現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月19日更新

【要保存】海外旅行時の手荷物制限まとめ(液体・サイズ・個数)

105 views



僕は飛行機に乗るときに、自分のシャンプーなどを泣く泣く捨てなくてはいけない経験をしたのですが、
この際、どのくらいの手荷物制限があるのかをはっきりさせていただきたいです。(大学3年・男性)






グローバル化社会が進む昨今の日本社会において、海外は私たちにとって身近なものとなりました。
海外旅行へも比較的容易に行けるようになりましたし、
安い料金プランでパッケージツアーを売り出している旅行代理店も数多くあります。


海外旅行へ行って異国の文化や情緒に触れることは貴重な体験であると言っても過言ではありません。


学生の間にぜひとも海外旅行を経験しておきたいものですね。


海外旅行の際、滞在先で快適に過ごすためには、
できるだけ日本で過ごす場合と同じ環境づくりをすることが重要となります。


そのためにできるだけ多くの荷物を持っていきたいところなのですが、
海外旅行先に持っていくことのできる荷物には限りがあります。


飛行機に搭乗する際に持ち込める荷物、預けることのできる手荷物にはそれぞれ限りがあります。


荷物制限について基本的なことをしっかりと理解し、ルールを守って荷造りをしたいですね。


飛行機に乗る女性




持ち込み手荷物について



大きさと重量、個数に注意が必要!



機内に持ち込むことのできる荷物の個数とサイズについてですが、
ショッピングバッグやハンドバッグといった手荷物品が1つと定められたサイズのカバンが1つまで、
そして両方の手荷物の合計の重さが10キロ以下となっています。


定められたサイズとは、3辺の和が115cm以内でW55cm・H40cm・D25cm以内となっています。


新たにスーツケースを購入して海外旅行へ行こうと考えている人は、このサイズにも注意をすると良いですね。




ペットボトルに入った飲み物はそのまま持ち込めない!



液体を持ち込み手荷物として機内に持ち込む際にはさらに注意が必要となります。


飲料や化粧品などの液体類はそれぞれを100ml以下の容器に小分けし、
さらにそれらを1リットル以下のジッパーのついた透明プラスチック袋に入れる必要があるのです。


コンビニで買ったペットボトルの飲み物は、そのまま機内に持ち込むことはできないので注意が必要です。





預け入れ手荷物について



ANAとJALでそれぞれ異なる!



預け入れ手荷物については無料で預け入れをしてもらうことのできる「無料預け入れ許容量」と、
追加料金を支払ったとしてもこれ以上の預け入れは不可能という「預け入れの上限」の2種類の上限があり、
航空会社によってこの上限はそれぞれ異なります。


日本の主要航空会社であるANAとJALについてそれぞれ紹介します。




ANAの場合



ANAの無料預け入れ許容量は、エコノミークラスで23キロまでの手荷物が1個まで、
ビジネスクラスが32キロまでの手荷物が2個、ファーストクラスでは32キロまでの手荷物が3個までとなっています。


大きさについては3辺の和が203cm以下となることが条件となっています。


預け入れの上限については1辺が120cmを超える場合や3辺の和が203cmを超える場合、
重量が32キロを超える場合は預け入れの上限となる場合となるので、事前に相談が必要となります。


ANAの場合は重量が45キロを超えるものや3辺の和が292cmを超える場合は
預かってもらうことができないので、十分に注意しましょう。




JALの場合



JALの無料預け入れ許容量は、エコノミークラスで23キロまでの手荷物が2個まで、
ファーストクラスとビジネスクラスで32キロまでの手荷物が3個まで、
大きさは3辺の和が203cm以下となることが条件となっています。


なお、預け入れの上限についてはANAと同等となっています。


海外旅行を満喫し、海外旅行先で楽しい思い出を作るためにも、持っていく荷物には十分に気を使いたいですね。

2014年11月19日

written

by ぜっきー


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop