現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月10日更新

就活に疲れた女子必見!憧れの職場恋愛シチュエーション6選

1185 views

職場恋愛って何がきっかけで発展するのでしょうか?(大学3回生・女性)


職場恋愛に発展した男女
楽しかった学生時代ももうじき終わり。そして今は就活に追われる毎日。
もし就職先が無事決まっても、社会人としてのお仕事生活は大変そう...

そんな、少し気が重くなってしまっているあなた、ちょっとここで良いお知らせ!
就職するということは、社会人男性との新たな出会いが待っているということでもあります。

職場には、素敵な職場恋愛が待っているかもしれないのです!
ではここで、そんな憧れの職場恋愛シチュエーション、6選紹介しちゃいます!

 

シチュエーション1.相談に乗ってもらい、良い先輩から恋愛に進展!



初めての職場では、とにかく分からないことが多く、慣れるまでは覚えることもたくさん。
そんな想像だけでため息が出そう...

でも、実はそれは、先輩に相談する機会もたくさんあるということ。
仕事のことについてや、職場の人間関係についてなど、
分からないことはどんどん職場の先輩に相談しましょう。

優しく相談に乗ってもらっているうちに、
恋愛関係に進展!なんて話も珍しくありません。

職場の先輩に何か教えてもらったら、それを素直に聞いて、
助かります!ときちんとお礼を言いましょう。

 

シチュエーション2.新人歓迎会や、職場の飲み会で...



職場の人たちとの新しい人間関係の始まりは、
自分のことを全く知らない人たちへ、新しく自分をアピールする絶好のチャンスでもあります。

学生時代に、ちょっとハメを外して周りの印象を悪くしちゃった女子も、
ここで新しい、礼儀正しくて気の利く女子に転身してみましょう!

そして、新人歓迎会や飲み会は、そんな自分をアピールする絶好のチャンス!

大皿のお料理を取り分けたり、お酒がなくなったことにすぐ気が付いて
すかさずお酌をしてくれるような、そんな気の利く女子社員は男性に高く評価されます。

そして素敵な男性社員の目に止まり、その後の職場恋愛に発展することもあります。

 

シチュエーション3.残業中に男性社員から励ましのお言葉!



新人の頃はどうしても仕事が終わらず、残業しなければならないこともあるかもしれません。
しかし、ベテラン社員でも残業している人たちはいますし、
頑張って残業している新入社員には、励ましの言葉がかかります。

終業時間を過ぎ、社員が少なくなった社内は、
男性にとっては女子社員に声をかけやすい場ともなります。

頑張ったご褒美に、美味しい物でも食べに行こう!
なんて雰囲気になり、職場恋愛に発展するかもしれません。

 

シチュエーション4.お昼休憩中の女子力アピールが、職場恋愛に発展!?



お昼ご飯は、ぜひ手作りのお弁当持参で女子力をアピールしてみましょう!
独身男性社員には、手作りのお弁当はたまらなく美味しそうに見えます。

おかずは少し多めに持って行って、物欲しそうに見ている男性社員がいたら、
「一人なのにたくさん作りすぎちゃったので、食べてもらえますか?」と、少しおすそ分けしちゃいましょう。

そして、コーヒータイムには、手作りお菓子をさり気なく差し入れするのも、好感度がアップします。
「じゃあお礼に明日のランチは○○で食べよう!」などと声がかかるかもしれません。

 

シチュエーション5.同期同士で、同じ不安や苦労を分かち合っているうちに...



職場には、先輩社員や上司だけでなく、一緒に入社になった同期もいます。
同じ環境で同じ悩みや苦労を抱えているという状況は、
お互いに親近感を生んで、親しくなりやすいコンディションとなっています。

一緒に新人時代を乗り越えるうちに、
同期同士で職場恋愛に発展する例も珍しくありません。

 

シチュエーション6.一緒に社内のイベントの企画を担当した男性社員と...



学生時代でも、文化祭やサークルのイベントなどで運営を一緒にした学生同士が、
いつの間にかカップルになっていた!なんてこと、ありますよね?

社内のイベントの企画の打ち合わせは、仕事時間以外になることが多く、
オフィスから離れた環境での共同作業は親密さを生みます。

「遅くなっちゃったから、夕ご飯食べながら考えようか?」
などと、食事を一緒にする機会につながり、そうしているうちに職場恋愛に進展したりもします。

 

いかがでしたか?就職、社会人としてのお仕事生活は、そんなに辛い事ばかりでもありません。
実際に、よい先輩や同期と出会い、良い人間関係や、職場恋愛を楽しんでいる人もたくさんいます。
新しい、多くの出会いを与えてくれる、入社というこの機会、ぜひエンジョイしてみてください!

 

2014年11月10日

written

by komota


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop