現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月19日更新

忘れてない?内定後のOB訪問のお礼の仕方

735 views

OB訪問のお礼って、どんな風にしたらいいでしょうか?(大学4年生・男性)



 


部屋でパソコンを使う女性


 


就職氷河期と呼ばれる現代社会で内定が決まりホッと一息ついている学生は多いはずです。

しかし、内定が取れた後も就職準備や内定報告などやらなければならないことが多くあります。


ここでは、その中でもどうしていいか分からないという人が多いOB訪問のお礼の仕方に

ついて分かりやすくお話いたします。


就職の後押しをしてくれ、手助けをしていただいき、お世話になったお礼はどのようにすれば

いいのでしょう。


 



OB訪問へのお礼はメールで行いましょう!





 


件名に「OB訪問のお礼」と記し、以下の内容のメールを送りましょう。


1.忙しい中、時間を割いてもらったへのお礼。

2.印象的だった話、アドバイス

3.内定が取れたことを報告


そして署名欄にどこの誰かを明確に分かりやすく記載して送信しましょう。


 



1.時間を割いてもらったことへのお礼



「先日のOB訪問の際は、お忙しい中、お時間を割いていただ本当にありがとうございました。」


など、まずはOB訪問の際のお礼を相手に伝えましょう。メールのメインになる内容は

一番最初に持ってくると時間がない時でも内容が把握できて、相手の負担になりません。


 



2.印象的だった話。アドバイス



「OB訪問の際にお話ししてくださったことが面接で聞かれ、答えに詰まらずに助かりました。」


など、具体的にしていただいた話の内容をメールに入れると、「ちゃんと聞いていたんだな」と、

相手にいい印象を持ってもらえます。


 



3.内定報告



「おかげさまで、この度内定をいただくことができました。」

など、内定の報告は最後に行いましょう。


文章は短く、ながなかと今の心境を語ったりしないようにしましょう。

また、面接での様子なども記載する必要はありません。


 



メールは短く簡潔にしましょう!



内定がとれて舞い上がっている気持はわかりますが、OB訪問でお世話になった

相手の方はお礼通常通りの仕事をしている最中です。


お礼のメールは、必要の内容は最低限の文章で分かりやすく簡潔にしましょう。


言葉使いが丁寧なメールにすれば、十分感謝の気持ちは伝わるのです。


 



OB訪問の経験を仕事に活かしましょう!



 


せっかく時間を割いて頂いたことが無駄にならないようにOB訪問で聞いた話や、

見たものをそのまま仕事で活かしましょう。


生の声や生の現場に観たことは、公式サイトでしか社風を読んでいない人とは比べ

物にならないくらい現実的に社風を理解することが出来ます。


就職活動でのみ活かすのではなく、その後も自分の中で肥やしにして仕事を

していきましょう。






内定が決まると、ついつい忘れてしまいがちになるOB訪問のお礼。しかし、メールで

済むものですから、さっと送って自分の就職準備に取り掛かりましょう!


迅速な連絡・対応は社会人のマナーでもあるのです。社会人の第一歩だと思いましょう。


忘れずに、しっかりと行いましょう。また、周囲の方への内定報告も一緒に済ませて

しまいましょう!自分の就職の準備は、それからです。



2014年11月19日

written

by saori


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop