現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月24日更新

お弁当にも使える!おかずを冷凍する時のひと手間テクニック5つ

810 views

私は毎日お弁当を作って大学にいくのですが、おかずを冷凍する際の注意点って何かありますか?教えてください。(大学2年生・女性)


 

夕ご飯のおかず作り
ちょっと多くできてしまって、一度には食べきれない・・・そんなことはありませんか?

そんな時におススメなのが、ホームフリージング。
小分けにして冷凍庫にストックしておくと、お弁当のおかずとして使いまわせてとっても便利です!

お財布にも、体にも優しい嬉しい習慣になります。
“でも、おうちで冷凍したものって、美味しくないんじゃない?”と思いますか?

お弁当に入れても美味しくいただくためには、いくつかのコツがあります。
と言っても、難しいことではないのでぜひマスターして、マイ冷凍食品を作ってみましょう。

 

1:出来るだけ水分が少ない状態で冷凍する



水分が多いと、冷凍したときに霜のような状態になってしまいます。
解凍時に余計な水分となってしまうので、味がおちる原因に。

冷凍する時には、次のことを気をつけてみてください。

 

1.クッキングペーパーで余分な水分を取っておく。

2.平らな状態で保存する。

3.ラップでくるむ場合はピッタリと。

 

 

2:あら熱が取れたらすぐに冷凍庫へ



おかずが熱いうちに小分けにしてしまいましょう。そのままレンジにもかけられる、シリコン製のお弁当用のものがあると便利です。

  

出典:Amazon.co.jp

冷めたのを確認したら、すぐに冷凍庫へ。常温で放置しておくのは、
食材がいたむ原因になりますのでなるべく早く冷凍の状態にしたいものです。

冷蔵庫によっては、アルミニウムのトレーがついたスペースがあるかもしれません。
その場合は、冷凍時間を短縮する効果がありますので、そちらで冷凍してください。

 

3:冷凍した日をわかるようにしておく



冷凍で保存したからといって、ホームフリージングでは市販の冷凍食品同様の保存期間はありません。
特に調理した状態のおかずは、2週間を目安に使い切るように心がけましょう。

そのために、いつ保存したかをわかるようにしておくと安心です。
保存容器のふたのところに、マスキングテープで記入したりすれば、簡単に剥がすこともできます。

 

4:見つけやすいように保存する



せっかく小分けにして、冷凍して・・・という手間をかけても、
見つけられないまま長期間過ぎてしまった、ということが起こりがちです。
容器も小さく、ぺたんこだったりするので、見つけやすいように工夫しましょう。

ブックエンド型の仕切りを利用したり、大きめの容器を用意してそこに入れると決めるなど。
食材ごとに場所を決めると、お弁当を作るときは、
それぞれからひとつずつ選ぶという作業だけで終了!ということにもなります。

 

5.再冷凍はしない



いちど解凍したものは、再度冷凍しないよう気をつけましょう。
解凍したものは、雑菌が繁殖する危険があります。

 

番外編



ハンバーグを保存したいときは・・・



お弁当に適したメニュー数種類の保存・解凍方法がひとつづつ紹介された便利なサイトもあります。
このおかずを作ってストックしておきたい!
と逆のパターンで考えるときにはとても役立ちますね。

冷凍保存のコツ おかず編

 

いかがでしたか?
ほんとうに、ひと手間加えるだけ。
ちょっとしたコツさえつかんでしまえば、すぐに身につけられそうですね。

お弁当を作る時間も短縮できて、嬉しいことがいっぱいです。
今日から、おかずを一品、おうちフリージングしてみませんか?

 

 

2014年11月24日

written

by akiako


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop