現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月11日更新

古着コーデを楽しもう!女子のための古着入門

21962 views

古着をオシャレに着こなしてる人って、上級者って感じで憧れます!私も古着にチャレンジしたいのですが…(大学1年生・女性)




皆さんの住む街や都市にも古着屋と呼ばれるお店、きっとありますよね?

現代のものとは違う存在感と味わいをかもし出す“ユーズド”アイテム。

その楽しさは十人十色、無限大です!

今まで馴染みのない方も古着大好きっ子も、

改めて古着のおもしろさを学びましょう!

古着の種類



一言で古着と言ってもいくつかのカテゴリに分類されます。

今から約30年前に出回っていたものを「ヴィンテージ」

工場で大量生産されたものではなく職人の手作業で作られたものを指します。

そしてさらに100年以上の時を経て今も残っているものを「アンティーク」

洋服はさすがに劣化を防げなかったりするので、

主にアクセサリーや時計などの装飾品を指すことが多いです。

これらは年月が経っているので希少性が高く、中にはプレミアがつく超高価なものも…

しかし一点物も多くそれが古着好きの心をくすぐるのです。

そして私たちも手にしやすく街中で見かけることも多いのが

総称して「ユーズド品」と呼ばれる割と近年の古着。

お手頃でお財布にも優しいので初心者さんも取り入れやすいのが魅力的!





スウェットパーカーや千鳥格子のパンツなど、

今年は特に古着に多い素材やデザインがトレンドですよね。

「何でタイミング良く?」とお思いの方もいるでしょうがこれには訳が。

ファッションの流行は巡るもので、今が旬のアイテムは一昔前にもブレイクしている時代があったんです。

これが醍醐味であり、そのアイテムを今年っぽくアレンジして着回すのが

古着オシャレをする楽しさと言えるでしょう!

古着の選び方



いくら安くてデザインに一目惚れしたとしても、気を付けなければならないポイントがあります。

 

①シミがないか

②ほつれがないか

③虫食い穴はないか

④サイズは合っているか

 

①から③は古着では度々見られるものでそこが新品とは大きく違う点。

購入前には自分の目でしっかりチェックしましょう。

ですがやはり昔のものですからそこはご愛嬌!(笑)

どうしても気にならなければ目をつぶることも必要です。

そして④は着こなしに合わせてあえてジャストではないサイズを選ぶのも時にはOK。

ボーイズライクにダボっとしたデニムを履いたり、今はショート丈のトップスも大人気。

ただしあまりにも不格好なサイジングはやっぱりオシャレには見えません!

トータルバランスを考えたサイズ選びが大切です。

古着のファッション雑誌



ファッション誌にも特集されることが多い古着を使ったコーディネート。

可愛い読者モデルや古着屋スタッフのリアルな着こなしは必見です。

Zipper(ジッパー)



Zipper (ジッパー) 2014年 02月号 [雑誌]

オシャレテクニックが盛り沢山で読み応えたっぷり。

私もその(遥か)昔愛読していました!

言わずと知れたきゃりーぱみゅぱみゅちゃんもこの雑誌からメディアの世界へ。

mer(メル)



mer (メル) 2014年 02月号 [雑誌]

ファッションだけでなく、メイクや料理など幅広いジャンルの情報が満載。

ナチュかわな古着コーディネートのお手本に。

vintage mix(ヴィンテージミックス)



vintage mix渋谷・原宿・代官山古着案内―自分だけのミックススタイルを実現するおしゃれショッ (Grafis Mook)

東京のオシャレな古着屋ガイドブック。

ショップスタッフのコーディネートは参考になりますよ。

この本片手に古着屋巡りもいいかも!

 

今も昔も素敵なものは変わらない。

世界のどこかの誰かが大切にしていたものが現代にまで受け継がれているなんて素敵なことです!

次回は古着を取り入れた街中コーディネートをご紹介します。

お楽しみに!
=================


ライター:IZUMI YANAGIHARA(パーソナルスタイリスト)


文化服装学院スタイリスト科卒業。
レディースの洋服から小物まで、インポートブランド一筋で接客業に携わる。
長い販売経験を経てファッションに悩む人達に


もっとパーソナルなスタイリングを提案をしたいと発起、


for*styleファッションビジネススクールにて


パーソナルスタイリスト久野梨沙に師事後、独立。


20代から60代まで幅広い年齢層の顧客を持つ“人好きのファッション好き”。
毎日が楽しくなる、オシャレに目覚める人が増えればと日々奮闘中。

2014年6月11日

written

by forstyle


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop