現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月14日更新

寝ても覚めてもあったかい♡着る毛布の3つの魅力

1935 views

着る毛布ってなんですか?(大学2年生・7男性)


寒くなると朝、暖かい布団
から出るのが嫌になりますよね。

出来れば、部屋の中でも布団を巻いていたい、少しの寒さも耐えられない、
と言うくらい、寒さに弱い方もいるのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが「着る毛布」です
数年前からニトリやイオンなどの大型スーパーやネットでも販売されています。

 

寝具売り場で売っているのを見た事のある方や、
知っている方も多いのではないでしょうか。

電気代が値上がりしている今、「着る毛布」は節電対策としても人気のある商品です。
寝ていても起きていても使える「着る毛布」の魅力を3つご紹介します。

 

1、着る毛布は手軽に使える



着る毛布

画像出典:Amazon

 

着る毛布は面倒な使い方がいらず、名前の通り「着る」だけです。

発売当初は裏表の違いがなく、すっぽりかぶるようなタイプがありましたが、
今はバスローブのように帯があってそれを結んだり、ボタンが付いているものもあります。

ポケットが付いていたり、足つきの物まで出ていて、
自分の好みやライフスタイルに合わせて選ぶ事が出来ます。

大人用と子供用もありますが、ゆったりとした物なので、
男女兼用で使えるフリーサイズの商品も多くあって便利です。

家族で共有して欲しくなれば買い足すと言う方法もあります。

人が着て動くものなので、普通の毛布と違って軽いです。

ほとんどがフリースやマイクロファイバーで出来ているので、
ふわふわした感触になり 肌触りが柔らかく気持ちよいです。

もちろん、使っていればへたってしまう事もありますが、
洗濯機で丸洗いできる丈夫なものがほとんどです。

収納ケースが付いている物は、クッションとして使う事も出来ます。

 

2、着る毛布は節電対策に使える



エアコンやこたつ、電気毛布など様々な暖房器具がありますが、
電気代が値上がりした今、電気代もばかになりません。

出来れば暖房費を抑えたいですよね。 そんな時にも着る毛布が活躍します。

着る毛布は電気をつなぎませんので、 電気代が全くかからずエコです。

電気でショートするなどの危険もないので、
お年寄りから子供まで 安心して使う事が出来ます。

電気代がかからないので、ずっと使っていても時間も気になりません。

電気を使った暖房器具は、空気が乾燥して肌も水分不足に なってしまうことがありますが、
着る毛布ならそのようなこともありませんね。

 

3、着る毛布は寝ても覚めても使える



着る毛布

画像出典:Amazon

 

着る毛布を着たまま寝る人も多いです。 ぬくぬくと暖かいので、
着ているだけで気持ちよくてうっかりソファで寝てしまった、 という事もあるようです。

それ以外にも着たまま布団に入って就寝する方も多いようです。

ぽかぽかした暖かさのまま布団に入ると、そのぬくもりでスムーズに 就寝しやすいですね。

ショート丈とロング丈が売られているので「身軽に動きたい」
「よく寝返りをするので寝る時に邪魔になりそう」と思うのならショート丈を。

「足までしっかり暖かい方が良い」と言う方は、
足まですっぽり包んで暖かいロング丈を選ぶと良いですね。

 

いかがでしょうか。 着る毛布の魅力は手軽さと電気代がかからない、
ということが 大きいのではないでしょうか。

節電とエコが言われている現代の、強い味方になりそうですね。

2014年11月14日

written

by atu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop