現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月10日更新

大阪から日帰りできる!冬に行きたいあったか温泉旅行先6選

2105 views

大阪からでも日帰りでいける温泉先を教えてください。(大学2年生・女性)


関西の中でも一際賑わう大阪は交通の利便性が良いところです。

ですから、ここを起点にすれば、朝出発して夜に帰宅という気軽な日帰り旅行を楽しめますね。
寒い冬の小旅行ならば、ゆっくり湯に浸かれる温泉を目指すプチ旅行が良いかもしれません。
 

京都桂温泉 仁左衛門の湯



京都の西京区にある『京都桂温泉 仁左衛門の湯』には、
檜の露天風呂『藤壺』と岩の露天風呂『空蝉』があります。
定期的に男風呂と女風呂が入れ替わるので、
日を重ねれば露天風呂を2つとも楽しむことができるのが良いですね。



ここから3kmちょっと行けば桂離宮が、7km程行くと鈴虫寺として知られる華厳寺があります。

この『京都桂温泉 仁左衛門の湯』は名神高速道路の京都南ICから車で30分程のところにあり、
大阪からは1時間程の距離です。
また、阪急京都線に乗って、桂駅からはタクシーを使うと、1時間足らずで着きます。

画像出典:京都桂温泉 仁左衛門の湯
 

白雲谷温泉 ゆぴか



兵庫県小野市にある『白雲谷温泉 ゆぴか』は、地下1300mから噴出した温泉を使用しています。
白雲谷池を眺めながらの『水辺の湯』や森の風景を楽しみながらの『森の湯』で、
解放感に溢れたひとときを楽しむのはいかがでしょうか。


また、完全予約制ですが、『白雲の湯』という福祉風呂も設けられているのです。


ここから8km程行くと国の史跡である広渡廃寺跡歴史公園や、
国宝に指定されている阿弥陀堂がたたずむ浄土寺があります。

この『白雲谷温泉 ゆぴか』は山陽自動車道の三木小野ICから車で10分程のところにあり、
大阪からは中国自動車道と山陽自動車道を経由して1時間程の距離になります。
JR利用ならば、東海道山陽本線と加古川線を経由して2時間10分ちょっとで着きます。

画像出典:白雲谷温泉 ゆぴか
 

天然温泉 湯庵



兵庫県三木市にある『天然温泉 湯庵』は、
湯に鉄分が多く含まれているため黄褐色ということもあって『金の湯』とも呼ばれています。
高野槙を使用した『木の湯』では、樹木の香りにほっとして心身共に癒やされ、
天然の岩を使用した『石の湯』では、自然の石が持つ質感がダイナミックで爽快感を味わえるでしょう。



ここから7kmちょっと行けば、豊臣秀吉の軍師として名高い竹中半兵衛の墓所があります。
また、11kmちょっと行くと、本堂や多宝塔が国の重要文化財に指定されている伽耶院があるのです。

この『天然温泉 湯庵』は山陽自動車道の三木小野ICから車で15分程のところにあり、
大阪からは中国自動車道と山陽自動車道を経由して1時間程の距離になります。
JR利用ならば、東海道山陽本線と阪神本線、神戸高速南北線を経由して1時間40分程で着きます。

画像出典:天然温泉 湯庵
 

名湯 宝乃湯



兵庫県宝塚市にある『名湯 宝乃湯』は、療養泉としても認められている自噴温泉です。

源泉風呂は黄金泉で3つあります。

他にも内風呂や露天風呂、ひのき風呂やつぼ風呂もあるので、
それぞれの湯の雰囲気をじっくりと満喫することができますね。


ここから3.5km程行くと、漫画界の巨匠・手塚治虫の記念館があります。
また、1kmちょっと行けば、地元では「中山さん」と愛され、
いくつもの国指定重要文化財を持つ中山寺があります。

この『名湯 宝乃湯』は阪神高速11号池田線を通り、大阪から30分足らずのところにあります。
JR利用ならば、東海道山陽本線と福知山線を経由して40分程で着きます。

画像出典:名湯 宝乃湯
 

曽爾高原温泉 お亀の湯



奈良県の曽爾村にある『曽爾高原温泉 お亀の湯』は、肌にしっとりと馴染む泉質で『美人の湯』とも言われています。

『木の浴室』と『石の浴室』があり、それぞれに露天風呂も設けられています。
木の露天風呂では曽爾の山々を、石の露天風呂では曽爾高原を眺めながら、
自然たっぷりの入浴を楽しむことができるのです。


ここから10km程行くと、国の天然記念物に指定されている『屏風岩』を望める屏風岩公苑があります。
それだけではなく、伊勢本街道に出る道すがらで、
同じく国の天然記念物である鎧岳や兜岳といった美しい風景も見られるのです。

この『曽爾高原温泉 お亀の湯』は阪神高速1号環状線と西名阪自動車道、名阪国道を経由して、
大阪から1時間40分程のところにあります。
近鉄を利用ならば、難波駅で近鉄特急に乗り、名張駅からはバスで45分程になります。

画像出典:ぬるべの郷 曽爾村
 

白浜温泉 白良湯



和歌山県の白浜町にある『白浜温泉 白良湯』は、
今となっては貴重な『番台』がある昔ながらの銭湯スタイルの温泉です。

二階が浴場になっていることもあり、
どこか懐かしいレトロな浴場の窓から広く見渡せる白浜の海と空と浜の風景が心地よいのです。

海水浴客で賑わう夏の風景とは違う冬の白浜をのんびりと眺めながら湯に浸る贅沢はいかがでしょうか。

ここから3km足らずで、国の名勝地として知られている千畳敷の見事な風景を堪能することができます。
また、天候が良く、点検のため臨時休館でなければ、
3kmちょっと行った先にある三段壁洞窟も楽しめるのではないでしょうか。

この『白浜温泉 白良湯』は阪和自動車道で、大阪から2時間30分足らずのところにあります。
JR利用ならば、阪和線の特急くろしおに乗り、白浜駅からはタクシーで30分程になります。
画像出典:白浜観光協会 南紀白浜観光ガイド

このように大阪発の日帰り旅行ならば、
素敵な温泉のある各地の名所や旧跡に触れながらのプチ贅沢気分を味わえます。
この冬はちょっと遠出をしてみるのはいかがでしょうか。

2014年11月10日

written

by うぉーく


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop