現在17272個の困ったを解決できます!

2016月10月5日更新

男性の脈アリのサイン♡気になる女子にしかしないボディタッチ6選

108063 views

気になっている男子が私によくボディタッチをしてきます…とても意識してしまうのですが、これは脈アリということなのでしょうか?(大学1年生・女性)



男性からのボディタッチの経験はありますか?


他の人はそんなにされないのに、私だけ多い気がする…なんて経験はおありでしょうか。

これにはどのようなパターンがあるのでしょう。
また、どのような意味があるのでしょう。
この記事では、男性のボディタッチのパターンをいくつかご紹介します。



脈アリボディタッチを見分ける女子












1.髪に触れる

髪に触れるのは一種の愛情表現でしょう。



愛しくて、つい撫でるように触れたり、毛先を遊んでみたり。

女子の髪は髪質が男子のものとは違うので、そういったところも気になるのかもしれません。
髪をアレンジするような触り方はあまりないのかもしれませんが、
髪の先に触れるなど、ちょっとしたボディタッチです。

もしくは、照れ隠しにぐしゃぐしゃと掻き回すパターンもあります。



女子の髪を普段から触るような男子はいません。
脈あり女子を相手にして、自然と出てしまうボディタッチだと言えるでしょう。
優しく触るか、ぐしゃぐしゃと髪の毛を掻き回すかは
その男性の性格に寄りますが、どちらにせよ、愛情表現の一種には違いありません。






2.頭をポンポン

髪を撫でる、とは少し違ったボディタッチがこれです。
頭にポンポン、と手を置く。
これも、脈あり女子に対する自然なボディタッチだと言えるでしょう。
頭は人間にとってかなり重要な部分ですから、そこを気軽に触らせる女性はいません。
仲良くなっていると言う自覚がある相手に対しての愛情表現ですね。


意味としては、慰める、誉める、が考えられます。
何か相手に嬉しいことがあった時、悲しいことがあった時に、
その相手に対してポジティブな意味を伝えたいときのボディタッチでしょう。






3.背中に触れる

これは、道路を歩いているときに出るボディタッチです。
主に、女性をエスコートする意味があります。
とはいっても、正式な場ではないので、エスコートと言っても守るという意味が強いでしょう。
つまり、道路を歩いていて危ないときなどに、声で注意するのではなく触れることで注意するのです。


小さい子の背中に触れて、車道側に出ないようにする母親と同じような意味合いがありますね。
相手を危険から守りたいと思って行う自然な行動です。
とはいっても、軽々しく女性の背中に触れられる男性はいませんので、
脈アリ女子だからこそしてしまう行動でしょう。






4.手に触れる

これは広く、腕なども入ります。
相手の手をどける、なども、相手と仲良くなっている脈アリ相手じゃないと
自然に出てくるものではありません。
場合によっては、手の大きさ比べなどもボディタッチの一つでしょう。
やはり、男子の骨格とは女子の骨格は違うので、そうした面でも珍しいのかもしれません。


意図的に手を握る、とまで大胆にはいかなくても、
相手の手に触れるというのは、ボディタッチの一つと考えてよいと思います。



5.肩に触れる


呼び止めるときに、ポンポン、とするのはよくあることでしょう。


では、誘導するように肩に手をまわしてくるのはどうでしょう。


気のない相手には、なかなかしませんよね。




肩に手をまわすのは、背中に手をまわすのと意味は似ています。


さらに、肩と肩が触れ合うのであれば、あなたとその相手とはとても親密な関係といえるでしょう。


お互いに、直ぐ近くにいるのが心地よいと感じているのです。


もっと近づきたい、知りたいと思っている表れかもしれません。








6.首筋に触れる

これは、今まで紹介した自然なボディタッチとは少し趣が違うかもしれませんね。
首筋を触られるのが苦手な女子はいるでしょう。
そこに触れられるのがくすぐったいというタイプの人です。
そうした人の反応が見たくてやってしまう、というのがこのボディタッチです。


くすぐったがるにせよ、平気であるにせよ、一種のからかいと一緒で、
相手に何かしらの反応をしてもらいたい、というボディタッチです。
好きな子ほど苛めたい、という心理と少し似ているかもしれません。







いかがでしたでしょうか。


肌の接触って、やっぱり特別な思いのある相手でないと嫌ですよね。
だから、なんとなくしていると見過ごすのはもったいないです。


脈アリ女子にしてしまうボディタッチ、
これを利用して、気になる相手が自分に脈アリかどうか測ってみてはどうでしょうか。

2016年10月5日

written

by kris


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop