現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

面接前にチェックしておきたい3つのこと

681 views

就活面接が不安でいっぱいです。面接の前に確認しておくべきことってなんでしょうか。(大学3年生・男性)


面接前は絶対にチェックしておきたいポイント





就職活動まっただ中という方も多いのではないでしょうか?
エントリーシートが通れば、次に待っているのは面接です。
「何度やっても面接は慣れない」という人も多く、「面接で失敗してしまった」という体験談は毎年の様に聞きます。

ちょっとした失敗を減らすためにも、面接の前にぜひチェックして欲しい3つのポイントがあるので紹介します。
3つのポイントをチェックして、面接を成功させてください!

1.志望動機や自己PRを再確認!



エントリーシートに書いた志望動機や自己PRの内容とは全く違うことを面接で話してしまうと面接官の印象はあまりよくないでしょう。
エントリーシートか、あなたの発言のどちらかが嘘と思われてもしかたありません。
そこで、エントリーシートは企業に送る前には、必ずコピーを取っておいて、面接の前に志望動機や自己PRを再度確認するようにしましょう。
志望動機などは、ほとんどと言っていいくらい面接で聞かれるので、再確認すると緊張も適度にほぐれます。

面接前には、志望動機や自己PRを必ず再確認するようにしましょう。
ただし、志望動機や自己PRを完璧に暗記してしまうよりも、さわりだけ頭に入れておく程度にしたほうがいいかもしれません。
面接の時に志望動機や自己PRはスラスラと喋れるのに質疑応答になったら、おどおどして答えていると面接官に良い印象を与えることができないかもしれません。

2.服装や髪型はOK?



基本中の基本ですが、服装や髪型もきちんと確認して整えておくようにしましょう。
家を出る前は、スーツもピシッと着て、髪もちゃんと整えていたとしても、会場に到着する前に乱れてしまったりすることはよくあります。
会場になっている会社に行く前に、近くのコンビニなどのトイレにいって、もう一度服装や髪型を整えるようにしましょう。

スーツはちゃんと着れているか、ネクタイが曲がっていないか、髪留めなどが曲がって髪型は乱れていないかなどを確認しましょう。
また、タバコの面接官によってはタバコのニオイが気になってしまうという人もいます。喫煙者の中で緊張をほぐすために一服したいという人もいると思いますが、面接前には我慢しておいたほうがいいでしょう。

3.よく聞かれる質問の答えは、あらかじめ用意!



よく聞かれるような質問は、あらかじめ用意しておけばスムーズに受け答えができるようになります。
「学生時代に打ち込んだこと」「あなたの長所や短所」などはよく聞かれる質問の代表です。
あらかじめ、答えられるように用意しておくといいでしょう。
ただし、これもさわりを頭に入れておく程度にして、当日に自分の言葉で話すようにしましょう。台本に書かれた答えを音読するような返答では、あなたの魅力も伝わりづらいかもしれません。

よく聞かれる質問の答えを書いたメモやノートを面接前に読み返すと気持ちも落ち着けます。

面接前は緊張するけど、チェックも大事!



就活の面接は、誰でもかなり緊張しますし、何度やっても慣れないものです。
何度やっても慣れないという人もたくさんいます。ですが、3つのポイントをチェックすれば、少しは緊張をほぐすことができるので実践してみてください!
チェック項目があるだけでも、少し気持ちを落ち着けることができるので試してみてください。

2014年6月12日

written

by ユースケ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop