現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月28日更新

TOEICリスニング対策に最適なおすすめTED動画&勉強法

848 views

TOEICリスニング対策に最適なおすすめTED動画を教えてください!勉強法も合わせて教えてくれるとありがたいです。(大学3年生・男性)


 

TOEICのリスニングに、皆さん苦労されていると思いますが、
どんなテスト対策されていますか?

筆者自身、高校時代には文法は最低限おさえていたものの、リスニング力は酷く、
”How are you?”さえも聞き取れず、答え方も全くわかっていませんでした。
高校卒業後、試行錯誤しながら勉強し、カナダの現地会社で英語を遣いながら
仕事するまでに至りました。

そんな筆者がおおすすめするリスニング勉強法。

 

TED動画を利用!

おそらく多くの人は、リスニングの文章を目でみれば、然程むずかしいとは感じないと思います。
ただ、リスニングだけになると、これが厄介なんですよね。
そこで、TED動画で耳をトレーニングする方法をここで紹介します。

 

TEDサイトの簡単な説明



それでは、Ze Frankさんのスピーチを例に観てみましょう。
Ze Frank: Are you human?



動画画面の左側に”View interactive transcript”というのがあるのでクリックしてみてください。
元々英語になっているはずなので、英語の原文が出てきます。


ここで、画像を再生。
動画の再生と同時に英語原文に下線が引かれて、読んでいるところがわかるようになっています。

また、画面左側にSelect languageというところでJapaneseにすると、
翻訳文に切り替わり、同様に下線部が移動していきます。


 

ポイント 1 - 単語の集まりを意識



単語毎に意識をするのではなく、単語の集まりに意識してみてください。
どういうことかというと、このスピーチでは “Have you ever” が連呼されています。
日本語のカタカナ読みだと、『ハヴ ユー エヴァー』と一つ一つ発音しがちですが、
スピーチでは『バヴユーエヴァー』と、ひと続きで発音されているのがわかると思います。

原文を目で追うだけの視覚に頼らず、耳から聞こえる発音を素直に取り入れてください。

もし必要であれば、自分なりにカタカナに変えて書き出してもいいと思います。
ただし、上記に書いた『ハヴ ユー エヴァー』ではなく、『ハヴューエヴァ~』とか、
自分が聞こえた通り、そのままカタカナにしてください。

筆者自身は、実際にこうやって単語の読みを覚えてきました。発音記号で書くのも面倒だし
覚えていなかったので、とにかく自分が聞こえた通りにカタカナにしました。
下唇を少し噛んで発音する”v”や”f”の音、下を歯に挟む”th”の発音等は、
カタカナで表現しきれないので、自分は一目でわかるように、マークしたりしました。
他人が読むとおかしなカタカナ表記でしたが、自分が理解できればいいので好きなように
メモしてみてください。

全く同じように発音してください(Have you everのみ)

気持ち悪いですが、一人でブツブツ、出来る限り同じように発音しましょう。

リスニング力を上げると考えた時に、リスニングだけを特訓しようとする人がいるのですが、
耳だけを鍛えようとしてもなかなか成果が得られません。
意外かもしれないのですが、発音を真似ることで、聴覚も同時に上がります。
専門家ではないので学術的な説明はできませんが、こうすることで、
リアルな音が脳の記憶網に蓄積されていきます。
これは英語勉強をしてきた時に気付いた体験談です。

“have you ever” で記憶することで、実際にリスニング問題に出てくると、
いちいち単語にとらわれることなく、スーっとフレーズが頭に入り、
瞬時に意味を理解しやすくなるのです。

“have you ever” は簡単だと思う人は、どこか一行を丸暗記して、単語も含め、
ネイティブにより近い感じで発音してみてください。

 

ポイント 2 - リエゾン



もう一つ大事なのが、単語と単語がつながる 『リエゾン』に慣れる必要があります。
同スピーチから別の例をあげてみましょう。

1:01の行をみてください。

with a period, as a sign とありますね。集中してこの部分を一度きいてみてください。
スピードが速すぎてうまく聞き取りにくいかもしれません。
ここで知っておくのが、with a が『ウィズ ア』as a は『アズ ア』と単語では聞こえないことです。

ここでリエゾンが関係してきます。
自分の耳には『ウィダッ』『アザッ』という風に聞こえています。
これを意識して、もう一度聴いてみてください。ある程度聞き取れたら、今度は発音練習してみてください。

もし、100のリエゾンがあれば、100通りを覚えないとダメだというものではありません。ご安心を!

ある程度マスターすることで、自然と応用がきいてきます。
そして、特に意識しなくても、スムーズに耳からセンテンスが入ってくるようになります。

もちろん、日々の努力は欠かせませんが、勉強量が多いから点数が上がるというものでもありません。
ポイントを押さえながら効率よく勉強することで、本来の効果があらわれてくると思います。
とにかく、自分の耳で聞こえたように口にする。これが最も重要です。
そうやって意識していると、自然に耳も鍛えられていきます。

また、一つのスピーチで多くのことが学べます。
いろいろな人のスピーチをやたら聞きまくるというよりも、先ずは一つをとことん聴きこなす。
そして、次のスピーチにうつってみてはどうでしょうか。

それと、なにより重要なのは、自分の好きなトピックを選ぶことです。
つまらない内容のものをずっと聴くより、自分の好きなものを聴く方がずっと効果的です。
もっと他のトピックが知りたい人は、以下から探してみてください。(日本語訳があるもののリストです)
https://www.ted.com/talks?language=ja&sort=newest

 

参考までに、おもしろそうなスピーチを以下ピックアップしてみました。
興味がある方は、視聴してみてください。
注) 日本語でサブタイトルがでてきますが、不要だという人は、
アドレスバーの最後に記載されている 「?language=ja」の部分を消してください。

 

音楽が好きな人向け



Mark Ronson:  How sampling transformed music



DJ、ミュージシャン、音楽プロデューサーの彼が、サンプリングで新たな音楽を生み出します。
Mashupともちょっと違った、かっこいいスタイルに関するスピーチです。

 

ファッションが気になる人向け



Jessi Arrington: Wearing nothing new 



ニューヨークのブルックリンで活動するデザイナーの彼女が、新しい服ではなく、古着をテーマに語っています。
古着ファンにはもちろん、ファッションが気になる人にはおもしろいスピーチです。

 

その他



Susan Cain: The power of introverts



元企業弁護士-コンサルタントで、自らを内向的だというSusanさん。
世界では外交的な人が多く賞賛され、学校や職場でもこういった人が有利なようにできています。
しかし、内向的な人だって大きな成果をあげるのだと提唱しています。(個人的にすごく好きなスピーチです)

 

いかがでしたか?
上記以外にも、いろんなジャンルのスピーチがあるので、みなさんも英語でスピーチを楽しんでください!

2015年1月28日

written

by ちびたろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop