現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月7日更新

海外旅行時にパスポートを紛失してしまった時の対処法

197 views

もし海外旅行中にパスポートをなくしてしまったら、どうしたらよいですか?
(大学2年生・女性)


パスポートを紛失しないよう持っている人

海外を旅行する時に絶対に忘れてはならないもの、それはあなたのパスポートです。
もし持っていなかったら、国を出たり入ったりすることがとても困難になるのです。
海外出張の多いビジネスマンはいつもパスポートを身近に保管し、いつでも飛べるようにしています。
旅行、留学、出張、赴任などで海外に滞在しているあいだは、パスポートは出入国時だけに必要なものではなく、あなたの身分を証明するための、なによりも大切なものです。

 

海外旅行時にもしパスポートを紛失してしまったら...



 

でも、もし海外滞在中にパスポートを紛失したり、盗難にあってしまったらどうなるのでしょう?

海外出張の多いビジネスマンであれば、確かにショックを受け不便は感じますが、
大事なビジネスを途中で放りだすことも出来ないので、そのまま目的達成のために動かなければなりません。
旅行中の場合には途中で旅行を切り上げたり、ツアーなどに参加している場合は他のお客さまにも迷惑をかけてしまいます。
外務省の発表では、海外旅行中に置き引き、スリ、強盗などの被害にあう日本人は多く、
日本にいる時と同じ感覚で行動してしまうと被害にあってしまうことがあります。

紛失、盗難にあったパスポートは、偽造され国際的な犯罪に使われることもあります。
日本国内でもパスポートの盗難は多く発生していますので、日頃からパスポートはきちんと管理しましょう。

 

海外滞在中にパスポートを紛失したり、盗難にあった場合



まず第一に現地の警察に紛失/盗難届けを出します。
警察署発行の紛失届出を立証する書類は、パスポートの新規発給申請を行う時に必要ですので、
必ず現地の警察署から証明書をもらって下さい。
そのあと在外公館(現地の日本大使館又は領事館)でパスポートの新規発給申請を行います。

ここで役に立つのは、海外へ出発する前にパスポートの顔写真のページのコピーを取っておくことです。
在外公館でパスポート再発給の申請を行う時に、必要な情報を堤示することが出来スムーズに手続きを行えるのです。

 

パスポートの新規発給申請には



1)紛失一般旅券等届出書及び新規発給申請書に記入
2)写真(45ミリx35ミリ)2枚
3)戸籍謄本又は抄本、その他参考となる書類(必要に応じ、本人確認、国籍確認が出来るもの)

を提出しなければなりません。

 

パスポートに代わる渡航書の申請



帰国を急いでいる場合は、帰国のための渡航書を申請することも可能です。
渡航書を申請する場合、戸籍謄本がなければ日本国籍がある事を確認出来る書類(保険証、運転免許証など)と、日程などが確認出来る書類(航空券など)が必要です。
尚、在外公館に紛失を届出ることにより、紛失したパスポートは失効します。
後日見つかった場合でも使用することはできませんので注意しましょう。

更に詳しい情報は外務省ウェブサイトで  → www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/

 

パスポートのコピーを携帯して渡航すると、新しいパスポートの発給申請時に役に立つと申し上げましたが、
ビザが必要な国を訪問中の場合には、そのビザのページのコピーも携帯していると便利です。
新しいパスポートが発給されたあとには、紛失したパスポートの中にあったビザも再発行してもらう必要があるからです。
詳しい情報は駐日外国各公館にお問い合わせ下さい → www.mofa.go.jp/mofaj/link/emblist/index.html

 

パスポートを紛失してしまったり、盗難にあったりすれば、その旅行は嫌な思い出しか残らないことにもなりかねません。
海外滞在時にはパスポートが一番大切なもの。 しっかり管理しましょう!

 

 

2014年11月7日

written

by ottawa-shoko


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop