現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月14日更新

求人誌だけが全てじゃない!大学生のバイトの探し方

14996 views



バイト探し中なのですが、駅に置いてあるフリーペーパーを読んでいても、めぼしい求人がありません。求人誌以外にバイトを探す方法はありますか。(大学1年生・男性)







アルバイトを探すとき、まずは求人誌を見たりして探す方が多いですよね?


インターネットが発達した今は、


ネットの求人サイトで見つける方もたくさんいらっしゃるでしょう。


今日は、求人誌や求人サイト以外の


大学生のバイトの探し方について書いてみたいと思います。 




1 友達や知り合いに紹介してもらう



求人誌や求人サイト以外で一番一般的なのがこれ、


友達や知り合いに紹介してもらうアルバイトです。


口コミで伝わってくるため、アルバイト先の信頼度が高いとともに、


求人誌や求人サイトに情報を出していないような


レアなバイトに出会える可能性もあります。



 

反対に問題なのは、友達や知り合いから紹介されたバイトであるが故に


もし事情があって辞めたくなっても、


紹介者に気を使って辞めずらくなる可能性があることです。


紹介してもらったからという付き合いでバイトを始めるのではなく


本当にやりたい仕事かどうかきちんと確かめてから引き受けるのことが大切です。




2 大学の掲示板をチェックor学生課を訪ねる



大学の掲示板にはアルバイトの求人が掲載されていることがあります。


こういう所にでている情報も、


求人誌や求人サイトには出ていない案件が多いのが良いところです。


例えば、大学内のカフェテリアや図書館などのアルバイトの情報に加えて


学外のアルバイトも掲示されている場合がありますので


こまめにチェックしてみましょう。



 

加えて大学の学生課には、


地域のアルバイトの求人情報が集まっている場合があります。


例えば福祉系の大学に、近くのコミュニティセンターの求人が入る場合などです。


この場合も、大学とそのコミュニティセンターの交流があってこその求人です。


このように変わった求人が入っている場合がありますので、


機会があれば一度学生課などで聞いてみてはいかがでしょう?




3 新聞の折り込みチラシをチェックする



新聞の折り込みチラシに求人情報が入っていることがあります。


ここに乗っている情報は求人誌や求人サイトなどと


情報が重複する可能性もあります。


ただし、この折り込みチラシのポイントは地域の求人情報が載っていることです。



 

アルバイトを始めるとき、意外と忘れがちなのが、通勤時間交通費のことです。


交通費は出してくれるアルバイトもありますが、


通勤に片道一時間かかるというのは案外に大きな時間のロスなのです。


往復で二時間、その間当然時給が発生しないので


いかに近場でいいバイトを探すかというのは


アルバイト探しの要チェックポイントの1つになります。


その点この新聞の折り込みチラシは、地域の求人が中心となっており、


通勤時間も交通費も比較的安く抑えられるのが特徴です。


近場でのアルバイトを探す際にはぜひ活用してください。





4 働いてみたい店に直接問い合わせる



究極の方法がこれ、働いてみたい店に直接問い合わせてみる、です。


どうしても働いてみたいアルバイト先があった場合、


まず求人誌や求人サイトを調べると思います。


それでも求人がでていない場合、あきらめるのは簡単です。



 

でもどうしてもあきらめきれなかった筆者が試したのがこの方法、


直接働きたい職場に問い合わせてみることでした


運よく、その時は欠員がでたばかりで面接をしていただくことができ、


どんなにこの店で働きたいかを熱弁した私は、見事バイトできることになりました。


もちろん図々しいと思われて敬遠されるリスクも高いですし、


運よく欠員がでるとも限りません。


それでもどうしても働きたいお店がある場合、


最後の手段として頭の隅に留めておいてはいかがでしょうか?

2014年6月14日

written

by sarah617


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop