現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月28日更新

頭痛薬にはおさらば!頭痛に効くアロマ7選

77 views

頭痛もちなのですが、あまり薬を飲み過ぎるのは不安です…(大学1年生・女性)


 

植物が持っている様々な有効成分を凝縮したものがアロマオイルですが、ただリラックスできるだけではありません。
鎮静や冷却など選ぶアロマによって異なる効果があり、この様々な成分をアロマテラピーによって体内に吸収させることによって頭痛のつらさを軽くすると考えられています。
今回は、そんな頭痛に効くオススメのアロマを紹介していきたいと思います。

 

①カモミール・ローマン



カモミール・ローマン
画像出典:amazon

ギリシア語で「大地のリンゴ」と呼ばれているカモミール・ローマン、頭痛、腹痛、歯痛など、痛み全般を和らげる効果があります。また、消化不良や下痢、嘔吐など胃腸の不調の改善にも役立ちます。

 

②グレープフルーツ



グレープ・フルーツ
画像出典:amazon

果実が木にぶどうのようになっていることから名づけられたグレープフルーツ。

心配や不安、緊張した気持ちをほぐし、幸福感をもたらす効果が期待できます。

前向きな気持ちになり、頭痛も和らぎます。

 

③ペパーミント



ペパーミント
画像出典:amazon

ガムや歯磨き粉など、様々な香り付けに使われているペパーミント。

メントール(ハッカ)の香りで有名です。ペパーミントは多くの効能を持ち合わせている精油です。

鎮痛作用があるため、頭痛や偏頭痛、筋肉痛、生理痛などの痛みを緩和する作用があります。

 

④ラベンダー



ラベンダー
画像出典:amazon

安眠効果があることで知られるラベンダー。

他の精油となじみやすく、アロマテラピーでよく使われる精油の一つです。

鎮痛作用があり、頭痛や筋肉痛、胃痛、月経痛などの体のあらゆる痛みを緩和する効果が期待できます。

また、免疫力強化の作用もあり、感染症などの予防に役立ちます。

 

⑤ローズマリー・シネオール



ローズマリー・シネオール
画像出典:amazon

ローズマリーは、ヨーロッパで古くから料理に欠かせないハーブとして利用されてきました。

葉には消臭や殺菌作用があり、肉の臭みを消して鮮度を保ち、また、消化を促すとして、現在でもフランス料理やイタリア料理に欠かせないハーブです。

うっ血除去作用や粘液溶解作用がある1.8シネオールという成分が多く含まれており、痰のからむのどに有効です。

鼻や喉などの呼吸器系の不調にも効果を発揮します。

 

⑥ジュニパー



ジェニパー
画像出典:amazon

西洋では古くから薬草として重宝され、ジンの原料としても知られています。

ジェニパーには独特の香りがあり、そのウッディーな香りはオトナを彷彿させます。

頭をスッキリさせ、チャレンジ精神を保ち、疲労感を解消し、リフレッシュさせてくれます。

 

⑦スウィートマジョラム



スウィート・マジョラム
画像出典:amazon

スイートマージョラムの持つアロマオイルの効果と効能は、なんといっても不安や悲しみを取り除き、寂しさから救ってくれることでしょう。

神経系を鎮める効果があり、不安、ストレス、悲しみや孤独感を癒します。

 

いかがでしたでしょうか。

是非頭痛薬に頼る前にアロマを試してみてはいかがでしょうか?

ですが、アロマテラピーは症状のつらさを和らげる効果を期待して行うものであり、頭痛を治癒する効果はありません。

頭痛の症状や度合いによっては、早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

2015年1月28日

written

by kojima


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop