなしです。

 

 

香りに無関心



あなたは自分の髪や体が、どんな香りか意識したことはありますか?
人間は香りにとても敏感です。自分では慣れた香りでも、実はその香りがあなたが恋愛運を下げているかもしれません。(ちなみに「くさい」なんて問題外です)

好きな香りの入浴剤を入れてリラックスしたり、ほんの少量の香水をつけるだけで、自然と恋愛運が上がっていくのです。

 

食事をしながら愚痴をこぼす



学食でのランチタイム。愚痴や文句ばかりで盛り上がっていませんか?
これは本当にいけません。恋愛運ばかりではなく、全体運まで下げてしまう悪習慣。

食事とともに、その言葉の悪い「気」まで吸収してしまうと言われていますが、あなたは食事中愚痴ばかり言う人と、一緒に食事をとりたいと思いますか?
せっかくの美味しいものも、台無しになってしまいますよね。

嫌なことがあった時でも、食事中くらいは楽しく過ごすことで、心も体も満たされるものです。
恋愛運も人も、満たされた人のところによってくるものです。

 

 

スマホの扱いに注意



あなたは夜、スマホを見ながら寝落ちなんてこと、していませんか?

スマホからは、強い電磁波が出ていると言われています。この電磁波は、意識しなくても体にとって「有害」なもの。
体調に変化はなくても、心は敏感にその害を感じ取ってしまい、なんとなくイライと不安定になったり、不眠の原因にもなります。

イライラも不眠も、美肌の大敵。
寝るときくらいはスマホから離れて、体を休めることで恋愛運が格段に上がることでしょう。

 

 

 

出会いのない人同士で一緒にいる



出会いのない人や、問題のある恋愛をしている友達が、周りに多くないですか?
「類は友を呼ぶ」と言いますが、同じような環境の人といると安心感や連帯感があって、その運気から逃げられなくなってしまいます。

いつもと違うメンバーで遊べば、新しい環境でいい刺激が生まれるし、ひょっとしたら新しい出会いもあるかもしれません。
同じ環境に居続けないこと。これが恋愛運をあげる方法です。

 

 

最後に



いかがでしたでしょうか。
思い当たる点は、いくつかありましたか?

この習慣に気をつければ、恋愛運が上がるだけじゃなく、女性としてのあなたをより魅力的に変えられるはずです。
始めの一歩を踏み出せば、あとは楽しくなるばかり。

さあ、今すぐ始めてみましょう。

 

 

 

 

 

2014年11月6日

written

by 相田


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop