現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月10日更新

やっぱり顔がすべて?科学的アプローチから見た「モテ顔」の定義

24989 views

モテ顔って一体どんな顔のことをさすのでしょうか?(大学1回生・女性)


モテ顔の女性
学校でも、合コンでも、なぜあの人ばかりモテるんだろう?みんな好みは人それぞれなはずなのに、
どうしていつも同じ人ばかりがモテるのか、不思議に思ったことありませんか?

確かにモテるあの人は魅力的な顔をしているような気も...。やっぱり顔がすべてなのでしょうか?
実は科学的アプローチから見た「モテ顔」の定義、やっぱりあったんです!

 

なぜ“顔”がモテるポイントになるのか?



なぜ顔がモテるポイントになるのでしょうか?
それは、私たちの最も大切な五感のひとつである、視覚の仕組みによります。

実は誰かに出会ったとき、あなたの視覚は一番始めに相手の顔に向くようにできています。
それは、顔は人間の体の中で唯一表現力のある部位であり、
顔からは年齢や性別、またその人が健康かどうかを知ることができるからです。

そしてその表情は、その人の感情も表しているからです。
顔は、これだけの多くの情報を一度に得られる場所なのですから、注目されて当然です。

 

目が大きいほどモテる?



実は、目が大きい程モテるという事実が科学的に証明されています。
目の大きさや、瞳(瞳孔)の大きさは、興味があるほど大きくなるようにできています。

そのため、目の大きな人を見ると、その人は自分に興味があると脳は考え、
好意を持つ仕組みになっています。

そして大きな目は生き生きとして見え、
若者の特徴である好奇心を表していることもモテる要素となります。
目が大きいことは「モテ顔」の大事な条件となるようです。

 

顔の左右が対象だとモテる?



人間の脳は、バランスがとれているものを美しいと感じるようにできています。
バランスのとれた顔は、優良遺伝子の持ち主だということを表しています。

実際の研究結果からは、顔の左右のバランスがとれている人ほど、
恋人が多く、早く結婚し、子どもがたくさんいるというデータがあります。

そして左右の顔が対象な人は、病気になりにくく、運動能力や生殖能力も高いというデータもあるのです。
そのため、人の脳は左右対称で、バランスのとれた相手を選ぼうとするようにできているようです。
以上のことから、「モテ顔」とは、バランスがよく、左右対称であることが条件となるのです。

 

顔にしわがなく、きれいな肌をしているとモテる?



顔は、そこから年齢も判断できるようにできています。
しわやたるんだ頬は年齢を重ねた証拠。肌のシミや黒ずみも同じです。

人の脳は、若く生き生きとした相手を選ぼうとするようにできています。
そのため、顔にしわやたるみがなく、肌に張りと美しさがある顔が、「モテ顔」となるのです。

 

女性の「モテ顔」の特徴とは?



顔と鼻が小さく、目と口が大きい人、そして顎が尖っている女性は、
女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が多いことが研究で分かっています。
女性ホルモンの分泌が多い、顔に上記の特徴がある人が「モテ顔」となっているようです。

そして、涙袋も「モテ顔」の要素のひとつとなっています。
涙袋のある女性は目が大きく見えるだけでなく、優しそうに見えます。

人類学や顔相でも、涙袋は「フェロモンタンク」と呼ばれ、女性ホルモンとの関連があるとの考えがあります。
涙袋のある「モテ顔」さんは、知らぬ間にセックスアピールをしているのです。

 

男性の「モテ顔」の特徴とは?



男性は、女性顔が40パーセントだとモテるという科学的な検証結果があります。
女性顔とは、顔と鼻が小さく、目と口が大きく、唇が厚い。そしてあごが尖っており、額が広い顔を言います。
逆に男性顔とは、顔の骨格がしっかりしており、鼻とあごが大きく、唇が薄い。そして彫りの深い顔を言います。

確かに男性顔の要素が揃いすぎている男性は、少し恐く見えるかもしれません。
女性顔が程よく混じった、優しそうな顔が男性の「モテ顔」となるようです。

 

いかがでしたか?「モテ顔」の条件、実際に科学的アプローチから見た定義があったんです。
顔はその人の第一印象を決める大きな要因となっていますが、
人間、視覚だけではもちろん恋は長続きしません。

メイクやマッサージなどでモテ顔に近づく努力をするのもよいですが、
その場ではモテても、実際に重要なのは中身です。

そして中身は自然と顔に表れるようにできていますので、
思いやりのある、優しい心を作る心のケアも合わせてやっていきましょう!

 

2014年11月10日

written

by komota


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop