現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月17日更新

たったこれだけで勉強の効率アップ!iPhoneアプリを使った7つのテクニック

2325 views



試験前の勉強が思うようにはかどりません。勉強の効率をアップさせる方法を教えて下さい。(大学2年生・男性)









iPhoneは勉強でも役に立つ!



iPhoneを電話やメール、ネット、ゲームくらいにしか使っていないという人は、


とてももったいないことをしています。


iPhoneはうまく使えば、勉強にも役立てることができちゃうんです。
今回は、iPhoneで勉強する時に役立つアプリや設定を7つ紹介します。


ぜひ参考にしてみてください!




1.集中力プラス



バイノーラル・ビートという「ブーン」という音を再生するアプリです。
このバイノーラル・ビートは脳波をうまく調整することで、


集中することができるようになります。



バイノーラル・ビート意外にも雨の音やカフェの音など、


集中しやすい音楽も収録されています。
集中して勉強をしたいという人は、試してみるといいでしょう!


集中力プラス




2.標準の時計



iPhone標準の時計アプリも勉強するのに使えます。


例えば、タイマーアプリを使って勉強する時間をキッチリと決めたり、


アラームを設定すれば集中して勉強をすることができるはずです!


アラームの音も豊富なので気分に合わせて変更することができます。




3.おやすみモードを使う



せっかく勉強をしている時にメールが届いたり、


電話が鳴ったりすると集中力が途切れてしまいます。


そこで活用したいのがおやすみモードです。


おやすみモードなら、メールや電話の着信が鳴らないので


集中して勉強することができます。
ただし、3分以内に同じ人から電話が掛かってきたときは


着信するようになっています。




4.STUDYPLUS



1人でやるとどうしてもダレてしまう勉強も、


同じ目標をもった仲間がいればはかどります!
そんな勉強仲間を探せるアプリがStudyplusです。



仲間を探せる以外にも、勉強時間や勉強量などを記録することができるので、


勉強の進行具合や達成感を得ることができます!


STUDYPLUS




5.標準リマインダー



「明日は何の勉強をすればいいんだっけ?」ということが多い人は、


iPhone標準のリマインダーを使って管理してみましょう!


リマインダーにやることを登録して管理すれば、勉強のやり忘れもなくなるます。
チェックリスト代わりに使うのもおすすめです。




6.i暗記+



暗記カードに英単語を書いて、暗記をしたという経験がある人も多いと思います。


i暗記+は、iPhoneで使うことができる暗記カードです。



ぶ厚い暗記カードを作って持ち歩くよりもiPhoneでスキマ時間などに、


ササッと暗記してみてはいかがでしょうか。


i暗記+





7.標準カメラ



標準のカメラアプリで普段から風景を撮影したりすることもあると思いますが、


勉強にも役立ててみましょう!


例えば、覚えておきたい教科書のページを撮影して持ち歩くということができます。


iPhoneのカメラは非常に綺麗に撮影することができるので、


紙の教科書でも、気になるページを切り取るようにカメラに撮って


持ち歩いてみるといいかもしれません!



 

普段、電話やネット、ゲームくらいしかiPhoneを使っていなかったという人は、


今日からiPhoneを使って勉強をしてみてはいかがでしょうか?


もしかすると、今まで勉強していた時よりも好成績を残すことができるかも!


標準アプリや無料のアプリでできることばかりなので、


気軽な気持ちでぜひお試しくださいね。

2014年6月17日

written

by ユースケ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop