現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

勉強の効率アップ!色の力を活用した部屋の作り方

4323 views

家だと、勉強に集中できません。どうすれば改善できるでしょうか。(大学2年生・男性)




 

色を上手く使えば勉強の効率があがる



勉強していてもうまく集中できなかったり、効率があがらないということがあるのではないでしょうか。
なかなか勉強の成果があがらない場合は、勉強のやり方を変えるかもしれませんが、もしかすると勉強をするときに「色」にフォーカスを当てて考えてみるといいかもしれません。

人間は、目に入ってくる色に精神や行動が大きく左右されると言われています。
そこで、勉強を効率的にこなすために色をうまく利用して、勉強の成果を上げる方法を5つ紹介します!

1.赤色のノートをつかって、やる気を高める!



勉強をする前に、「どうしてもやる気が出ない……」という人は、赤色のノートや教科書に赤色のカバーをつけてみましょう。

赤色は、興奮作用があるのでやる気がアップします!

「ノートや教科書に赤のカバーをつけるのがオススメ」というのは、普段から持ち歩いている文房具類の中で最も面積が大きいものが赤色だからです。
まずは赤色のノートを買ったり、赤色のカバーを教科書につけてやる気アップをはかってみましょう!

2.青い色のペンで集中力アップ!



青色には、心が落ち着く作用があるので集中したい時は青色を見るようにしましょう。
オススメなのは、勉強をするときに青色のボールペンや万年筆を使うことです。

ボールペンや万年筆なら、書き直すことができないのでより集中して勉強をすることができますし、インクがなくなっていくと「これだけ勉強した!」という達成感と充実感を味わうことができ、自信がつきます。

集中して勉強したいときは青色のペンを使うといいでしょう。

3.寒色系の照明は時間が経つのが速く感じる



照明を暖色系のものから、寒色系のものに変更すると時間がたつのが速く感じます。
どうしても、暖色の淡い光は心身共にリラックスしてしまって、時間がゆっくり流れているように感じてしまいます。

なので、勉強をする部屋、もしくはデスク上のスタンドライトは寒色系の蛍光灯やLEDライトを使うようにして、時間の経過を速く感じられるようにすると、勉強も効率的にこなせる上、充実感を得られます!

4.壁紙や机をベージュにして緊張感を緩和



壁や床の色が濃い色の場合は、ベージュなどの眼に優しい色に変更しましょう。
面積が広い部分をベージュなどの眼に優しい色にすると、緊張感を緩和する事ができます。
勉強する時も適度にリラックスしたほうが成果がでやすいものです。

壁紙を変えたり、ベージュのラグを敷くなどして目に優しい部屋作りを心がけてリラックスした状態で勉強をするようにしましょう!

5.植物などのグリーンを置いてリラックス!



机の上に植物などのグリーンがあると、かなりリラックスすることができます。
インテリアショップなどで、オシャレなグリーンは比較的お手頃な値段で購入することができます。
手入れが面倒な人はサボテンでもいいでしょう。

ふと眼にはいる位置にグリーンを置いておくと、リラックスして勉強に取り組むことができるでしょう。

色をうまく活用して勉強の効率アップ!



色をうまく利用すれば、勉強の効率を上げることができます。
いままで、勉強の成果がなかなか発揮できていなかった人は、試してみるといいのではないでしょうか。

2014年6月12日

written

by ユースケ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop