現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月13日更新

これだけ知ってると25点はスコアが上がる?TOEICリスニング解答テクニック

645 views

TOEICリスニングテストの解答テクニックを教えてください。(大学2年生・女性)


toeicリスニング解答テクニックを学ぶ女性

TOEICのリスニング問題で、点数を取るのが難しいと感じている人がいるかと思います。

少しでも点数を上げるためのテクニックをご紹介します。

 

問題形式の把握



どんな問題形式かを知るのは、大切な対策です。

詳しくは、TOEICの公式サイト(http://www.toeic.or.jp/toeic/about/tests/)にも書かれているので、参考にしてみてください。

リスニングでは、Part1からPart4に別れていて、各Partの問題に入る前に回答の仕方が英語で説明されます。

問題形式が大きく変更されない限り、毎回ほぼ同じ説明です。

 

Part 1



写真をみて答える問題です。

写真のみで他は何も印刷されていません。

回答方法の説明が流れますが、その間になるべく多く、問題となる写真をみておきましょう。

問題文が読まれる時に、少し余裕ができて、集中して回答しやすくなります。

 

Part 2



1つの質問または文章とそれに対する3つの答えが放送されるので、最も適した答えを選ぶ問題です。

選ぶ答えは放送のみで、印刷はされていません。

多くの問題は、疑問文から始まるので、一番始めに聞こえる疑問詞の5W1H(What、When、 Which、 Who、 Why、How) が重要です。

これを逃すと回答できませんので、問題文の始めの語に集中しましょう。

また、回答方法の説明中に、次のPart 3 の設問文と答えを読めるところまで、さらっと読んでおきましょう。

 

Part 3 - Part 4



Part 3では、2人の人物による会話が放送され、それに関する設問 (各3問) に答えます。

Part 4では、アナウンスやナレーションのようなミニトークが放送され、同様に設問 (各3問) に答えます。

ここでは、設問が印刷されているので、回答方法の説明の放送中に、各設問とその答えを読んでおきましょう。

ただ、説明が短くあまり時間がないので、試験開始直後にリスニング部分の全体説明が放送されだしたらすぐに、Part 3、4の設問と答えを読むのに利用しましょう。

設問と答えを先に読むことで、会話文が放送される際に的を絞って聞き取ることができ、会話内容を全て覚えておく必要がなくなり、集中力の持続につながります。

また、設問と答えから、会話やアナウンスの内容に関するバックグラウンドが何となくできるので、リスニングが少し楽になります。

 

迷った際にはこだわらない



リスニング部分は45分ですが、この間ずっと集中力を持続しなければいけません。

これは、とても大変なことで、多くの人は途中で集中力が途切れます。

一瞬、普段の出来事が頭に浮かんだり、友達の会話を思い出して、放送を一部聞き逃すことがあります。

そんな時は、イチイチこだわらずに、気分を切り替えて次に備えましょう。

わからない所にこだわりすぎると、時間が過ぎてしまい、各問いを後追いするようになってしまいます。

すると、心の余裕がなくなり、本来解けるはずの問題をも逃してしまうかもしれません。

 

いかがでしょうか?

日頃から、リスニングのトレーニングするのはもちろんですが、それと同時にいかに集中力を持続させるかというのも、TOEICには必要です。

少しの対策で、点数アップを狙えますので、みなさんも実践してみて下さい。

 

 

2015年4月13日

written

by ちびたろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop