現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月17日更新

眼鏡美人になるための選び方の5つのコツ

1908 views

私は目が悪いのでいつも眼鏡をしています。でもなんかダサい感じがして…眼鏡美人になりたいです。眼鏡の選び方を教えてください。(大学1年生・女性)


眼鏡美人になりたい!と思って流行りのめがねを購入したものの、なんかパッとしない・・・
そんな経験はありませんか。

実は筆者もその一人なのですが、なかなか自分に合うめがねを探すのは難しいですよね。
そもそもどんなめがねが自分に合うのかわからなかったり・・・。

今回のテーマは、そんな悩みを解決しちゃいます。

 

メガネが似合う女性

 

1.顔のラインを強調しないデザインを選ぼう



フレームのデザインによって顔のラインが強調されてしまいます。
顔の形によって合うフレームと合わないフレームがあるので、しっかりと見極めて選びましょう。
基本は、「顔の形と同じ形のめがねを選ばない」です。

下は、それぞれの顔の形に合うフレームのデザインをまとめてみました。

・ふっくら丸顔の人
角ばったフレームや太めのフレーム

・ほっそりした面長の人
楕円形で曲線的なフレーム

・あごが四角い、エラが張っている人
丸みのある太めのフレーム

・あごがとがってる三角顔の人
小ぶりで細めの丸みのあるフレーム

 

2.顔とのバランスを考えよう



何事もバランスが大事です。それは、めがね選びにも当てはまります。

・横の幅
自分の顔の横幅と同じものを選びましょう。
やや幅が狭いものでも大丈夫ですが、めがねが大きすぎるとバランスが悪くなってしまいます。

・縦の幅
顔の眉からあごの長さまでの1/3以内のものを選びます。
縦幅が大きすぎると鼻が低く見えてしまいます。

・その他
鼻の長さとふれーむの縦幅を比例させるようにしましょう。
眼鏡下のラインが鼻先から5ミリ~1センチ離れていると、すっきりした印象になります。
また、フレームのラインと眉のラインを合わせることで顔になじみやすくなるため、フレームの上半分が
眉毛に沿っているものを選びましょう。

 

3.フレームの色で選ぼう



フレームの色によっても印象が変わってくるので
自分のなりたい像やイメージに近いものを選ぶと良いかと
思います。

ピンクやきつくなりすぎない赤・・・・・・優しく女性らしいイメージにしたいとき
濃い赤・・・・・・可愛らしいイメージにしたいとき
オレンジや茶系・・・・・・顔になじみやすく自然な感じにしたいとき
黒やふちなしの眼鏡・・・・・・おしゃれで都会的、知的なイメージにしたいとき

 

4.フレームの方向で目尻の印象を調整しよう



フレームの方向によっても印象が大きく左右されます。
たれ目気味の人は上向きのものを選ぶことによってリフトアップ効果も期待できます。

反対に目尻が上がっている人は下向きのものを選びましょう。
印象が優しく、柔らかくなります。

 

5.自分のよくするファッションやメイクに合わせて選ぼう



どんなに顔になじみやすいめがねや可愛いデザインのめがねを選んでも、
ファッションやメイクに合わなければ違和感があります。
眼鏡を選ぶときには、自分のよくするファッションやメイクに合うものを選ぶようにしましょう。

 

いかがでしたか。
この5つのポイントをしっかりとおさえた上でめがね選びをすれば
失敗をせずに眼鏡美人に近づけるのではないかと思います。
あなたに合った素敵な眼鏡が見つかるといいですね。

 

 

2014年11月17日

written

by ほなたろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop