現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

バイト代じゃ足りない!ネットでお小遣いを稼ぐ3つの方法

2702 views

バイトはしているのですが、サークルの合宿代や飲み会代に消えてしまって自分で使えるお金が足りません。バイト以外にお金を稼ぐ方法はありますか。(大学1年生・男性)



ネットでもお小遣いが稼げる!



仕送りやバイトなどでは、どうしてもお金が足りない!という人も多いのではないでしょうか。
学生時代は飲みに誘われたり、旅行に行ったりなどお金を使う機会が増えてしまいます。

「普段のバイト以外でもお金を稼ぎたい」という人は

ネットを利用してお金を稼いでみてはいかがでしょうか。

専門的な知識がないひとでもある程度なら、ネットでお金を稼げるようになります!

ネットでお小遣い稼ぎをする方法を3つ紹介するので参考にしてみてください。

1.ブログやWebサイトを立ち上げて広告収入を得る



ブログやWebサイトを立ち上げて、GoogleやAmazonなどのアフィリエイト広告を

サイト上に貼り付ければ、広告収入を得ることができます。
ブログやWebサイトの収益だけで生活をしている人もいるくらい、

誰にでもチャンスがある稼ぎ方の1つです。
最近では、YouTubeに動画を投稿して生活費を稼いでいるYouTuberという人達もいるくらいです。

ブログやWebサイト、YouTubeなど手軽に始められる一方、

本格的に稼ぐには少し時間がかかるかもしれません。
また、ブログなどでも普通の日記を書いていると誰も読む人はいません。

ブログやWebサイトを訪れる人の多くが「情報」を欲している人達です。
自分から発信できるレベルの情報を持っていない場合は、

ログやWebサイトで稼ぐことは難しいかもしれません。

最初から「ブログやWebサイトで稼ぎたい!」と思っている人は、

自分自身が強いキャラクターを持っているかつ、

商品紹介などを毎日のようにしていけば人気が出て稼げるようになるかもしれません。

2.Webライターになる



Web系のメディアなどのライターになれば、1記事あたりの原稿料を貰うことができます。
メディアによっては、月のノルマなどもなく

スキマ時間などに少しずつ進めたりすることができる仕事もあります。
ただし、1記事あたりの単価が安い場合もあり、

その場合だとバイトに1時間でも多く入った方が

結果的に稼げるという場合もあるので

Webライターとして仕事をするときは、気をつけた方がいいでしょう。

3.クラウドソーシングで仕事を見つける



ライターの仕事以外でも、

ネットではデザイナーやプログラマーなどを募集しているクラウドソーシングというものがあります。
プロ向けの仕事から初心者歓迎の仕事まで、

数多くの仕事をクラウドソーシング上で募集していることがあります。

もし、専門的な技術や知識があるという場合は、利用してみるといいかもしれません。
ですが、クラウドソーシングで単価が高い仕事はプロ向けの物が多く、難易度が高い物がほとんどです。
もしくは、コンペ形式になっていて必ずしもお金が貰えるとは限りません。

バイトとは違って、納期が厳しかったり

依頼主の期待しているクオリティの仕事できていないとやり直しになったりもするので、

気軽に始めるのは避けた方がいいかもしれません。

ネットで稼ぐのは難しい!



ネットで稼ごうと思ったら、誰でも手軽に始めることができる物が多いので

競争率が高く、最初はなかなか稼げないかもしれません。
ですが、地道にコツコツとやっていけば必ず結果を出すことができます。

地道にコツコツよりも、「今すぐお金が必要!」という人は、

時給のいいバイトを探した方が無難かもしれません。

よっぽど自分の腕に自信がある場合などは、

ネットで稼ぐことを考えてみた方がいいかもしれません。

2014年6月12日

written

by ユースケ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop