現在17272個の困ったを解決できます!

2016月1月29日更新

ちゃんと好きなのかな…。彼氏・彼女への自分の気持ちを確かめる6つの方法

118010 views

彼女との関係がマンネリ化してきて、これからも付き合っていくか、別れるかで悩んでいます。。。(大学2年生・男性)




好きで付き合いだしたはずなのに、




付き合っているうちに二人の関係に疑問が…ということもありますよね。




自分の気持ちを再確認したいときにチェックしたい項目をご紹介します。




Photo by 霖霖七





1.付き合い当初からの思い出を整理してみる




付き合い当初からの写真や保存していればメールなどを見直してみましょう。




当時の彼に対する気持ちも思い出を見直しているうちに思い出してくるはずです。




写真を見ていると「一緒に行った場所」や「一緒に食べた食事」など




忘れていた些細なことまで記憶がよみがえります。




今の彼(彼女)に対する気持ちと比べてどうでしょう?




冷めたかなと思っていた関係は、




実は「ドキドキは少なくなったけれど、愛情に変わりはなく、安定期」




であるということに気づいたり、




あの時と比べると明らかに「好きな気持ちが薄らいでいる」などという真実に




気づくことができると思います。




過去と比べることで、よりわかりやすく自分の気持ちを知ることができますので




一度試してみましょう。




2.デートの間隔を空けてみる




ほとんど毎日会っていたり、




週末は決まって一緒にいるというカップルは




あえて会わない期間を作ってみるのもよいでしょう。




会わない期間に彼(彼女)のことがやたら気になったり、




やっぱり会いたくなったりすれば好きな証拠ですし、




反対に全く気にならないのなら




付き合いを続けて行く意味を確認したほうがいいかもしれません。




一人になって相手のことをじっくり考えてみましょう。






3.Wデート・トリプルデートをしてみる




いつも二人で会っているというカップルなら、




友達カップルを誘って4人または6人での複数デートを企画してみましょう。




意外な彼(彼女)の一面を知るかもしれませんし、




他のカップルの雰囲気や態度を見ることで




自分たちと比較したりすることができます。




1日デートが難しければ、とりあえず食事だけでもいいので、




二人以外のシュチュエーションを作ってみましょう。




後日友達に自分たちカップルの印象などを聞いて




客観視してみるのも良いと思います。




4.旅行に行ってみる




いつもは自宅の近くや、お互いの家などで過ごすことが多いのであれば




旅行に行ってみると新鮮な気持ちになれるはずです。




一泊でもいいので、近場の温泉に行ったりしてみましょう。




時間を気にせずゆっくり過ごす中で




お互いの正直な気持ちなどを話してみても良いと思います。




分かっていたつもりでも意外と相手のことを知らなかったり、




改めて相手のことを好きになったりする場合もあるので、




是非、旅行を企画してみましょう。






5、彼(彼女)との今後をシュミレーションしてみる




相手と自分の将来を具体的にイメージしてみましょう。




長期的なイメージが描けたなら「関係を続けていきたい」という気持ちですし、




全くイメージがわかないという場合は




自分の将来に必要ではないという考えなのかもしれません。




自分の将来を含めてどういう相手とどんな風に過ごしたいのか整理してみましょう。







6.共同作業をしてみる




二人でひとつのことを成し遂げてみましょう。




手軽な例を挙げると、始めてチャレンジするメニューを




一緒に作ってみるというのでもOKです。




または農作業体験などに一緒に行くのもいいと思います。




お互い初めてのジャンルのほうが相手の行動が読めないのでおすすめです。




効率よく作業分担しながらうまく達成できたときは




相手に対する新しい魅力を知る機会にもなって




より好きな気持ちを実感できるはずです。





以上です!




時々、今の彼や彼女との関係を見直すことも大切かもしれませんね。


焦らず考えてみてください。




お互いにとって、いい決断にして下さい!

2016年1月29日

written

by らんらん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop