現在17272個の困ったを解決できます!

2015月9月8日更新

思いっきり楽しむために知っておきたい!海外旅行先での体調管理テクニック10選

240 views

海外旅行先でよく体調を壊してしまいます、体調管理のテクニックを教えてください。(大学3年生・女性)

女性


今日の日本社会においてはグローバル化がますます進んでいる時代背景もあり、海外旅行は私たちの生活にとって身近なものとなっています。


近年では格安航空機の参入によってより安い料金で海外旅行へ行くことができるようになったため、金欠気味の学生であっても、少しアルバイトをしてお金を貯めるだけで海外旅行へ行ける時代となっているのです。


社会人になれば仕事に追われて、なかなかまとまった休みを取ることが難しくなります。


比較的自由時間の多い学生のうちに海外旅行を経験して、若いうちに人生経験を多く積んでおきたいですね。


海外旅行をする際は日本国内にいると時と比べて生活環境が大きく変化するため、体調を崩しやすくなってしまいます。


せっかくの海外旅行を体調不良で台無しにしないためにも、体調管理をする上でのポイントを10個紹介します。


飛行機



体調管理のポイント10選


1:時差ボケ対策


日本と旅行先との間位に大きな時差がある場合、時差ボケ対策は重要となります。


具体的には出発の数週間前から寝る時間や起きる時間を少しずつ早めたり遅くしたりして、体内時計を現地時間に近づけておくと良いでしょう。


2:飲料水について


必ず市販されているペットボトルのミネラルウォーターを飲むようにしましょう。


水道水は細菌に感染してしまうリスクがあるため、極力口にしないように注意が必要です。


3:日焼け対策


暖かい地域へ旅行する場合、日焼け対策・紫外線対策は必須となります。


通常の市街観光であっても強い日差しに晒されることが想定されますから、日焼け止めは極力持参するように心掛けましょう。


4:気温への注意


日本と海外では気候や気温が大きく異なることも少なくはありません。


旅行前には旅行地の気候や気温を事前によく確認しておき、気候の変化に対応できる衣類を用意して持っていきましょう。


5:食事への注意


旅行中はついつい食べ過ぎてしまったり、食事のバランスが崩れてしまいがちです。


バランスの良い食事を意識しましょう。


また、生野菜やカットフルーツなどには注意が必要です。


6:予防接種を受けましょう


東南アジアやアフリカ、南米などへ旅行に行く際は感染症のリスクがあるため、必ず旅行前に予防接種を受けましょう。


7:手洗いとうがいをしましょう


ホテルの自室の戻った際には日本にいるときと同様に石鹸で手を洗い、うがいをすることで病気にかかるリスクを抑えることができます。


8:しっかりと睡眠をとる


海外旅行の際には興奮してなかなか寝付けないということも考えられます。


体力を回復させるために睡眠は重要ですので、早めのベッドインを心掛けましょう。


9:エコノミークラス症候群


対策としてはできる限りリラックスした状態で飛行機に乗ることが挙げられます。疲れた状態で乗らないように気をつけましょう。


不安がある場合はゆったりと座れる座席を予約しておくのが無難です。


10:風邪対策


旅程を詰め込み過ぎずに余裕を持った旅行プランを組みましょう。


身体を冷やさないように、雨や風を防げるレインコートやウインドブレーカーを持っていくのがおすすめです。


また、日本で使用している常備薬を持っていきましょう。


海外旅行を安心・安全に楽しむためにも体調管理には十分に気をつけたいですね。

2015年9月8日

written

by ぜっきー


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop