現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

就活面接で「絶対にしてはいけない」5つのNG行動

8753 views



就活が本格化し、私も面接を控えているのですが、初めての面接は非常に不安です。なにかアドバイスをお願いします。(大学3年生・女性)








 

就職活動で避けては通れない面接。


企業によっては何度も面接をすることになります。
いくらエントリーシートや履歴書のできやSPIの成績がよかったとしても、


面接でいい結果を出さないと内定をもらうことはできません。



 

今回は、基本中の基本ですが、面接をするときに絶対にやってはいけない5つのことをご紹介します。
もし、当てはまってしまうことが1つでもあるなら、今すぐに改善しましょう!




1.態度や言葉使いが悪い



態度や言葉使いが悪いのは、面接どころか社会人としても失格です。
面接官が、態度や言葉使いが悪い学生を採用することはありません。


面接をする前に、普段の態度や言葉使いを改めるようにしたほうがいいでしょう。




2.嘘をつく



自分をよく見せようと、立ち上げてもいないサークルの話をしたり、


参加したこともないボランティアの話しをしても意味がありません。


一度ついた嘘は、次の嘘を生んでしまいます。
また、意外と嘘はすぐに見破られてしまうことが多いものです。



 

「サークルを立ち上げた」「ボランティアに参加した」などの話は、


一見すると「かなりできる学生」に見えてしまいますが、


大事なのは「立ち上げた」や「参加した」ではなく、


そういったサークルやボランティアで「何をしたのか」です。


見栄を張って嘘をつくよりも、


実際に自分が体験して勉強になった話をするようにしたほうが


あなたの魅力的な部分を面接官にアピールすることができます。




3.質問の答えになっていない



面接官が質問をしているのに、質問の答えになっておらず


自分があらかじめ用意しておいたことに話をすり替える人も多くいます。


もしくは、質問の答えをダラダラと長く話してしまうような人も


面接で落とされてしまう人です。
面接官が質問した内容や意味をしっかりとくみ取って、


きちんと答えるようにしましょう。


想像していなかったような質問が来たとしても


冷静に対処するように心がけて下さいね。




4.過剰にアピールしない



過剰に自分のことをアピールしすぎるのも


場合によっては不利になってしまうかもしれません。
企業によっては、大きく自分をアピールする前向きな人材を


しているかもしれませんが、過剰に自分のことを盛りすぎるのはよくありません。


学生時代に経験したような話は、社会に出るとそれほど大きな経験ではない場合があります。
そのような経験話を過剰にアピールするよりも、


「その経験から自分はこういう考えをもった」など


経験から得たことを話すようにした方が、面接官の印象もよくなるはずです。




5.最後に質問をしない



面接の最後に面接官から「何か質問はありますか」と聞かれることがあると思います。
その時に「特にありません」というのは非常にもったいないことです。
「この学生はウチのことは興味ないのだろうか」という印象を与えてしまう原因になります。


些細なことでもいいので、なるべく最後に質問をするようにしましょう。
ただし、入社案内に書かれていることや


会社説明会で聞いた話と重複した質問にならないように気をつけましょう。





面接は誠実で正直な人が通る!?



面接で通る人は、誠実であり、自分に正直な人です。
「なかなか面接が通らない」という人は、


自分が面接でしている話をもう一度振り返ってみてはいかがでしょうか?

2014年6月12日

written

by ユースケ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop