現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

アルバイトの面接に受かる人の5つの特徴

16176 views



やってみたいバイトがあるのですが、聞くところによるとそのバイト先は人気があり、しっかりと面接をされるそうです。購買率を勝ち抜く方法を教えて下さい。(大学1年生・男性)






やってみたいアルバイトが決まって面接の日程も決まった!


とすると次に心配になるのは面接ですよね。


面接でどうしたらバイトに受かるんだろうというのは


誰もが不安に思う所だと思います。



今回はアルバイトの面接で好印象、つまり受かる人の5つの特徴をご紹介します。




1 ハキハキ、わかりやすくしゃべる人



まず面接で重要なポイントです。

ハキハキわかりやすく、明るい話し方をする人には誰だって好感を持つものです。

アルバイトの面接など初対面の人同士が顔を合わせる場面ではなおさら、

そうした印象が大切になってきます。

これはなにもアナウンサーのように滑舌がよくなければならないということではありません。

難しいなと思う方はまず普段より大きな声で話すように心がけてみてください。

声のトーンが自然と上がり、音量も上がることで聞き取りやすくなるため、

それだけでも印象がよくなります。

加えてゆっくりわかりやすく、相手の反応を見ながら話すこともポジティブなイメージを与えます。 

2 自然に笑顔を浮かべている人 



笑顔を浮かべている人にはだれだって良い印象を抱きます。

面接でも意識的にこの笑顔を活用しましょう。

ただこれはずっと笑いながら面接をしてくださいというわけではありません。

真剣な話をしているときに笑顔すぎると

逆にヘラヘラしていると受け取られてしまう可能性もあります。

ここで意識していただきたいのは挨拶の時や話が弾んだ時、

帰り際などポイント、ポイントで笑顔を意識してくださいということです。

真剣な話の時は真剣な顔をして、最初と最後の挨拶や話が弾んだ時に笑うなど、

場面によって表情豊かに接することで、

空気や話の流れを読んでコミュニケーションが取れる人だなあという印象が与えられます。

また、緊張したときも、あいさつで笑顔を浮かべるように意識するだけで

気持ちが和らぎ、落ち着いて面接に臨むことができます。

3 なぜこの仕事がやりたいのかが明確な人




面接官はたくさんの人を面接します。


その中で面接が終わった後印象に残るのは、明確な応募理由を持っている人です。


なぜこの仕事を応募したのか、どんな所に興味があるのか、


できるだけはっきりと答えましょう。


この応募理由が明確な人はその仕事をやりたいという意思が明確なため、


簡単には辞めないだろうとアルバイト先に印象付けることができます。


また明確な意思をもって面接に臨んでいることで


よく考えて行動できる人だという印象も与えることができます。



 

面接が決まったら、一度職場を見に行ったり、


ホームページをチェックしたりして情報収集をするとともに、


なぜこの仕事をやりたいのかよく考えてみてください。


一見時間がかかり、遠回りのように見えますが、


どんなにやりたい仕事でも、面接に受からなければどうしようもありません。


しっかり準備して面接に臨みましょう。




4 この仕事に挑戦したい、成長したいという思いが伝わる人



面接ではよく、「この仕事はこういう大変なことや難しいことがあるけど大丈夫?」


ということが質問されます。


それは、仕事を始めてから「


思っていたのと違った」とアルバイトが辞めることを防ぐとともに、


面接に際して、応募者がこの仕事にどういうビジョンを持って応募してきたのかを図る質問です。



 

こんな質問をされれば多少気圧されるのも当然かもしれませんが、


ここで重要なのはこの仕事で大変なことや難しいことにも挑戦したい、


成長したいという意思が明確な方が、強い印象を面接官に与えることができるということ。


こうした質問を受けたなら、


希望する仕事にどうしてもつきたいという気持ちを強調した上で、


大変なことがあってもその中で自分自身も学び


成長していきたいと答えてみましょう。


きっといい印象を面接官に残すことができますよ。





5 自分の売りを具体的なエピソードでアピールできる人



みなさんは自分の売りやアピールポイントってありますか?


面接ではよく自分こういった質問がされます。


これに答えるときに重要なのは、自分の売りや良い所をただ答えるのみならず、


具体的な例やエピソードを上げて説明することです。


前述しましたが、面接官を多くの応募者を面接します。


その中で「前向きでなんにでも挑戦するところです。」だとか


「積極的で明るく、誰でも仲良くなれます。」というのは


実はだれにでも言えてしまい、印象に残りづらいのです。


ここで重要なのは具体的なエピソードを上げて説明することです。


そうすることでより面接官の印象に残り易くなり、


またわかりやすく話すことができる人だと感じてもらうことができます。



 

いかがでしたか?


ちょっとしたバイトの面接では、ここまで深くは切り込まれないかもしれません。


(むしろ、面接では入れるシフトの確認だけ、という場合もあるようです)


しかし、こうしてバイト先のことを考えてから応募することで


仕事に対しての愛着も湧きやすくなりますし


この考え方は就活にも応用できると思います。



 

面接に向かわれるみなさん、がんばってくださいね!

2014年6月12日

written

by sarah617


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop