現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月10日更新

【2014年秋冬】トレンドを楽しむヘアバンドのアレンジ術6選

3287 views

トレンドを取り入れたヘアバンドのアレンジ方法を教えてください。(大学2年生・女性)


こんにちは、mimosaです。
ニットキャップはすっかり日常使いに定着したけど、
ヘアバンドってまだちょっと難しい・・・と思っている人も多いはず。

アレンジ術と合わせて全身ののファッションをバランスよくまとめる方法を、
おしゃれなヘアバンドモデルさん6人から学んでゆきましょう!

 

1.おでこを出す派なら太めのニットケーブルやリブを。



5504224B_16_D_500

太めの幅のケーブルニットがとても暖かそうで可愛いこのヘアバンド。

付け方のコツは、耳にかぶるように深めにしっかし髪の生え際をすべて覆ってしまうこと。
このモデルさんの場合、トップからまとめ髪をのぞかせているのが大人っぽくて似合っていますね。

 

2.前髪は必須!派は、サイドの髪もおろして



5204836_b_23_500

チェックONチェックを上手にまとめたこのスタイリング。季節感があっていいですね!

厚め前髪をあげたくない人は、前髪の生え際くらいまで見せる高めの位置にヘアバンドをONして、
サイドに少し長めの髪をおろしておくと、小顔に見える効果もあります。

 

3.ボーイッシュなファッションにはまる柄ヘアバンド



5484483B_20_D_500

ウィンドウペンは流行りすぎていて洋服で取り入れるのは来年も使えるか心配・・・
そんな流行柄はヘアバンドで取り入れるのが正解!
さらっとしたボーイッシュなスタイルが似合う女子には、
こんな全身のポイントになる旬柄のヘアバンドが便利です。

 

4.チェーンはティアラやカチューシャみたいに可憐に



3976913_B_20_500
ガーリースタイルの似合う、女の子らしいロングスタイルのヘアにはこんな細いチェーンのヘアバンドがぜひおすすめ。
これは絶対にモテますね!
リボンやチャームが付いているなら写真のように耳上に見えるか見えないかの位置に低く見せましょう。
大切なのは、ピアスやネックレスをせずアクセをヘアバンドに絞ること。

重ね着けしてしまうとじゃらじゃらし過ぎてうるさくなってしまうのであっさりまとめましょう。

 

5.真冬におすすめのクールなファーヘアバンド



5682921_B_18_500

ファーアイテムは首周りに使うのが定番だけど、ヘアバンドに使うととても新鮮!

ニットキャップにしてしまうとまるで北極になってしまうのですが、ヘアバンドにボリュームがあるととてもすっきりまとまります。

ポイントはこちらもヘアバンドのインパクトが強いので、アクセサリーは抑え目に。
トップスもシンプルなタートルでヘアバンドの印象を引き立てて。

 

6.どんなヘアやファッションにも合う、シンプルはバンド



5725270B_18_D_500

幅は太すぎず細すぎずギャザーも寄っているので前髪があってもなくてもはまりやすいのがこんなヘアバンド。

おしゃれなポイントはふんわりした生地感。
ぺらぺらしていなくてボリュームのある生地のほうがどんなヘアスタイルにも似合います。

このくらい控えめなら、ピアスで可愛らしさを足してもやりすぎにならないので初心者にもおすすめです。

いかがでしたか?
アウターが重くなりがちなこの季節、ヘアバンドで上半身をコンパクトにまとめて、旬なおしゃれバランスを楽しみましょう!

 

画像出典:すべて http://zozo.jp/

mimosa

2014年11月10日

written

by mimosa


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop