現在17272個の困ったを解決できます!

2016月9月16日更新

どうすれば好印象?アルバイト面接で使える5つのテクニック

66834 views

はじめてアルバイトに応募しようと思っているのですが、面接が不安です。
服装から何を着ればいいのか分かりません。何に気をつければ好印象でしょうか?(大学1年生・男性)




アルバイトを始めたいけれども、そのためにはまず面接を突破しなければなりません。


たかだか面接と思われるかもしれませんが、ここでの第一印象の善し悪しで面接官にとって自分がどう見られるかが決まってきます。


また、その後の仕事の評価にも繋がってきますよね。


そこで相手に好印象を与え、見事面接に通るための秘訣をかつて成功してきた人のお話などを参考にし、こちらで紹介したいと思います。




1. 服装を整えましょう


面接とはいえどもアルバイトですし、まだ学生ですから学生らしく普段着で全く問題はありません。


たまにスーツで行った方がいいのか、という学生がいますが、スーツを着ていくことで高評価になるとは限りませんし、着ないことで評価を下げることにもつながりません。


それ以前に普段着をしっかりと着こなしましょう。


男子であればチノパン、襟付きのシャツを着ていくといい印象が与えられます。


短パン、Tシャツなどは絶対にいけません。


靴も履きこなしすぎているものではなく、少し新しめできれいなものを履いていくといいと思います。


デニムパンツでもいけないわけではありませんが、あまり良い印象は与えられないと思います。


なるべく全体的に落ち着いた色の服装をしていくといいでしょう。


また女子ですが、まずは男子と同じくきれいな靴にしましょう。


スカートでもパンツでもかまいませんが、どちらにせよ長めで派手でない柄にしましょう。


胸元の開いている服装もいけません。


服装の色や雰囲気で落ち着いた印象を与えることが大切です。


一番いいのは自分の志望している職場に合わせた服装をすることだと言われています。




2. 身だしなみをしっかりとしましょう


よく面接にネックレスやチェーンをつけてくる人がいますが、このように目につきやすいおしゃれはいけません。


あくまで私たちはお仕事をさせていただく立場なのであって、おしゃれする必要は全くありません。


たとえばある飲食店で自分が楽しく食事を楽しもうとしているときに、見た目が派手な男性に接客されて良い気分にはなれない方が多いと思います。


アクセサリーや髪色、髪型、爪の長さには気をつけましょう。


特に髪色や爪は面接時に見ている面接官も多くいます。


それに加えて男性であればヒゲ、女性であれば香水・メイクにも注意して下さい。


これらのことは社会の一般常識であり、社会に出る前に面接官がチェックしてくれていると思って下さい。




3. まっすぐな姿勢



真剣な女性


© japolia - Fotolia.com




面接官は座っている時の姿勢も見ています。


前屈みになっていたり、背もたれに寄りかかっていたり、とにかくやる気の感じられない姿勢で座っていたらすぐに落とされてしまいます。


どんなときも面接官の視線を意識して行動しましょう。




4. これがすべて!面接中の受け応え


基本的なことをしっかりとしましょう。


たとえば入室時やいすに腰掛ける時の「失礼いたします」と言うことや、質問されたときにまず「はい」と返事をすることなどといったあいさつはもちろん、言葉遣いや声の大きさなどは分かっていて当然のことです。


敬語については、普段から使っていないといきなり会話に入れることは出来ないかもしれませんが、相手も多少はそれを分かった上なので丁寧語など最低限の敬語が使えるようにしましょう。


そして意外と難しいのが目を見て話すことです。


面接官としては質問に対する完璧な答えを求めているわけではなく、こういった一般的な常識が身に付いているかなどを確認するために面接を行っているのです。


聞かれる質問を予想したり、その答えを考えたりするだけでは意味がありません。





5. ベストな笑顔で


結局、相手にいい印象を与える一番のポイントは「笑顔」だと考えます。


たとえば接客業であったら、仕事が少しできなくても常に笑顔でいる人の方が周りからの評価は上がります。


同じように面接官にいい印象を与えるためには、笑顔でいることが大切だと考えられます。


ここには出してはいませんが、面接時に時間をまもることは当然のことであり、遅刻するなんてことは問題外です。






アルバイトをする目的には、実際に社会に出て働くことで社会人としてのルールを身につけることも一つとして挙げられると思います。


時間もまたそのルールの一種です。


せっかく時間を自分の面接のために割いて下さった面接官に対して、失礼のないようにしましょう。

2016年9月16日

written

by liliaapril


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop