現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

集中して勉強できる時間管理術!ポモドーロテクニック

9531 views



 勉強していてもすぐに集中力が切れてしまいます。そんな自分を変えたいです。(大学2年生・男性)






N811_oyatunojikanwosasutokei500




集中して勉強ができるマル秘テクニック



毎日決まった時間に机について勉強をしている人でも、集中力を切らさずに勉強を続けるのは難しいものです。
試験前にあわてて机に向かうような人なら、尚更集中できないのではないでしょうか。


ですが、ポモドーロテクニックという時間管理術を使えば、集中力を切らさずに勉強することができるのです。




25分勉強して、5分休憩がポイント



ポモドーロテクニックとは、1992年にFrancesco Cirillo氏が発案した時間管理術で、


彼はこれにより勉強の効率を上げることができたと言います。


やり方は非常に簡単で、「25分勉強して5分休憩」を1ポモドーロとします。
4ポモドーロ勉強したら、次のポモドーロに入るまえに15分の長めの休憩を取ります。
これをひたすら繰り返すのが、ポモドーロテクニックです。



 

ポモドーロテクニックは適度に休憩を挟むので、集中力を切らさずに勉強することができます。


また、25分で終わるようにうまく勉強のスケジュールを決めることがコツです。
例えば、1ポモドーロで「今日の授業を振り返る」というように設定したとします。


そうすると、「25分以内に終わらせないと!」と少し緊張するので、


かなり高い集中力を発揮して勉強に打ち込むことができます。



 

もし、勉強の内容が25分もかからずに終わってしまうなら、


他にも短い時間でできるものを1ポモドーロの中でやるようにしましょう。


このように1ポモドーロの中で何ができるかを自分で理解しておけば、


勉強のスケジュールも立てやすくなります。




ポモドーロテクニックをする時はタイマーを使おう!



ポモドーロテクニックを使って勉強をするときは、必ずタイマーを使うようにしましょう。
キッチンタイマーでも、スマホのタイマーでも何でもいいので、


必ず25分タイマーをかけてから行うようにします。


常にタイマーのカウントダウンを意識して、


「あと○分だ!」と自分に言い聞かせながら集中して勉強をする事が大切です。 


25分や5分の休憩、15分の休憩など


複数のタイマーをセットできるタイマーがあれば便利ですし、


スマホアプリの中にはポモドーロ専用のタイマーアプリもあるので


使ってみるといいかもしれません!



 

余談ですが、なぜこのテクニックが「ポモドーロ」という名前がついているのかというと、


発案者のFrancesco Cirillo氏が使っていたタイマーが


たまたまトマトの形をしたものだったからという単純な理由だそうです。
しかも、このタイマーはセットしてスタートすると「カチカチ」と音がなるタイプだったようで、


より緊張感を高め集中する事ができたようです。





集中して密度の高い勉強をしよう



ダラダラと長時間勉強するよりも、高い集中力で短時間の勉強の方が成果がでやすいものです。
その点ポモドーロなら、集中力を切らすことなく勉強をする事ができるのでオススメ!


最初は4ポモドーロをこなすだけでも、かなりの疲労感があると思います。
それだけ、ポモドーロテクニックを使えば、集中して勉強することができるというわけです。
また、ポモドーロテクニックは勉強以外にも仕事に活用することができますので


大学生のうちに身につけておき、社会人になってからも実践してみるといいかもしれません!


タイマーさえあれば、いつでもどこでもできるこのテクニック。


今日から実践してみてはいかがでしょうか?

2014年6月12日

written

by ユースケ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop