現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月29日更新

大自然の絶景を味わうニュージーランドツアープラン4選

519 views

大自然の絶景を味わうニュージーランドツアープランを紹介してください。(大学2年生・男性)


 

南半球に位置するニュージーランドは、日本とは異なる植物や鳥、虫が暮らす島国です。

人口は477万人と少ないため、大自然が手つかずで残されている地域がたくさんあります。

今回は、ニュージーランドに行くなら、ぜひ訪れてほしい大自然の絶景を味わうツアープランをご提案します。


画像出典:筆者



 

ノースランド



カウリの森→野生のイルカやペンギンのいる海→最北端の岬



◎日程◎

1日目:オークランド出発 カウリ・コーストへ ホキアンガ泊
2日目:ワイタンギを経てパイヒア へ パイヒア泊
3日目:90マイルビーチ、ケープレインガへ パイヒア泊
4日目:ラッセルを経て オークランド着

ニュージーランド最大の街オークランドから北上していくツアープランです。

まずは、オークランドからカウリ・コーストへ。

カウリは、ニュージーランド原産の木で幹が太くまっすぐ育つ大きな木です。

ワイポウア・カウリ森林保護区には、ニュージーランドで一番有名なカウリの木「タネ・マフタ」がいます。


画像出典:ニュージーランド政府環境保護局



トレッキングを楽しんだ後は、本日の宿泊地ホキアンガへ。

森を抜けると、雄大な海が広がっています。

対岸にはワイレレ・ボールダーズと呼ばれる大きな丸石がいくつもある場所があります。


画像出典:ニュージーランド政府観光局



二日目は、ベイ・オブ・アイランドと呼ばれるエリアへ向かいます。

このエリアの中心的な町は、パイヒアです。

この町は、マリン・アクティビティを存分に楽しむ事ができる場所です。

この町を訪れる多くの人が、クルーズを楽しみます。

ベイ・オブ・アイランドにはたくさんの島がありますので、クルーズ船での島巡りはおすすめです。

特に人気があるのが「ホール・イン・ザ・ロックス」と呼ばれる岩です。


画像出典:ニュージーランド政府観光局



 

三日目は、ケープ・レインガへ。

その途中、まずは白い砂浜が続く90マイル・ビーチに。


画像出典:ニュージーランド政府観光局



「ケープ・レインガ」は、ニュージーランド最北端。

タスマン海と太平洋がぶつかり合う沖は、風の穏やかな日でも、激しい波が起こっています。


画像出典:ニュージーランド政府観光局



最終日は、パイヒアからフェリーでラッセルの町へ渡ってみましょう。

ラッセルからは、ゲーム・フィッシングのボートも出ています。

狙うのは、カジキやマグロ、サメといった大物です!

今回ご紹介したのは、オークランドから北のノースランドをコンパクトに回るツアープランです。

オークランド発の日帰りツアーなどもありますので、それらを組み合わせてみてもいいですね。

 


画像出典:Bush and Beach



 

ウエストからサウスへ



オークランド・ウエストコースト→コロマンデル半島→ロトルア→ワイトモ・ケーブ



◎日程◎

1日目:オークランドからウエストコーストへ オークランド泊
2日目:オークランドからコロマンデルへ タイルア泊
3日目:タイルアからタウランガ経由ロトルアへ ロトルア泊
4日目:ロトルアで遊ぶ ロトルア泊
5日目:ワイトモ経由でオークランド着

1日目にウエストコーストを楽しみ、2日目からはサウスへ向かうツアープランです。

初日はオークランド・ウエストコーストへ。

ここは、シダの原生林が残されているエリアです。

森の中はトレッキングのコースが作られていて、体力や時間に合わせてコースが選択できるようになっています。


画像出典:Buch and Beach



 

また、オークランドの西海岸には、ピハ、カレカレ、ムリワイなど、それぞれ異なった雰囲気のビーチがあります。

ピハとカレカレのビーチは、鉄が含まれる黒砂です。

波が高く、サーファーにも人気のある海です。


画像出典:Buch and Beach



二日目からは、南下していきます。

まずはコロマンデル半島。

おすすめはカセドラル・コーブとホットウォーター・ビーチです。


画像出典:Bush and Beach



映画『ナルニア物語』の撮影地にもなったカセドラル・コーブは、自然にくりぬかれた岩の洞窟です。

2つの入り江をつなぐ大きなアーチと、美しい白砂のビーチ、透き通ったエメラルドグリーンの海が、地元の人々にも大人気のビーチです。

お隣にあるホット・ウォーター・ビーチは、地熱で暖められた温泉が湧き出すビーチです。

自前のスコップでビーチを掘ると、たちまち自分だけの温泉ができあがるのです。

三日目は、タウランガを経由してロトルアへ。

タウランガは、ベイ・オブ・プレンティ、「豊穣の湾」と呼ばれるエリアにあります。

別荘地としても有名なマウント・マンガヌイのシンボルでもある死火山マウント・マンガヌイに上ってみてもいいでしょう。

ロトルアはマオリ文化が色濃く残るエリアです。

また、温泉の町でもあります。

間欠泉や地獄谷を楽しむスポットもいくつかありますが、おすすめはワイマング。

この場所は、1886年のタラウェラ山の噴火によって作られました。

ミルキーブルーの火口湖は、息を呑む美しさです。


画像出典:ニュージーランド政府観光局



また、迫力ある間欠泉のおすすめは、テ・プイアで見られるポフツ・ガイザーです。


画像提供:ニュージーランド政府観光局



五日目、最終日はワイトモ・ケーブを経由してオークランドへ。

ワイトモ・ケーブは、鍾乳洞の大きな洞窟の中に、無数のツチボタルが輝く幻想的な空間です。

鍾乳洞の洞窟の中を歩いて見学するコースと、ウエットスーツを着こんで渓流を下っていくコース、深い洞窟をロープで降りていくコースなどがあります。


画像出典:ニュージーランド政府観光局



画像出典:ニュージーランド政府観光局


こちらのプランは、周遊型ですが、コロマンデル半島もオークランドからの日帰りツアーが出ています。


ワイトモもオークランドからの日帰りが可能な距離ですので、プラン前半はオークランドベース、後半はロトルアベースとしてもよいでしょう。


 
画像出典:ニュージーランド政府観光局




トンガリロ・クロッシング



オークランド→ナショナルパーク→タウポ



◎日程◎

1日目:オークランドからナショナルパークへ ナショナルパーク泊
2日目:トンガリロ・クロッシング ナショナルパーク泊
3日目:ナショナルパークからタウポへ タウポ泊
4日目:タウポからオークランドへ

こちらは、火山地帯を越えていく、トンガリロ・クロッシングを楽しむプランです。

日帰りのトレッキングコースがいくつもあるニュージーランドですが、このトンガリロ・クロッシングは人気の高いコースです。

コースの脇からは、水蒸気が立ちのぼり、溶岩流の名残も各所で見ることができます。

全長19キロほどのコースは、普通のペースで7,8時間かかります。

夏季は、ガイドをつけなくてもコースに出る事ができます。


画像出典:ニュージーランド政府観光局



トンガリロ・クロッシングを楽しんだ後、三日目はタウポへ。

タウポには、ニュージーランド最大の湖・タウポ湖があります。

湖ではウォーター・アクティビティを楽しむ事ができます。

 
画像出典:ニュージーランド政府観光局



また、近くにあるフカ滝もおすすめです。

フカ滝は、毎秒22万リットルもの水が落ちる壮大な滝です。

 
画像出典:ニュージーランド政府観光局


翌日四日目に、タウポからオークランドへと戻ります。


トンガリロ・クロッシングには、今回ご紹介した半日かける「トンガリロ・アルパイン・クロッシング」だけではなく、4日間かけて歩く「トンガリロ・ノーザン・サーキット」というツアーもあります。


こちらは4日間で43キロ歩くツアーです。


ツアー中の宿泊はハットと呼ばれる山小屋です。


体力に合わせて選んでみてはいかがでしょう。



画像出典:ニュージーランド政府観光局





氷河を見に行こう



◎日程◎

1日目:クライストチャーチ→グレイマウス→フランツ・ジョセフ フランツ・ジョゼフ泊
2日目:氷河ハイキングコース フランツ・ジョゼフ泊
3日目:フランツ・ジョセフ→クイーンズタウン クイーンズタウン泊
4日目:ミルフォード・サウンド クイーンズタウン泊
5日目:クイーンズタウン→マウントクック→テカポ テカポ伯
6日目:テカポ→クライストチャーチ

ゆるやかな丘陵地帯が多い北島に比べ、ニュージーランドの南島は標高の高い険しい山々が数多くあります。

そんな南島で、氷河を楽しんでみませんか。

一日目は、クライストチャーチから電車とバスを乗り継いでフランツ・ジョセフへ。

南島のウエスト・コーストト呼ばれるエリアには、ほかにフォックス氷河も有名です。

フランツ・ジョセフ氷河は、その端っこが海面の高さにまで延びている世界でも珍しい氷河です。

氷河は巨大です。

何百万年もの時間をかけて後退や拡大を繰り返しているため、両脇は垂直に切り立っているのです。

氷河の末端では、裂け目や隆起が数多く見られ、深いクレバスもあります。


画像出典:ニュージーランド政府観光局



二日目は、このフランツ・ジョセフ氷河のハイキングコースに挑戦してみましょう。

4時間コース、6時間コースなど、体力に合わせて選ぶ事ができます。

ガイドと一緒に氷河のある渓谷を歩いたり、氷河の上を歩いたり、心ゆくまで氷河を堪能できるでしょう。

ヘリコプターでの遊覧をするコースもあります。


画像出典:ニュージーランド政府観光局



三日目は、バスでクイーンズタウンへ向かいます。

クイーンズタウンはからは、ミルフォード・サウンドへのツアーがたくさんあります。

世界遺産に登録されているフィヨルドランド国立公園にある最も有名なフィヨルドであるミルフォード・サウンドは、ニュージーランド観光の中でも代表的なポイントです。

一番人気のあるツアーは、なんといってもクルーズです。

聳え立つ山々、そそりたつ断崖、ほとばしる滝・・・スケールの大きな、まさに大自然の絶景を楽しめるでしょう。


画像出典:ニュージーランド政府観光局


五日目はクイーンズタウンからニュージーランドで一番高い山マウント・クック(3724m)を目指します。


3000mを超える山々の中でもひときわ美しいマウント・クックには、本格的な登山以外にも、トレッキングコースがあり、いろいろな楽しみ方ができます。


 
画像出典:ニュージーランド政府観光局


雄大なマウント・クックを楽しんだ後、宿泊地であるテカポへ。


ここでは「世界一の星空」と呼ばれる星空を見ることができます。



世界最南端、テカポ湖の西にあるマウント・ジョン天文台では、ガイドの説明を受けながら美しい星空を鑑賞できます。

南半球でしか見ることができない星もたくさんあります。


画像出典:ニュージーランド政府観光局


六日目はテカポからクライストチャーチへ戻ります。


南島の観光地の中でも、クイーンズタウン-マウントクック-クライストチャーチを結ぶルートは、美しい景観で知られています。


季節ごとに花や木々の様子も変わり、何度訪れても新しい発見があるでしょう。


いかがでしたか。


ニュージーランドで大自然の絶景を楽しむツアープランを4つ後紹介しました。



ご紹介したプランは最短のものです。

それぞれの場所での滞在を伸ばしてもよいですね。

ニュージーランドの大自然を、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

2015年1月29日

written

by sayang


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop