現在17272個の困ったを解決できます!

2015月9月7日更新

食べたことのない人必見♡”長崎ちゃんぽん”ってどんな料理?

626 views

長崎ちゃんぽんを今まで食べたことが無いんですが、どんな料理ですか?(大学3年生・女性)


ご当地グルメで絶大な人気の『長崎ちゃんぽん』



その名は聞いたことがあるけど食べたことがないっていう人は結構いると思います。



実は昨年まで私もその一人でした! だがしかし、『ちゃんぽん』を食す機会がやってきたのです!






初『ちゃんぽん』の感想



私はラーメンは日常的に食べておりますが、ラーメン屋さんのメニューに「ちゃんぽん麺」とかありますが、頼んだことはありません。



なんとなく海鮮・野菜が入っている具だくさんラーメンという認識しかありませんでした。



正直、俗にいう海鮮ラーメンとの区別がつきませんでした。長崎の皆さま、ごめんなさい!



そんな私が晴れて長崎に行くことになりまして、旅先ではご当地グルメをモットーにしております私は『ちゃんぽん』を堪能してきました。



生まれて初めて『ちゃんぽん』を食べた感想は、エビ・イカなど海鮮の具材、加えてこれでもか~!っていうくらい野菜がたくさん入っていて出汁もしっかりと出ていました。



少し太めのモチモチとした麺、食して初めての感想は「もうお腹が一杯!めっちゃ満足~!」って感じでした。





(画像出典:長崎ちゃんぽんリンガーハットhttp://www.ringerhut.jp/menu/chanpon/






『長崎ちゃんぽん』の歴史とその名の由来



では、まずその歴史から紹介いたしますね。実はこの『長崎ちゃんぽん』、歴史がとっても深いんです!



我が国、日本がまだ鎖国時代、唯一の開港地として外来文化を受け入れ、異国情緒な独自の文化を生み育ててきた長崎は、料理にもその独自の影響が出てきていました。



ちゃんぽん、皿うどんは、当時、深く関わりのあった中国の影響を受けており、それに長崎独自の味をプラスして生み出したのが始まりなんです。



それ以来、長崎庶民の味として長年親しまれ名物となってきたのです。



『ちゃんぽん』の名前の由来はいくつかあります。



中国方面の方言で簡単なご飯の意味から喰飯「シャンポン」、



ポルトガル語の「ちゃんぽん(混ぜる)」、



そして、当時の中国人の呼び方「チャン」と日本人の「ポン」を合わせて「ちゃんぽん」、



沖縄のチャンプルーのように「ごちゃ混ぜ」から来たとか。



まぁ、その他いくつかの説もあるようです。






『長崎ちゃんぽん』ってどんな味?



今の時代、缶詰や冷凍食品など保存方法をいくらでもあるけれど、当時はそういうわけにもいかず大変苦労し
ておりました。



この長崎の地は近海で捕れる海産物が豊富で、かまぼこ、ちくわなど加工業も盛んでした。



それらに野菜もふんだんに加え具だくさんになってしまったのが『ちゃんぽん』の始まりとなりました。



それだけたくさんの具材が入っているんだからダシも最高でしょうね。



熱々に熱した鍋に肉を炒め具材を加え、強火で混ぜて風味をつける。スープは丸鶏、豚骨、鶏骨をベースに長時間じっくり煮込む。



この風味をつけた具材とスープの取り方が秘訣となるんですね。



麺は、唐灰汁(炭酸ナトリウム約90%)の水でこねた長崎特有のもので中国の福建地方の食文化をもとに活かされているそうです。



ラーメンや中華麺はかんすい(炭酸カリウム90%)で小麦をこねるらしいので、この『長崎ちゃんぽん』に使われている麺は、よりちゃんぽんに合うように試行錯誤して作られた長崎独自の麺なのでしょうね。



麺を食した感想はどちらかというと私は沖縄のソーキそばに近いような感じがしました。白くモチっとした食感です。


この『長崎ちゃんぽん』のお店は長崎市内にも百件以上ありますが、長崎を離れてみても中華料理店、またラーメン屋、そして、いまや全国展開をしているチェーン店が数々ありますので、皆様が食す機会はたくさんあると思います


ぜひ、一度堪能してみてはいかがでしょうか?







私の『長崎ちゃんぽん』お土産のオススメ!



私が現地のおばちゃんに聞いて、お土産にはどの『ちゃんぽん』が良いのか聞いてみたら、皆さん「みろくや」を教えてくれました。



駅前の物産店にも置いてありますし空港にもありましたよ!



通販でも購入できるので興味がある方は「みろくや」のホームページをご覧くださいね!



(画像出典:楽天市場  みろくやHP http://www.mirokuya.co.jp/ )



以上、長崎ちゃんぽんについてまとめました。


よかったらぜひ一度召し上がってくださいね!


2015年9月7日

written

by とらじろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop