現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月17日更新

自分の目で見て判断し商品を選ぶということ。

1056 views



Q. 化粧品やボディケア用品などは種類が多過ぎて何を選んでいいかわかりません。いつもドラッグストアで長時間悩み、結局なにも買わないということがしばしばあります。いい商品の見極め方を教えてください。(大学1年生・女性)






商品をどうやって選んでいますか?



突然ですが、あなたは商品をどうやって選んでいますか?


化粧品や日用品。。。


商品を購入する際、人それぞれ様々な基準で選ぶでしょう。



 
成分保存方法を目にしたことがありますか?


たとえば、化粧水を洗面所やドレッサーなどに置いておくこと。
そしてそれを肌につけるということ。


一度、ペットボトルのキャップ開けて飲んだ炭酸飲料を常温の場所にしばらく放置してそれから飲みたいとあなたは思いますか?



 

でも実はそれって同じことかもしれません。



 

商品の裏面を見てみましょう。



無添加の商品やオーガニック化粧品はたくさんありますが、分かりやすく馴染みのあるであろうメーカーのパウダー洗顔を紹介します。



(ここでは旧指定成分や合成界面活性剤でも植物性由来なら、、、などの詳細な基準は含みません。)
(ちなみに日本には食品以外のオーガニックに対する規定がありません。)



 

製造年月日が記載されています。






 

開封期間



シールを貼って何日から開封し、使い始めたのかを分かるようになっています。
この洗顔パウダーは開封後60日以内がリフレッシュ期間だと提示しています。



 

 「全成分表示」について



薬事法が大幅に改正され、2001年4月より、医薬部外品を除く全ての化粧品に対して「全成分」を表示することになりました。



 

ですが、化粧品の「全成分表示」も知識が無ければ判断出来ません。



 

生産性が高い世の中。


それは機能性・利便性を重視した商品選びから。



 

極端に言ってしまえば開封して翌日には腐っているような化粧水を購入したがらないかもしれません。



 

でも企業は消費者が求めるものをつくっている。



 

商品パッケージにも誤魔化されることなく、正しい情報をもって自分の目で見て判断し商品を選んでいきたいですね。



 

大切な人の健康を守る為にも



知らないうちに体に有害なものを皮膚から吸収してしまっていたり、、、



 

自分の健康や周りの大切な人たちの健康を守るため、便利な世の中に頼りすぎることなく、




正しい知識を身につけて、内から美人を目指しましょう。

2014年6月17日

written

by miyuki-shibayama


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop