現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

人生を変えるキャリアデザイン〜1人でも出来る5W1H法〜

1700 views

Q. 就活関連の話の中で、「キャリアデザイン」という言葉をよく聞きますが、どういう意味ですか?就活に向けてどのように行えばよいのでしょうか?(大学3年生・女性)


キャリアを考える女の子

 

© taka - Fotolia.com

 

 

あなたが自分の人生を決めるときはいつですか?



変わる時はいつやってくるんでしょう・・・?

 

這い上がり研究をしている小林@yuki1709です。

今日は、人生を変えるキャリアデザイン〜1人でもできる5W1H法〜

ということで、先日(株)マジコウのキャリアカウンセリングに同席したことを元に自分の人生を考えるプロセスについて紹介したいと思います。

【まずは何のために働くのか・・?という問い】



働く先になにがあるのか??

そもそも何で働かなきゃいけないのか?

 

キャリアカウンセリングの出発点は




「あなたが行う、その仕事(活動)は誰のどんな問題を解決するものなのか?」です。



”働く”の漢字は、「人」に「動く」という2文字で成り立っているように、

現存するビジネスはどれも、誰かの問題をHAPPYに変える活動から成り立ってます。

 

誰かに、何かの価値(付加価値)を提供できないと、見返りがない=お金が生まれない



 

 

そういった意味では、得られる対価はあなたが与えた価値を見るいい基準になるかもしれません。

 

【生きる上で最低限必要なこと】



 

自分の明日の飯を食っていける能力



言ってしまえば、これさえ最終的に確保できるのであれば、

学校に行く必要もないかもしれないし、定職に就かなくてもいいかもしれないし、周りの人に迷惑をかけたり文句も言われる事はないでしょう。

なので、

自分の飯の出所はどこなのか?を先にプランに入れておくこと



 

が最低条件だと思います。

 

 

【5W1Hのフォーマットを埋めてみよう!】



さて!紙を1枚用意して下さい!

就活の自己分析をするよりも、ずっと役に立って簡単にその場でできるキャリアプランの作成法です。

仕事作り(創職)も使える方法だと思いました。

*必ず順番通りにプランを立てること

 

私もこのフォーマットに沿って、カウンセリングをしてもらいました!

参考例に載せています。

 

①WHOM



誰に、これからやろうとしているサービス(仕事)を届けたいのか?

例)生きづらさを抱えている人かつ生き方を変えたいけど外的要因で出来ない層

障害、貧困、病気、中退、ニート/フリーター、途上国の子達など

 

②WHAT



何のサービスを届けるのか?

例)

・多様な働き方/生き方を紹介する、本人視点にたった働き方や生き方を創る、選択肢を広げる

・彼らの夢や目標を達成するためのメソッドの提供

 

③HOW



どうやって、そのサービスを行うのか

・個別でキャリアプロデュースを行う

・多様な組織/人と連携して、仕組みづくり/プロジェクト創りを行う

 

④WHY



なぜ、その仕事を自分がする必要があるのか?

過去のターニングポイントを振り返って自分が思った事、問題意識を感じたこと

例)・自分が1当事者であり、大変困った&悔しい想いをしたから

・途上国のスラム(=国際協力の現場)や病院/休学中に出逢った人達が能力があるにも関わらず、環境や制度(=外的要因)で、その能力が社会に還元されないまま死んでしまう現状に疑問と悔しさを感じたから

 

⑤WHEN



いつ、その目標を達成するのか?

いつ届けるのか?

 

⑥WHERE



どこで、その価値を届けるのか?どこで仕事をするのか?

例)ブログやSNSを通して

など

 

⑦現状でその対象者は何で助けられてる?



ここはオンラインだけでなく、実際に現場に足を運んで調べる/聞く

例)生活保護、保険、NPOの支援とか?

情報源は①人に聞く ②親が情報を取ってくる とかかな??

 

⑧代替サービスになっていることは?



もうすでに自分がやりたいことをやっている人/組織/企業/サービスがないか徹底的に調べてみよう!

もしかしたら自分が立ち上げてやるよりも、そこのチームにジョインした方が達成が早いかもしれません。

もし社会に自分がやりたいことをやってる人がいなかった、その時になって初めて起業や独立を考える。

 

⑨どうして”あなた”でないとダメなのか?あなたにお金を顧客が払う理由は?



 

あなただけしか持っていない価値は何でしょう??

他に似たようなサービスがあれば、対象の人は簡単に流れていってしまう。

この答えに答えられない時は、今からその”価値”を作っていこう。

 

⑩ゴール(方向性)から足りないもの(=GAP)を棚卸し



現実の厳しさと整合性を合わせていく作業

具体的に、今から何が必要で、そのパーツを得ていくために何をしていかなければいけないのか?

 

この順番で考えていくのが大事なんだそう。

 

 

【何がキャリアの目標達成を妨げているのか?】



来てくれた方のキャリアカウンセリングの様子を聞いていると、

大阪の若い人(学生さん/社会人の方)は

「皆さん、なんてしっかり自分の意見を持っていてデキそうオーラ臭するんや・・・!!!(((((( ;゚Д゚)))))」という感想

なんで壁にぶつかるンやろうな〜〜?と思って聞いていましたが、

 

・方向性は定まっていても、誰の何の問題を解決したいか?



 自分の役割はどこを担うのか?が具体策まで落ちていない



・社会の構造や仕組みが若いうちだとまだまだ分からない



・自分が見る自分と相手から見た自分 の認識がマッチできていない



 

とかが原因なのかな?と感じました。

 

「成長できる環境にいたい!」

「ノマドな働き方をしたい!」

というのもHOWの部分の話で、その先のゴールが見えないまま就活をしてしまったり、社会の仕組みを自分で全部知ろうと思ったら大変な労力と時間がかかります。

就活のマッチングは基本的には、相手が望む理想像に自分を合わせる作業です。

だから他者評価(自分は他の人からどんな人に見られているか?)が大事なのに、自己分析は自分で行っても意味ないよね。。とか。

 

 

【最後に】



皆さん、いかがだったでしょうか??

自分がやりたいことをやるにしても、自分の能力を最大限に生かすのも道は沢山あります。

その中で、一番最適/最短の方法や、自分の軸を見つけるためにも

この5W1Hのツールをぜひ使ってみて下さい^^

 

(執筆:小林由季 プロフィール
// ]]>

2014年6月12日

written

by yuki-kobayashi


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop