現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月22日更新

この冬、カップルで行きたい!旬の味覚が堪能できる旅行先ランキング

1235 views

冬に彼氏とグルメ旅行に行きたいのですがおすすめの場所はありますか?(大学2回生・女性)


カップルで旅行に行くなら、素敵な景色も温泉もいいけれど、やっぱり美味しいもの!
特に魚介類は冬場がとっても美味しいので、これからの時期は思う存分楽しみたいですね。
この冬、カップルで行きたい!旬の味覚が堪能できる旅行先ランキングをご紹介します。

 

6.山口県下関(フグ)





画像出典:食べログ

日本で獲れるフグは約20種類ほどで、そのほとんどが下関の南風泊市場に集められます。
なかでも天然トラフグの特Aと呼ばれる最高ランクのものは、全体の5%に満たないほど貴重です。
下関では絶対に食べておきたい、フグ刺しを始め、フグちり、特に白子は通も唸る美味しさです。
東京からのアクセスは、羽田空港から山口宇部空港へ、そこからバスで2駅です。

 

5.茨城県大洗(アンコウ)





画像出典:旅色

「東のアンコウ西のフグ」と呼ばれる、東日本でも特に茨城県大洗で食べられるアンコウ鍋。
大洗では非常に濃厚な「どぶ汁」というアンコウの肝と味噌を炒めて作るスープで作るものが絶品です。
アンコウの七つ道具の肝・とも・ぬの・だい身・胃・えら・皮と、余すところなくアンコウを味わえます。
アクセスは、上野駅から特急で水戸へ出て、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線で3駅です。

 

4.三重県伊勢志摩(イセエビ)






画像出典:倭庵 黒石

伊勢志摩産のイセエビは、伊勢湾と黒潮により身が良く引き締まり甘みも強く、プリッとした食感です。
特に志摩市和具港は志摩でも有数のイセエビの水揚げがあり、古くから極上品として知られています。
お刺身、バター焼き、鬼殻焼き、具足煮とバリエーション豊富で、出汁がたまらない味噌鍋も人気です。
アクセスは、東京から新幹線で名古屋、そこから桑名へ出て近鉄名伊乙特急で志摩磯部、そしてタクシー利用です。

 

3.広島県宮島(牡蠣)





画像出典:焼きがきのはやし

江戸時代から養殖される広島牡蠣は、今では全国の出荷量の約7割を占めています。
特に地御前で養殖される地御前牡蠣は、味の良い高品質な牡蠣として、広島の中でも随一と言われるものです。
生牡蠣、焼き牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣の土手鍋など、和食でも洋食でもその旨みを味わうことができます。
東京からのアクセスは新幹線で広島へ、JRで宮島口まで行き、宮島までフェリー利用です。

 

2.福井県三国(越前蟹)





画像出典:かにカニ福井

寒流と暖流のぶつかり合う漁場のため身が引き締まり旨味が強く、皇室に献上される唯一の蟹です。
蟹漁船が三国港へ帰港してすぐにセリが開始され、値のついたものから注文主の生簀へ運ぶというシステム。
そのため昔と違い、生きた蟹をその場で茹でて、アツアツを食べるという贅沢で一番おいしい食べ方ができます。
アクセスは東京から新幹線で米原まで行き特急で福井へ出て、えちぜん鉄道で三国港へ。

 

1.富山県氷見(寒ブリ)





画像出典:とやま観光ナビ

「天然のいけす」と呼ばれる、魚介の宝庫、富山湾でも一番人気を誇る富山県氷見市の寒ブリ。
日本一と言われる富山県氷見の寒ブリは、漁獲量が年々減り、天然物は高級食材です。
ブリ大根、焼きブリ、ブリカマと煮ても焼いても美味しいですが、最高なのはブリしゃぶです。
アクセスは、東京からは上越新幹線で長岡へ出て特急とJRで、池袋などから直通バスもあります。

 

 

 

いかがでしたか。
冬は魚介類を始めとするさまざまな旬の味覚が全国あちこちで楽しむことが出来る良い季節です。
普段は食べることのできない、その土地ならではの絶品グルメをカップルで満喫しましょう!

 

2014年11月22日

written

by bocco


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop