現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

面接前に実践したい!緊張を解きほぐす5つのリラックス方法

4434 views



就活の面接、何回経験しても緊張してしまいます。。リラックスして挑むにはどうすればいいでしょうか。(大学3年生・女性)







Ajnagraphy'




リラックスして面接するために!



就職活動の時に、最も緊張するのが面接なのではないでしょうか。
集団面接、役員面接、社長面接とステップを踏んでいくごとに緊張感は増していきます。
緊張しすぎて、頭が真っ白になり何を言ったのか全く覚えていないということもあります。
本来の実力を出し切れず、悔しい思いをした人も多いでしょう。


そんな、緊張する面接をなるべくリラックスして、実力を発揮するために実践して欲しいリラックス方法が5つあるので紹介します。




1.時間には余裕を持って行動する



面接時間ギリギリに行ったのでは、落ち着く暇もなく極限まで緊張した状態で面接しないといけないことになります。
時間には余裕を持って行動するようにしましょう。


事前に会場までの行き方や電車の時間や乗り換えなどを調べておき、当日はなるべく早起きするようにしたほうがいいでしょう。


もし、会場に早くつきすぎたなら、近くのコンビニやお店に入って少し時間を潰したり、トイレをすませておけば多少は気持ちを落ち着けることができます。


時間には余裕をもって行動するようにして、なるべくリラックスした状態で面接ができるようにしておきましょう。




2.移動中は好きな音楽を聴いて気持ちを落ち着ける



移動中から緊張していては、会場ではもっと緊張してしまいます。
そこで、移動中の電車の中では自分が好きな音楽を聴いて、気持ちを落ち着けるようにしましょう!


好きな曲を聴いていれば、気持ちも明るくなりリラックスすることができます。
ただし、会社の近くでイヤホンをしたまま歩いている姿を会社の社員が目撃したら、あまり良い印象を与えることができないので注意しましょう。




3.深呼吸をする



リラックスする時の基本中の基本ですが、深呼吸は必ずするようにしましょう。
深く息をすって、深く吐くのを繰り返すと脳が酸欠状態になるのでかなりリラックスすることができます。


「緊張している」「ドキドキしている」と感じたら、深呼吸をするようにしましょう。
目を閉じて視界を暗くするとリラックス効果が増すのでオススメです。




4.手足に力を入れてから、少しずつ力を抜く



深呼吸とセットでやると効果的なのが、手足に力を入れてから少しずつ力を抜くというのを数回繰り返すことです。


手足に力を入れるとカラダが緊張状態になります。そこから、少しずつ力を抜いていくと、緊張状態がゆるんでいきます。


深呼吸と一緒にすると、かなりのリラックス効果が期待できます。




5.控え室では水を1杯飲む



控え室では、水を1杯飲むようにしましょう。
緊張していては、口の中が乾燥してしまって、うまく話すことができないくなってしまいます。
ゆっくり水を飲むことで、少しは気持ちを落ち着けることもできます。


控え室での飲食が禁止されている場合は、面接前に喫茶店などに入って飲み物をゆっくりと飲んでリラックスしておくようにしましょう。
ただし、喫茶店やカフェなどで喫煙可の所へ行くときは、スーツや髪にタバコのニオイが付かないように気をつけましょう。





落ち着いていつもの自分を面接で伝えよう!



緊張しすぎて、本来のあなたの実力を発揮できずに面接に落ちてしまうのは、非常にもったいないことです。
気持ちを落ち着けて、実力を最大限に発揮してくださいね。

2014年6月12日

written

by ユースケ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop