現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月7日更新

空気の澄んだ冬こそ必見!2014-15年冬の花火大会特集

236 views

冬の花火がとても美しいと聞いたのですが、どこかで花火大会やってませんか?
(大学2年生・女性)


花火大会は夏の風物詩です。
でも、冬の澄んだ空気の中で見る花火は格別ですよ。
冬に行われる花火大会には、どのようなものがあるのでしょうか。
まとめてみました。

 

1、お台場レインボー花火2014(お台場)





画像出展:お台場レインボー花火公式ホームページ

12月の毎週土曜日に開催されるこちらの花火大会。
自由の女神像沖から打ち上げられます。
この時期にはクリスマスのイルミネーションも飾られているので、地上の光と空の光で、豪華かつロマンチックな時間を味わうことができます。
時間は午後7時からの10分間。
荒天の場合は中止になります。
自由の女神像を背景に、美しい花火とイルミネーションを楽しめるのは、冬だからこそではないでしょうか。

アクセス:新交通ゆりかもめお台場海浜公園駅、台場駅
りんかい線東京テレポート駅
URL:http://www.tokyo-odaiba.net/rainbow/hanabi2014.html

 

2、熱海海上花火大会(熱海)





画像出展:熱海花火大会

12月の7日、14日、23日に開催されるこちらの花火大会。
時間は午後8時20分から25分間となっています。
この花火大会は、その地形を生かした迫力のあるものになっています。
会場全体から打ち上げられる花火と、その音の反響は、夏も冬も変わらぬ華やかさ。
冬の花火は空気が澄んでいるため、とても色がきれいに見えるので、夏以上かもしれません。

アクセス:熱海駅下車、徒歩5~10分
URL:http://www.ataminews.gr.jp/hanabi/index.html#26

 

3、花火の祭典「冬」(栃木県)





画像出展:花火の祭典

栃木県で開かれるこちらの花火大会。
春夏秋冬、全ての季節で行われており、2014年は12月31日の冬の祭典を残すのみとなりました。
こちらの花火大会の特徴は、会場がサーキットであるために見ることのできる「地割れスターマイン」という花火。
さらに、庭園花火と言われるものなど、目の前で様々な花火が花開くさまは、豪華で迫力にあふれたものです。
前売り券は、前日の12月30日まで販売しています。
2014年最後の花火の祭典を楽しんでみてはいかがでしょうか。

アクセス:宇都宮駅・水戸駅下車、バスで90分
URL:http://www.twinring.jp/information_m/fireworks/

 

4、とっておき花火大会(伊達市)





画像出展:伊達市ホームページ

毎年12月20日に伊達海岸・なぎさ公園で開催されているこちらの花火大会。
花火大会と同時に、バザールや、よさこい大会が開催されています。
会場の熱気は、冬の寒さを吹き飛ばすほどの熱気で、花火の華やかさがその空を彩ります。

アクセス:JR伊達駅下車、徒歩10分
URL:http://www.city.ito.shizuoka.jp/kankou/html/event/20131022090710.html

 

参考になりましたか?
冬の花火は珍しいものにも思えますが、冬の空にも花火の美しさは映えるでしょう。
特に空気が澄んでいるため色の発色が良く、華やかさは夏以上。
浴衣を着ることはできませんが、寒さを吹き飛ばすためにも、ぜひ、この冬は花火大会に出掛けてみませんか?

2014年11月7日

written

by kris


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop