現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月7日更新

【カップル必見】グアム観光で「恋人岬」に行きたい♡その魅力に迫る!

2210 views

グアムは恋人と行くといいって聞きますよね!どのスポットがおすすめですか?(大学1年生・女性)


グアムは恋人と行くべき!という話はよく聞きますよね。なぜでしょうか?



それはあるグアムの伝説が由来となっているそうです。


かの有名な “ロミオとジュリエット"のような悲恋物語が、この蒼く美しい海を一望できるこの場所でもあったのです・・・


今回はその伝説についてご紹介します。





 画像出典:著者



グアムの人気観光スポットベスト3にも入る『恋人岬』。



一見その名前で愛に満ち溢れた幸せを呼ぶスポットのように思われがちですが、実はこの名前の由来には悲しい 物語があるのです。






チャモロ人の愛し合う恋人たち、しかし、娘は政略結婚へ・・・



それは、グアムがまだスペインの統治下にあったころの時代です。



首都ハガンヤにある名門の家柄の家族が住んでおりました。スペイン貴 族出身 の父、チャモロ族酋長の娘の母、 そして美しくて慎ましくて誰もが うっと りとしてしまうチャモロ人の娘がおりました。



ある日、その美しい娘に高慢で横柄なスペイン人の総督が一目惚れをしてしまいました。



総督は自分の権限を大いに使い、娘の父親に結婚を承諾するように迫ります。



そして 、父親は仕方がなく総督の申し入れを受け入れてしまったのです。



しかし、娘には心から愛している、そして既に永遠の愛を誓いあった同じチャモロ人の恋人がいたのです。



その事実を知った父親は、先立って娘はスペイン総督と結婚すると周囲に発表し、結婚式の日取りを勝手に決めてしまいました。






恋人たちは手を取り合い駆け落ち、そして悲劇の結末が・・・



娘と恋人は自分たちの知らないところで既に総督との結婚話が進んでいることを知り、結婚式当日に全てを投げ出し駆け落ちをしてしまいます。



駆け落ちを知った父親は、総督に娘はチャモロ人の若者に無理矢理連れ去られたと伝えてしまいます。



それを聞いて激怒した総督は自らの兵を率い父親と必死で二人を探し始めたのです。



そして、ついに二人は総督たちに見つかり、タモン湾の断崖まで追い詰められてしまいました。



崖のふちに追いやられ逃げ場を失った二人は、その場所で永遠の愛を誓い最後のキスを交わすとお互いの長い髪を結び合って、はるか下の荒れ狂う海面に身を投じたのです。



その悲しい出来事が起きた日以来、チャモロの人々はタモン湾を見渡せるこの高台を、若い恋人達の聖地として訪れるようになりました。



そして死してもなお永遠の愛を誓いあった二人の悲恋の伝説から、この地は恋人岬(プンタン ドス アマンテス)と呼ばれるようになったのです。






そして、現在の『恋人岬』は・・・



永遠の愛を誓いあった恋人たちの『愛』が成就する場所。この『恋人岬』の地において、チャモロ人の若い恋人たちの悲しいお話を聞いたあとで、改めて、目の前に広がる蒼く美しい海を眺めてみると、海の蒼さが心に染み入ってくる感じがします。



また、タモン湾が一望出来るこの『恋人岬』は広い公園となっており、その中央に「恋人たちの鐘」があります。



この鐘は恋人と二人で3回鳴らすと幸せになれるというジンクスがあり、多くの人が鐘を鳴らそうと訪れる人気スポットとなっております。



実は、私も恋人岬へ行った際には鳴らそうと意気込んでおりましたが、ビックリするくらい大行列になっていて断念しました!



お互いに永遠の愛を求め合うのはどの時代も同じ・・・という事なんでしょうか。







耳より情報



日本の伊豆にも同じ鐘があるのをご存知ですか?



こちらは、グアム『恋人岬』の銀の鐘



     




画像出典:著者




こちらが伊豆市『恋人岬』の金の鐘




    




画像出典:著者



この二つの鐘は、画像では良く色が確認できませんが金と銀の対になっていて、グアムの鐘は日本の伊豆市から寄贈されたんだそうです。



この伊豆市の『恋人岬』は、 グアムと同様に「恋人達の聖地」ともいわれ観光客で賑わいます。



ここで鐘を鳴らして恋人岬の事務局で恋人宣言証明書を発行してもらい、その後めでたくゴールインすると事務局から祝電が届くなど数々のサプライズがあるそうですよ!



あと最後にオススメしたいのは、このグアムの『恋人岬』公園内のショップで売られている「マンゴージュース」 がすごく美味しかったです。



甘くて濃厚で子供も喜んでいました。ぜひ飲んでみてくださ~い!




オススメHP:グアム政府観光局

2015年9月7日

written

by とらじろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop