現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月24日更新

【PS2】涙なしではエンディングを迎えることのできないゲーム7選

5102 views

僕らが子供の頃に流行った感動するPS2のゲームを思い出させてください....(大学3年・男性)

 


プレイステーション4がとうとう発売になりましたね。
ですが21世紀のゲーム革命とも思われたプレイステーション2の作品をプレイしたことはありますか?

グラフィックの進化にも驚かされましたが、様々なところで新しい感動があったのがPS2です。

今回はそんなPS2から、ぜひプレイしていただきたい『感動で涙できるゲーム』のご紹介です。

1.大神



大神

『この世の命が、蘇る』



100年前封印した、怪物オロチが何者かの手により復活させられる。
アマテラス(大神)と絵師のイッスンはオロチを倒す旅に出る。

絵本風のグラフィックに今までにない独特の操作が話題になったゲームです。
それだけではないストーリーの感動が今も愛されています。
誰かの力になるということは、正義感だけではないということを身に染みることができます。

2.シャドウハーツ2



シャドウハーツ2

運命の輪「ジャッジメントリング」が回る時、闇に葬られたもうひとつの歴史が動き出す



戦争が始まって半年、兵士たちは教会へと足を進める。
教会に住む悪魔を倒すため。部隊の指揮官である『彼女』もそこにいた。
教会で悪魔と出会ってしまった『彼女』宿命に導かれた、壮大な冒険と悲劇の幕開けであった…

こちらはPS2発売シャドウハーツの続編となっていますが、感動の大きさで話題が続いているのは2です。
前作の世界観や魅力を引き継ぎ、見事にグレードアップした珍しい作品です。
2種類のエンディングがあるのですが、なんとGOODもBADも泣ける傑作となっています。

3.METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER



MGS3

「任務は、最愛の人を殺すこと」



「バーチャスミッション」と「スネークイーター作戦」の2部構成。
スネイクはこの二つのミッションをどう攻略するのかが見所です。

言わずと知れたメタルギアソリッド第3弾。

ストーリーはもちろんなのですが、メタルギアで泣く日が来るとは思いませんでした。
あんなに美しい戦いをしたのはこの作品が初めてです。

4.グランディア2



グランディア2

 

 

「何を信じたらいいか、分からない?みんな、そうさ」



儀式の失敗により悪魔に取りつかれてしまったエレナ。
彼女を救うため、リュードと相棒のスカイ派旅に出る。

隠れ名作だと言われているこの作品。恋のもどかしさ、切なさを教えてくれます。
グラフィックやバトルの評価で尻込みしてしまう方もいるようですが一度プレイしてみては?

5.ワイルドアームズアドヴァンスドサード



ワイルドアームズ3

「・・・それはきっと、いつか『想い出』になる物語・・・」



「渡り鳥」と呼ばれる、危険と浪漫を求める冒険者達がいた。
彼女ヴァージニアは10年前に失踪した父を追うように、渡り鳥となる道を選んだのだった。
強き者のみ生き残れる世界に戸惑いながらも、理想と信念を貫くことを彼女は誓う。

女の子が主人公のRPFGですが可愛いものではありません。
シリーズのどの作品もなのですが主題歌、ED曲がありストーリーをとらえた歌詞になっています。
クリア後にもう一度聞いてみると目頭が熱くなってしまいます。

6.スターオーシャン3



スターオーシャン3

「さぁ、星の海へ出かけよう」



地球人フェイトは両親と幼馴染のソフィアと共に惑星ハイダを訪れていた。
そこでサーカス団、団長の娘スフレと出会い交流を深めていたが、突然、謎の戦艦が出現しハイダへの攻撃を開始した。

戦闘のスピード感で人気のゲームですが、エンディングは賛否両論。
ですが理解してしまったあとは切なさで胸がいっぱいになってしまう人も多いのでは?

7.ICO



ICO

「この人の手を離さない。僕の魂ごと、離してしまう気がするから」



生まれつき角の生えた少年イコは、生贄として幽閉される。
幽閉された場所で出会った言葉の通じない少女、彼女は怪物の襲われる。
イコは少女と逃げるために走り出す。

主人公が出逢った少女と『手を繋いで』進むのが特徴のゲーム。
激しい展開などはないが、不思議な世界観で引き込まれていきます。
名前だけ知っているという人もぜひこの感動を味わってください。

 

いかがでしたでしょうか?

最近のゲームに比べるとやはりグラフィックは落ちてしまいますが
ストーリーはこの頃の作品が一番という意見も多いのでぜひチャレンジしてみてください。

2014年11月24日

written

by りらすけ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop