現在17274個の困ったを解決できます!

2017月2月22日更新

アナタは大丈夫⁉ ヒートテック着用時の危険な使い方3つ

109994 views

私は毎年冬はヒートテックを愛用しています。ですがこの前何かでヒートテックは危険だと耳にしました。注意した方がいいことを教えてください。(大学1年生・女性)
クリスマスにお正月にバレンタイン。考えるだけでも楽しくなってくる冬はもう間近。
恋愛イベントも盛り沢山なこの季節、寒さなんかに負けてはいられませんよね。

元気よく外出して思いっきり楽しみたいですよね。

そこでここ数年爆発的な人気を誇っているのが、薄手なのにポカポカと発熱し体を温めてくれるヒートテック。
その快適さを知ると、もう手放すわけにはいかない必需品になっている方も、多いのではないでしょうか。









多くの方が冬に愛用していると思います。



でもこのヒートテック、着用時や取扱いには少し注意が必要な様です。


今までは良い面にばかり目が行っていましたが、 より快適な冬にする為にも
今回は注意が必要な3点をピックアップしてみました。




★乾燥肌を悪化させる!?摩擦性湿疹や皮膚炎に注意



汗など水分を吸収する事によって発熱するため、乾燥肌の人が着用すると
ますます水分が奪われ悪化してしまうケースがあるそうです。


毎年、摩擦と静電気の影響で炎症を起こし、皮膚科にかかる人も少なくないよう。
化学繊維は敏感肌やアトピーの人には向かない素材なので
赤みやかゆみが生じたり、 ひどくなるとブツブツとかぶれてしまうそうです。


着用時に背中にかゆみを感じたら要注意。









すぐに着るのをやめましょう。



乾燥肌の人にはコットン100%の肌に優しい肌着の上から、ヒートテックを重ねて着用する方法がおすすめです。

また、炎症が起きてしまった場合はすぐに皮膚科に行って診察してもらいましょう。

気をつけるべきなのは、子供も同じで、子供の肌はまだ弱いので、親は注意して着用させるようにしましょう。




★乾燥機にかけてはいけない!?

実はこのヒートテック、注意書きに「乾燥機にかけないでください」の文字が。


乾燥機にかけると非常に高温になり、生地がダメになるのはもちろん、
洗濯機の異常にもつながる危険な行為なのです。
もし今まで試して大丈夫だった場合でも、危険な行為なので避けた方が良いでしょう。


また保温効果を保つ為には体に合ったサイズを着る事もとても大切。
その為にもお洗濯の時にはネットに入れ、乾燥機は避けましょう。


ちょうど良いサイズの目安としては、体にピッタリと合っているもの、もしくは少し小さ目のサイズが良い様です。
繊維が伸びて体との間に隙間ができてしまうと、そこから保温効果が一気に下がってしまいます。


お気に入りのヒートテックを数枚用意して、ローテーションで着るなど
そんな一工夫が暖かい冬を連れてきてくれそうですね。





★運動時に着用すると危険な事も!?

沢山汗をかく運動時に着用すると、汗に反応してますます発熱、そして更に大量の汗…
という悪循環に陥ってしまいます。


その結果、ヒートテックが全く乾かない事態になり、そこから急に冷えてしまうのです。
特に登山をされる人などは要注意。暖かさを必要とする場面で体が冷えてしまってはとても危険です。


「今日は着用して問題ないかな?」着用する時にはちょっとだけ、そんな質問をしてみて下さい。



いかがでしょうか?


今回はヒートテック着用時に注意すべき3点についてご紹介しました。


少し怖い情報も書いてしまいましたが、ほんの少しの注意さえ守れば
冬の寒さからガードしてくれる頼もしい味方。
毎年色々なデザインも用意されお店に並んでいるので、楽しく選んでみてはいかがでしょうか。



最近はヒートテックよりも更に暖かさが向上した「極暖」という商品も売り出されたそうですね!



木枯らしが吹く冬はもう目の前です。
万全な対策で外は寒くても、心の中も服の中もぬくぬくと暖かい素敵な冬にして下さいね。

2017年2月22日

written

by 水月まゆり


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop