現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月19日更新

海外就活で女性であることを120%活用する方法

144 views

小さい頃から海外で働くことが夢でした。
女性が海外で働くメリットはありますか?(大学3年生・女性)


 

global business image on white background

 

高所得者の80%前後の人たちが海外で働いてみたいという願望がある
という調査結果があるくらい海外勤務を考えている人は多いようです。

中でも、女性の海外勤務願望は男性より多く、
実際、海外就業率も女性の方が男性より高いようです。

 なぜ、海外で働く女性の方が多いのか



日本は海外の先進国と比べて女性の管理職への登用率が
かなり低いことは社会問題にもなっています。

男女雇用均等法が施行されて久しいのですが、
日本はまだまだ男性社会のようです。
女性は家事をして子供を育てるものという考えが
依然として根強いのかも知れません。

これに対して女性の結婚年齢は年々上昇し、
女性自体も結婚を最終就職とは考えなくなっています。

能力のある未婚女性ほど、日本のしがらみを離れて、
自分の能力を正当に評価してくれる海外に飛び出していく
比率が高くなっています。

実力が同じなら平等に評価してくれる海外で働きたいと考えるのは
日本で出来ない男の上司の下でジレンマを感じていた女性の
当然の選択なのかもしれません。

 結婚してないことが強み



結婚して子供が出来てしまえば、海外で働くことはかなりハードルが高くなります。
女性の場合、先ほど述べたように日本の会社自体も寿退社という言葉があるくらい
長期的には期待していないという雰囲気があります。
このこと自体が、会社に対するしがらみや、
恩義を考えずに思い切った決断をし易い土壌があるようです。

 女性の強みを生かす



女性は元来おしゃべりと言われていますが、
言い換えればコミュニケーション能力に優れていると言えます。
ある調査によると、使いこなす単語数は男性よりはるかに多く、
類似単語を10以上あげる事が出来るようです。
通訳や観光ガイドのほとんどが女性であることもうなづけます。

沈黙はかっこいいと思い、自分の要求や主張は抑えた方がいいと思っている男性は、
自己主張やはっきりものを言う事が当たり前の海外では働きづらいのかも知れません。

また、決断の速さや思い切りの良さは女性の方が勝っています。
決断力と言えば男らしさを感じる人が多いとは思いますが、
実は決断力は女性の方があるという研究者も多いのです。
会社を辞める決断にしても男性の場合は、上司や部下がどう思うとか、
はては関係のない友人のことまで考えて躊躇してしまいます。

女性は、そんなことまでは考えず自分の感性に忠実です。
恋愛を考えても、女性は別れた瞬間、
見切りをつけ新たな第一歩を踏み出すのに対し、
男性はほとんどが、未練を残しいつまでも迷い考え続けます。

決まっても迷っている男性よりキッパリと見切りをつける女性の方が
男らしいのかも知れません。

女性は、環境に合わせる能力が男性より秀でています。
海外へ行くという事は文字通り環境が変わるという事です。
言葉はもちろん、食べ物、習慣、住み方まですべてが変化します。
女性の方が割と変化には柔軟に適応できるようです。

先程、例に挙げた恋愛のように引きずる男性に対して、
女性は、切り替えが早く海外のストレスも「国の違いの面白さ」と感じられるようです。
日本では、日本ではと考えがちな男性は海外はストレスが溜まる場所なのかもしれません。

女性の強みを発揮して就活に生かしてください。

2014年11月19日

written

by tukasa


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop