現在17274個の困ったを解決できます!

2016月9月20日更新

第一志望に受かる!インターンの志望動機~目的の答え方~

14240 views

スバリ、インターンの志望動機ってどんなことを話すべきなのでしょうか?(大学3年・男性)




志望動機に悩んだら…。


画像出展:写真AC




はじめに



インターン選考で重要になってくるのが志望動機。
経歴が一般的なものでも志望動機を上手く活用することで、
採用担当の目に留まります。
注意するべきは、この欄をただの理想を述べて終わらせてしまいがちなこと。
目的を明確にし、将来のプランを書くと具体的なPRにも繋がりますよ!
しかし、インターンに行くにしても志望度の高い企業は勿論、
興味はあるけど、全く別分野を勉強している…。など、
目的を書くのに戸惑ってしまう場合もあります。



今回はどちらに対しても困らないように志望理由の目的の書き方を見直していきましょう。




第一志望先の志望動機の書き方とは?



第志望度の高い企業に送る場合、なぜその会社を受けたいのかが
明確になっていますよね?
他の人と差を出すポイントはそこになります。



自分がなぜ会社に魅力を感じたのかは、人それぞれ異なります。
会社独自の企業方針に共感したことでも良いですし、
会社独自ブランドの商品を自分の手で作ってみたい!
という目的でも良いでしょう。
読みやすさを意識しつつも、
内容は詳細に分かるように書くと本気度が伝わります。






経験を積む為に参加したい場合の志望動機の書き方はコレ!



第1志望以外のインターンを受ける場合や、
自分の専門分野外のインターンを受ける状況もこの先あるかと思います。
もしはっきりと志望動機が浮かばなくても、その会社に何か惹かれる物が
あるのではないでしょうか?


アルバイト経験がない人は、「企業に入って仕事を体験してみたい。」といった
思いは必ずあるかと思います。


又、「スキルアップ」を目的にしても良いでしょう。
ただ、それをそのまま書いてしまうのはNG。
目的に必要なのは、理由付けなのです。




【とりあえず企業に入って仕事を体験したい。】場合


それでは具体的に文章を考えていきましょう。
たとえば現場を体感してみたいという想いがあなたにあった場合、



「今までは授業で○○に関して学んでいました。


貴社のインターンシップを通して、
広告の効果がどのように商品購買欲に繋がるかを実際に感じてみたいと思っております。」


のような形で踏み込んだ目的を記しましょう。
この場合は面接時に広告に関して学んだ内容を、
口頭でしっかり伝えられるように準備します。





目的の具体例



【ゲーム制作企業へのインターンシップを志望する場合】


--------------------------------------------------------
私はゲームデザイナーを目指し、現在専門学校でグラフィックを学んでおります。
①私が小学生の頃に発売された貴社の○○○シリーズのグラフィックの細かさに感動し、
私自身もグラフィッカーとして、プレイヤーを引き込む世界観を
創りたいと強く思っておりました。
②この度のインターンシップを通して、
ゲーム業界の仕組みや、貴社のユーザー視点に立った
ゲーム制作への認識を深めていきたいと思っております。
③また将来的には、自分が満足するだけではなく、プレイヤーが何を求めているのかを
考えられるようなデザイナーになりたいと思います。
--------------------------------------------------------------




このように目的には、
①なぜその企業でなければいけないのか。
②インターンに入り、何を知りたいのか。
③インターンで得た知識を今後何に生かしたいのか。
を組み込むことが出来ると、目的の内容も膨らみます。
詰め込み過ぎると読みにくくなりますので
長さには注意して下さいね。







目的の書き方講座総括



インターンの志望動機は、型にはまり過ぎると採用側にとって「また同じ…。」
という感覚でしか捉えられません。
書類選考で大切なのは、書面で目立つアピールが出来るか否かなのです。
私自身が工夫していたのは、資格欄で書いた資格を志望動機で活かすことです。
例えば「ビジネス文書が得意」という事で事務を志望したとしても、
【得意】の根拠になる事実が伝わらなければ、
採用者は「どの程度出来るのか」が判断出来ませんよね?
ですから資格欄には、その根拠を挙げる為にもしっかり正式名称で記し、再度志望動機で
アピールしているのです。
アピールに成功すると、必ず面接でもそれについて質問されますから、
面接対策も練りやすいですよね。



実際、テンプレートを利用して上辺で書いた文章はすぐに相手に
伝わってしまいますから要注意!
自分が今までに体験した事や、
その企業だからこそ体験したい事を、あなたの言葉で、できるだけ簡潔に書くようにしましょう。
また、最後の部分には将来の目標や、インターンで得た知識を何に活かしたいかを加えると、
「ビジョンをしっかり持っている」と認識されて、好評価ですよ!

2016年9月20日

written

by らいおん。


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop