現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月13日更新

【住所変更・紛失】運転免許証、この場合手続きどうするの?

9462 views

 運転免許証を無くしてしまいました…
どうしたらいいでしょうか?(大学3年生・男性)


 

運転免許証をうっかり紛失してしまったり、
財布が盗難にあい、その中に免許証が入っていた。
そんな経験ありますか?

または、引っ越しなどで、運転免許証に記載されている住所が変わった時は、
どのように手続きを取ったら良いのかご存知ですか?

運転免許証を紛失、破損、き損(ICチップの破損)した場合は、再交付の手続きができます。
再交付の手続きは紛失後いつまでに行わなければいけない、などの規定はありませんが
運転免許の有効期限内に行わないと、再交付手続きは出来なくなりますので注意して下さい。

 

紛失した場合は警察へ遺失届を出しましょう



運転免許証再交付の手続きをする前に、まず、やらなければならない大切なことがあります。
それは、最寄りの警察や交番などに遺失届を出すことです。

警察へ遺失届を出していなくても、運転免許証の再発行手続き自体は出来るのですが、
もしその免許証が、消費者金融からのお金の借り入れや、携帯電話契約などに悪用されてしまった場合、
あなたが契約したものではない、という証明になるのです。
遺失届を出していないと、身に覚えの無い借金を背負わされることにもなりかねません。

紛失した運転免許の更新期限が近い場合には
「再交付を伴う運転免許証の更新手続き」もできます。
再交付と更新手続きを同時に行いたい場合には
通常の更新手続きの必要書類に加えて、住民票、健康保険証など身分を確認できる書類を添えて
運転免許試験場、または運転免許センターで手続きを行って下さい。(警察ではできません)

 

運転免許証の住所変更



引っ越しなどで住所が変わった場合、
住所変更手続きを行わなくても免許証自体は有効ですが、
運転免許証はあなたの住所を確認する書類としても使われるので、
なるべく早めに住所変更の手続きをする事をお勧めします。

それに、更新のお知らせは記載されている住所に送られますので、
更新を忘れる可能性もありますよね。

更新期限が近い場合は、「住所変更を伴う運転免許証更新手続き」もできます。

尚、運転免許証再交付、住所変更の手続きは必ず本人が行わなければならず、
代理人による手続きは認められていませんので注意しましょう。

 

 

運転免許の再交付(再発行)に必要な書類



 

1) 運転免許証(汚損、破損、き損した場合)

2) 運転免許証再交付申請書(手続き場所にあります)

3) 運転免許紛失・盗難てん末書(手続き場所にあります)

4) 写真1枚(縦3cm x 横2.4cm)

5) 印鑑

6) 申請料 3,600円、仮免許は1,100円
(手続きをする場所によって異なりますので確認して下さい)

・ IC免許証の場合は、暗証番号(4桁の数字2組)が必要です。

・ 再交付と同時に住所変更・氏名変更などを行う場合は、住民票や外国人登録証名書などの住所・氏名が確認できる書類が必要です。

 

 

運転免許の住所変更手続きに必要な書類



 

1) 運転免許証

2) 運転免許証記載事項変更届(手続き場所にあります)

3) 新住所を確認出来る書類(住民票、年金手帳、健康保険証、外国人登録証など)

4) 印鑑

・ 他都道府県からの転入による住所変更の場合は、上記の申請書類に加え、申請前6ヶ月以内に撮影した写真1枚(縦3cm x 横2.4cm)が必要な場合があります。

・ 住所変更手続きの手数料は無料です。

 

運転免許証を紛失してしまい、免許証不携帯で運転すると3,000円の反則金を取られますし、
免許証は身分証明として使用することも多いので、
運転免許証再発行や住所変更の手続きは早めに行うようにしましょう。

詳しい情報は運転免許総合案内所のウェブサイトをご覧下さい。

 

2015年4月13日

written

by ottawa-shoko


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop