現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月18日更新

TOEICリーディング対策!公式問題集を効果的に使うコツ

621 views

TOEIC公式問題集が良いとよく聞きますが、どうやって使えば効果的ですか?特にリーディング対策について知りたいです。教えてください。(大学3年生・男性)


英語が書かれた本

TOEIC勉強しよう!と公式問題集を買ったものの、全然触れてないまま...なんてことになっていませんか?
今回は、公式問題集を使った効果的なリーディング対策についてご紹介します。

 

part7の対策からスタートする



数字のおもちゃ

リーディングの問題は全部でpart 5~7まであります。
あなたはまず、どのpartから対策していきますか?
恐らく、多くの人は数字の順通りにpart 5の文法問題から勉強し始めるでしょう。

それでも良いのですが、即効性のあるやり方ではありません。
もっと効率的にTOEICの学習を進めようと思うのであれば、
part 7から対策するように心掛けてください。

このpartから進めるのには理由があります。

一つ目は、part7の英文に出てくる語彙は、part5,6にもよく出てくるので、
7をの学習を強化すると 5,6にも強くなり、相乗効果がみられること。

二つ目は、part7の長文に出てくるストーリーの流れはpart3,4と似ているので
7の流れをつかむことで、3,4にも+の効果があるということ。

他にも、part 7はreadingのセクションの中では一番難易度か高いので
先に難しい問題を潰して克服していった方が、気持ち的にもだんだん楽になってきます。

 

Part 7の対策の仕方



答えを選択する

①本番通りに1回分を解いてみる



まずは、公式問題集のTest 1を一気に本番通りに、時間制限を守って解いてください。
それから丁寧にpart 7からリーディングの対策を始めるべきです。

 

②間違えた問題の解析をする



解き終わって、part 7の答え合わせが終わったら
間違えた問題の復習です。

・なぜ間違えたのかを理解する
・選択肢の中で意味の分からなかった単語は徹底的に暗記する

の2つのポイントを意識して自分のミスの見直しをしていってください。

 

③音読をする



間違えた問題の解析が終わったら、
今度はpart 7 の長文の読解を行ってください。

目安は一日に1,2題の文章を各30回ずつです。
一日に一題30回も?!と驚いた人もいらっしゃるかもしれませんが、
ハイスコアをゲットするためにはこれくらいの量は必要です。

音読を何十回も繰り返すことで
英文に慣れ、速読力も上がるのです。単語も何回も目にして口に出すので覚えやすくなります。
ただし、この音読の際に注意しなければならないことが2点あります。

・10回目くらいまでは、自分の読解力に合わせてゆっくり読む
・英文一文を読み返しすることを避け、出来る限り理解しながら一気に読み進める

読み返しは時間制限の敵となるので、
意識して一発で英文一文を理解する癖をつけましょう。

 

まずは、part 7の問題に慣れて、流れをつかんでください。
それから後はpart5,6も自動的に上がるので、こちらの勉強法をお勧めします。
自転車の練習と同じようなものです。始めはなかなか上手くいかないけど、
練習量が多くなってくるうちに慣れて自然と乗れるようになったと感じた経験はありませんか?

自転車も練習をやれば必ず誰でもできるように、
TOEICのリーディングも練習量をこなせば、必ずスコアに反映されます。頑張ってください。

 

2014年11月18日

written

by mana


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop