現在17272個の困ったを解決できます!

2015月9月7日更新

社会人が大学生にオススメしたい!長期休暇に海外旅行するといい国まとめ

9750 views

 学生のうちに行っておいた方がいい国を教えてください!(大学4年生・男性)



長いお休みがある学生時代は、その時間を有効に使って海外に旅行される人も多いことでしょう。


学生のうちに行っておくべき国をご紹介したいと思います。





1.時間をかけてまわりたい国 インド




画像出典:Incredible India


さまざまなものが渾然一体となって存在している国・インドは、長い歴史があるため多くの世界遺産やユネスコ遺産があります。


お札に印刷されている言語鮭でも15種類もあり、実際に話されている言葉は50とも100とも言われるインド。


仏教発祥の地でありながら、世界三台宗教の1つであるヒンドゥー教の信者が最も多い国・インド。


こうしたインドを味わうためには、どうしても時間が必要になります。


学生のうちにぜひ訪れてほしい国、なのです。


観光スポットとして人気があるのは、なんといってもバラナシのガンジス川。


洗濯をする人、沐浴をする人、瞑想をする人、お祈りをする人、そしてそれらを見る多くの観光客が集まる場所です。




画像出典:Incredible India





2.手つかずの大自然が残る国 ニュージーランド




画像出典:ニュージーランド政府観光局


ニュージーランドは、その自然の美しさと、安全さで世界中の観光客を魅了しています。


ニュージーランドの自然を存分に楽しむには、やはり体力が必要です。


若さのエネルギーが充満している学生のうちにこそ体験していただきたいアクティビティがたくさんあります。


たとえば、バンジージャンプ。


野生のイルカといっしょに泳いだり、美しい小川や滝野ある森の中で数時間のウォーキングをしたり。


2000から3000mの山々もありますので、トレッキングや本格的登山も楽しめます。


ファームステイもおすすめです。


牧場や果樹園のお仕事を手伝うかわりに、寝食を提供してもらうエクスチェンジも多いので、


あまりお金を使わずに長く滞在したい人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょう。





画像出典:Te Ara Encyclopedia of New Zealand





3.物価が安く食べ物もおいしい国 ベトナム




画像出典:Impress Travel Company limited


世界遺産に認定されたハロン湾やニャチン、プンタオといったリゾート地まで、美しい海も楽しめます。


チベット高原から流れてくる勇壮なメコン川もすばらしいですね。


ベトナムといえばやはりベトナム戦争にもふれないわけにはいきません。


ベトナムでは、博物館のほかにも、ベトナム戦争で実際に使われたトンネルや防空壕を見学する事ができます。




画像出典: Impress Travel Company limited





4.一生に一度は見てみたい世界遺産のある国 ペルー




画像出典:tourism NAZCA


南米に位置するペルーは、紀元前からの歴史を持ち、あのインカ帝国があった国です。


さまざまな遺跡が残されていて、世界遺産に認定されているものもたくさんあります。


ペルーといえば、まず思い浮かぶのがナスカの地上絵ではないでしょうか。


上空から見ることでしか認識できない巨大な地上絵です。


マチュピチュの遺跡も、世界中の人々を魅了しています。


標高2,280mに位置するマチュピチュは、山の下からはその姿を見る事ができません。


そのため、空中都市、天空の城などと呼ばれています。


どちらも、一生に一度は見ておきたい世界遺産です。




画像出典:Get Your Guide





5.長く滞在したい国 フランス




画像出典:フランス観光局


学生のうちにフランスを訪れるのなら、ぜひ長く滞在してほしいと思います。


なんといっても見て回るのに一週間は必要だといわれているルーヴル美術館をじっくりと堪能することをおすすめします。


フランスは国土が広く、各地域でさまざまな表情を見せてくれます。


国際都市パリはもちろんのこと、食の街リヨン、ワインの名産地ボルドーやブルゴーニュ、暖かい南にあるプロヴァンス、建築遺産や文化遺産が多い東のナンシー、さらには高級リゾート地であるニースやカンヌ など、それぞれの地方や街でフランスを感じてみませんか。


世界遺産の中でも人気の高いモン・サン・ミッシェルや、中世に作られた城壁で囲まれた街カルカソンヌも人気のあるスポットです。





画像出典:フランス観光局





6.歴史を感じる国 イギリス




画像出典:ウエストミンスター寺院


歴史の長いイギリスでは、さまざまな建造物や遺跡が残されています。


石造りの堅牢な建物からは、ひんやりとした涼しさと共に、はるか昔から続く時の流れを感じる事ができます。


世界遺産として登録されているストーン・ヘンジ、北アイルランドのジャイアンツ・コーズウェー、ウェールズの古城など見所もたくさんあります。


ロンドンでは、バッキンガム宮殿やケンジントンパレスといった王国関係のスポットが人気をよんでいます。


大きな教会もたくさんあるので、時代によって異なる建築を楽しみこともできるでしょう。


大英博物館では、ミイラやロゼッタストーンなどエジプト由来の品々も多く展示されています。


大英帝国として世界に名をとどろかせたイギリスは、どこの街に行っても歴史を感じることができる国です。




画像出典:Visit Britain





7.アジアとヨーロッパが融合している国 トルコ




画像出典:TURISM trend


トルコは地理的にもアジアとヨーロッパの境目に位置しています。


そのため、昔から貿易や戦争などでアジアとヨーロッパを行き来する人々が訪れる国でした。


13世紀から長らく続いたオスマン帝国は、強大な力を持ち、トルコ各地にさまざまな遺跡を残しています。


観光スポットとして人気が高いのが、イスタンブールにあるブルー・モスクです。


ミナレットと呼ばれる高い塔が6本そびえているモスクは、美しいブルーのタイルで装飾されています。


トプカプ宮殿には、目を見張る豪華なダイヤモンドをはじめ、素晴らしい展示物が数多くあります。


トルコの中部地方にあるギョレメ国立公園と、カッパドキアの岩窟群は、ぜひ訪れてほしい場所です。


火山の噴火によって、凝灰石が風化と浸食を繰り返し不思議な形の岩を作り出しました。


広大なカッパドキアの全貌を眺めるために、気球に乗って上空から見下ろすツアーも人気です。





画像出典:Turkey Special Tours Agency







8.野生動物がたくさんいる国 タンザニア




画像出典: Great Safari Lodges and Campgrounds in Tanzania


タンザニアには、有名なンゴロンゴロ保全地域があり、ライオン、ゾウ、キリン、ヌー、チーターといった動物を見ることができます。


お隣にはセレンゲティ国立公園がありますし、国境をはさんでケニアのマサイマラ国立保護区もあります。


ヌーなどは、国境を越えてタンザニアとケニアの間を移動して暮らしています。


タンザニアにはアフリカ大陸最高峰のキリマンジャロ(5,895m)がそびえています。


キリマンジャロへの登山ツアーも人気があります。




画像出典: E&C Tour and Safari



いかがでしたでしょうか。


まとまった長い時間が取れることと、体力があることをポイントに、学生のうちにぜひ訪れてほしい国を8つ後紹介しました。


日本では見ることのできない勇壮な自然や、異文化ならではの歴史的な遺跡と建造物が、皆さんを待っていますよ。


どうぞ、よい旅を!!

2015年9月7日

written

by sayang


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop