現在17274個の困ったを解決できます!

2016月12月8日更新

何を学ぶ?将来は?経済学部を選んだ大学生の志望理由3パターン

76940 views

学部で迷っているんですけど、経済学部を選ぶ人の理由ってなんなんでしょうか?(高校3年・男性)



大学の学部選びってすごく難しいですよね。




小学校から高校の間は、ほとんどの方が統一されたクラスで同じものを学び、育っていきます。




しかし、大学に入れば個人個人が興味のある方へと進路を歩み、それぞれに違うものを学んでいきます。



専門性の高い学問を学ぶのが大学ですからね。

また、大学を選ぶのでも精一杯なのに、学部、学科となるとその数の多さに驚かれる方も少なくないと思います。




大学受験前の学部選択は、いわばその第一歩。



高校生の時から4年後をイメージするということは非常に困難だと思います。


大学を卒業すると、多くの人は社会人になります。
大学で学んだことを生かした職種に皆就きたいと考えるはずです。
なので、大学での学部選びは失敗できませんよね。






この記事では経済学部について取り扱っていこうと思います。


大学の学部の中でも、一際人気な経済学部。



大学内でも、なかなか人数の多い学部ではないでしょうか?



でも、「どうして経済学部に?」という質問も多く聞きます。


そこで今回は、現役学生が経済学部を選んだ理由や経済学部そのものについてを語ってみたいと思います♪





画像出典:大阪産業大学経済学部











そもそも経済学部って何をする場所?



経済学部とはその名の通り経済を勉強する場所ですが、「で、具体的に何をするの?」と思われる方も多いでしょう。


経済学部で学べる分野は大きく分けて二つあります。


1 「経済」についての理論や金融の仕組みについて学ぶ。
2 実践的な「経営」について学ぶ。


大まかに分けてこの二通りです(もちろん、もっと細かく分類している大学もあります。例えば、東京大学は「経済」、「経営」、「金融」の学科に分けています)。


私はどちらかと言えば1の勉強がしたかったので、それに向けた勉強をしていました。








そもそも、何故経済学部に入りたかったのか?



私は高校の頃、大学進学以後の将来について、見通しがまったく立っていませんでした。


民間企業でサラリーマンをしているのか。それとも公務員としてお役所で働いているのか。もしかしたら、起業しているのかも?
そういった様々な可能性を考えた場合、何にでもなれそうな大学の学部を考えたとき、経済学部が一番なのではないか? という結論に落ち着きました。


どんな場所にいたといても、「お金」が無ければ生きてはいけません。なので、お金や経済を学べる経済学部に行けば、将来に生かせるだろうと思ったからです。





何事にも基礎を学び、身につけることは非常に重要です。
「お金」を生むには、どのようにして生むのか、なぜ生むのか、どこで生むのかを知ることが大事と考えました。









経済学部が取れる資格について



その後、私は経済学部に進めば、役に立つ資格が取得できることを知りました。


経済学部に進んでまず目指す資格は、簿記です。もしかしたら商業高校の学生さんは既に取得している方も居るかもしれませんね。
また、簿記の技能は経理だけでなく、様々なビジネスシーンで役に立つと言います。そして、それを叩き台に他の資格を取ることが可能なのです。

この資格はサラリーマンになると大抵会社から資格を取りなさいと連絡がくるので、就職活動前に取得することで、立場が有利になります。











公務員になりたい人にも有利!

経済学部は民間だけでなく、公務員の道も考えていた私にピッタリでした。
何故なら、経済学部では地方公務員・国家公務員の勉強をするのにも適した講義やゼミがあるからです。

そうしたゼミに在籍したり、講義を受講したりすれば、単位取得と公務員向けの勉強と両方が同じ時間にできるのです。



特に、国家公務員の要職についている方々(所謂、官僚ですね)の経歴を見ると、法学部だけでなく、経済学部出身の方も少なくないのです。


つまり、官庁から見ても、経済学部出身者というのは評価される点の一つに成り得るのですね(もちろん、入学後も自身を磨くことも大切ですよ)。










最後に 中にはこんな人も……



以上のような理由で私は経済学部を志望していましたが、周囲には別の志望理由を持っている人達も当然居ました。


例えば、理系のクラスに進んでいた友人は、三年の後期に理系の道に進むのを諦め、入試(経済学部の二次試験は数学が重要!)に有利という理由で経済学部を志望しました。私はそれでも良いと思います。友人も経済学部に進んでから、その面白さに目覚めていきました。


経済学部を志望する人達が、見事その道に進めることを願っています。



結局は将来なりたいもの、就きたい職種によるので、経済学部だけではなく他の学部についてもしっかり調べてみましょう。
一番いいのはその学部の先輩とお話しをすることだと思いますよ!



頑張って下さい!!

2016年12月8日

written

by アマミヤ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop