現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月26日更新

クリスマス限定で終わらない!春まで彼氏と付き合い続ける方法

1446 views

最近付き合った彼氏がいます。よくクリスマス近くで付き合ったカップルは長続きしないと聞きます。クリスマス限定にしない方法を教えてください。(大学2年生・女性)


クリスマスといえば、周囲の雰囲気も盛り上がり
自然にカップルが楽しめるイベントの季節というイメージですよね?
今年のクリスマスを一緒に過ごした彼と、クリスマスが終わったらサヨナラなんて寂しすぎる!

新しい季節も、彼と一緒に迎えたいですよね。

クリスマスを過ごすカップル

『クリスマス効果を利用しすぎない』



クリスマスはカップルにとって、普段とは違って盛り上がるイベントでもありますよね。
素敵なイルミネーションに彩られた街並みも、ラブラブな二人を演出する大きな役割を果たしてくれます。
周囲の雰囲気もプラス効果となり、互いが普段以上に輝いて、素敵に見えたりもしますね。

クリスマスのデートでは、普段より気合が入っちゃう女の子も多いはず。
寒さ対策よりも、お洒落な服で勝負しちゃうのも女の子の特権!
クリスマスの時期は、イルミネーションや店内の照明などもロマンチックな空間を演出しているので
普段以上に魅力的に見せる効果があります。

そのため、クリスマスが終わってからイメージが違うと思われてしまう事も少なくないですね。
クリスマスの雰囲気に酔いすぎて、過度な女の子アピールをしてしまうのは危険です。

普段とは違う雰囲気の中で、お洒落をしてデートをすれば、
自然に普段よりも女の子らしい自分になってしまう部分は出てきます。
周囲の雰囲気を含め、楽しいデートをするのは素敵な時間となりますが、
持続できない女の子アピールをするのは気を付けなければなりませんね。

女の子と同じように、男の子も特別な雰囲気に気持ちが盛り上がっているのは間違いありません。
些細な事が魅力的に見えてしまう部分は、男の子側にもあるはずです。
食事中の姿・手をつないで歩く姿・笑った時の表情など、
全てが普段以上に魅力的に相手に響いて届いていると思いましょう。

普段は見せない小さなギャップだけで、大きな効果があります。
女の子が意識して、可愛い女の子を演じてしまうと、
普段とのギャップが大きくなりすぎてしまう残念な結果になりがちです。

あの日はこんな女の子だったのにと思われてしまっては、意味がありませんよね?

クリスマスの日だけ気合を入れてしまって、サッとハンカチを出したり、
頭の先からつま先までお洒落に手を抜かない姿を見せてしまった後で
普段はハンカチも持たない・スッピンに部屋着で外出しているなんて部分を知られてしまっては
抱いてしまったイメージとのギャップが大きすぎますよね。

クリスマスは女の子だけでなく、男の子も周囲の雰囲気にテンションが上がってしまいます。
互いに素敵な時間にしようと、無意識の中で力が入ってしまうのは仕方ありません。
そんな中で、自分を良く見せようと背伸びをし過ぎてしまわない様にしましょう。

 

『余韻を引きずった重い女にならない』



クリスマスは、特別な雰囲気の中で過ごす夢の様な空間であると切り替える事も大切です。
その特別な空間の中では、普段では聞けない様な、
甘く嬉しい言葉を彼の口から聞けたりもするかもしれませんね?

その言葉に嘘があるわけでは無いでしょうが、男の子は女の子と違って
その時々を生きていると思いましょう。
女の子は、嬉しい言葉や素敵な雰囲気の余韻を思い出すことも多いと思いますが
その雰囲気を引きずり過ぎるのはNGです。

一人の時間に思い出して余韻に浸ってるのは良いですが、
あの日こう言ってくれたからと表に出し過ぎてしまうと、彼にとって重い女になってしまう危険も出てきます。

特別な雰囲気の中で、結婚したいね・ずっと一緒に居ようねなど、幸せで嬉しい言葉も飛び交うでしょう。
幸せで嬉しい言葉を大切にするのは良いのですが、
受け止め方を間違ってしまうと単なる重い女になってしまいます。
彼の時間を、全て自分との共有時間と考えてしまってはいけません。

今日はどこ行ってたの?
〇〇しておいたからねなど、彼の奥様や母親の様に世話を焼き過ぎたり
彼の存在を生活の中心に捉えてしまう状態になってしまってはNG。

あくまでも彼は、クリスマスという一つのイベントを彼女と一緒に楽しみ
素敵な時間を過ごしたかっただけに過ぎません。

ロマンチックな時間を共に過ごし、互いに素敵な時間となったと信じる事が大切です。
特別な日に交わされた嬉しい言葉や、大切な約束などもあるかもしれません。

女の子は、そんな時間を忘れることなく次のステップへ心躍らせますが
男の子は女の子と違って、その時間が過ぎれば日常への切り替えが早いです。

あの時こう言ったのにと喧嘩になってしまっては、せっかくの時間も台無しになってしまいます。
素敵な時間は大切に胸にしまい、特別な時間からの切り替えは大切ですね。

 

『本来の自分の姿で向き合う』



これは、最終的に一番のポイントになりますね。
クリスマスというのは、一緒に過ごしていく中での一つのイベントに過ぎません。

二人の日常に、小さな刺激をくれる時間、マラソンに例えれば給水所みたいなものです。
クリスマスの日だけを念頭に置いてしまっては、その日以外の二人の時間がもったいないですよ。
クリスマスの日だけを素敵な時間にするのではなく
普段の二人の時間をどれだけ大切にしていけるかが一番です。

特別な時間は、二人にとって非日常的な空間や雰囲気の中で
普段とは違う互いの姿に魅力を発見できる素敵な時間になる事は間違いありません。
その時間は二人の大切な思い出の一つとし、普段の中で自然な自分で向き合う事が重要ですね。

嫌われたくないからと無理に相手に合わせたり、自分を良く見せようとすれば
いずれパンクしてしまいます。

彼の事を生活の中心と考えてしまっては
自分自身をも見失い彼がいなくては何もできない人間になってしまいます。
そうなってしまえば彼にとって、重く負担の掛かる女になってしまう事も否定できませんね。

クリスマスを二人で最大に楽しみながら
その日は普段とは違う自分の魅力を知ってもらう日と考えてみてはいかがですか?
どれだけ着飾り、女の子らしく振舞った自分を好きになってもらっても
本来の自分を好きになってもらえなければ長続きはしませんよね。

大好きな彼だからこそ、本来の自分の姿で向き合って強い絆を深めていきたいですね。

 

 

大好きな彼と過ごせるクリスマスは、幸せに満たされ最高の時間になるでしょう。
クリスマスという特別な日は、普段では見落としてしまっていた
互いの魅力に気付くことが出来るかもしれませんね。

クリスマスというイベントに拘りすぎず、
彼と過ごしていく中で互いに自然体で向き合っていく事が大切だと思いますよ。

 

2014年11月26日

written

by りえぼん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop