現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

起業を考えている学生なら必読の本6選

2627 views



まだぼんやりとですが、将来は起業したいと考えています。今、読んでおくべき本があれば教えて下さい。(大学1年生・男性)









起業してみたいなら本を読もう!



「将来は、自分で起業してみたい!」そんな夢を持っている人も多いのではないでしょうか。
起業を夢見て、自分の興味のある職種や得意なことを活かした仕事を探して


就職活動をしている人もいると思います。


そんな人にオススメしたい本を6冊選んでみたので紹介します。


将来、起業したいと思っている人は本を読んで起業家が実践したことや失敗談、何をすればいいのか?を勉強してみるといいかもしれません!




1.こんな僕でも社長になれた 家入一真



新装版 こんな僕でも社長になれた
新装版 こんな僕でも社長になれた



 

学生時代は、いじめられていて引きこもり、しかも就職した会社をすぐにやめてしまった……
そんな、仕事がバリバリできる人が独立したのとは正反対の家入一真氏の著作です。

就職活動に失敗して悲観してしまい、


自殺してしまう学生がいるとニュースにもなりますが、


家入氏は「死ぬなら、逃げろ」というアドバイスを送っています。


新しい生き方、新しい働き方を知りたいという人にオススメの一冊です。




2.ゼロ 堀江貴文



ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
ゼロ―なにもない自分に小さなイチを足していく

 

逮捕歴がある社長といえば、知らない人はいない堀江貴文氏の一冊。


『ゼロ』というタイトルには、


「失敗してもマイナスにならない」というメッセージが込められています。
失敗するのが怖くて前向きに動けないという人は必読です!




3.冒険に出よう 安藤美冬



冒険に出よう (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)
冒険に出よう (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)

 

ノマドワーカーとして一躍有名になった安藤美冬氏の処女作。


就職氷河期、不景気と呼ばれるなかでも「自分らしく生きたい」


「自分らしく働きたい」と思っている人は目を通しておくのがオススメです。


「こういう生き方もある」という参考にするといいかもしれません。




4.渋谷で働く社長の告白 藤田晋



渋谷ではたらく社長の告白
渋谷ではたらく社長の告白

 

アメブロなどのAmeba関連のサービスを展開するIT会社


サイバーエージェントの代表である藤田晋氏の著作。


起業までの道のりはもちろん、株価急落時の苦悩などを赤裸々に告白しているので、


IT系の会社を作りたいという人以外にも、起業の苦労話なども知りたいという人は


読んでみると参考になることがたくさんあるでしょう。




5.自分の中に毒を持て 岡本太郎



自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)
自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)

 

太陽の塔などで有名な芸術家の岡本太郎氏が亡くなる3年前に書き残した一冊。
起業家ではありませんが、岡本太郎氏の言葉は強く心に響くものがりあります。


若くして起業したいという人は、社会と大きくぶつかることがあるでしょうが、


「集団に馴染むために個性を殺すな」という強いメッセージは勇気づけられます。




6.連戦連敗 安藤忠雄



連戦連敗
連戦連敗

 

有名な建築家の安藤忠雄氏でさえも、コンペには連戦連敗の連続だったといいます。


ですが、強い信念を持って努力をし続ければ、


必ず成功するというメッセージが込められた一冊です。


建築関係でない学生でも、安藤忠雄氏の語り口調の文体が分かりやすく、


注釈もたくさんあるので読みやすい一冊です。
勇気がもらえるので、気分が落ち込んでいる時に読んでもいいかもしれません!





本を読んだあとは行動を!



起業したいという人にオススメの本を紹介しました。
これらの本を読んで勉強するのもいいでしょうが、


大事なのは読んだあとに行動に移すことです。
勉強するのは大切ですが、それだけで終わると意味がないので


自分なりに今日からできることを1つずつ動いて夢を叶える準備をしていきましょう!

2014年6月12日

written

by ユースケ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop