現在17272個の困ったを解決できます!

2014月11月19日更新

適性検査の種類と対策!就活生が知っておくべきことまとめ

9674 views

就活では、適性検査というものがありますが、あれについていろいろ教えてくれませんか?(大学3年・男性)


 


画像出典:足成

 

適性検査対策はじめに



就職試験の対策講座を受けていると、
SPIやGAB、そして性格適正検査の壁に突き当たるかと思います。

中には、「そもそもコレって就職に関係あるの?」なんて問題も含められていますね。
しかし、殆どの会社において、採用側が見たい部分は決まっているのです。
今回は、適正検査で企業側が見抜きたい部分から対策を考えていきましょう。

 

適正検査の種類



適正検査は、

①読解力や計算力といった一般知識と、
作業スピードと精確さが問われる『能力適正検査』

②心理テストの要領で診断される『性格適正検査』

③応募先の職業に向いている人材かの判断に使用される『興味・指向適正検査』
の3種類に大別されます。
大抵はどれか1つだけを行うのではなく、全てを組み合わせた総合適正検査を行います。
また、面接の際に予告なく行われる可能性も大。

筆者は苦い経験から、面接には適正検査=適正監査がある。
と覚悟を決め手面接に行っていましたよ!

 

能力適正検査対策



能力適正検査の対策は、問題の傾向に頭を慣らしておくことです。
一般常識だからといって、「何もしなくても解けるだろう」といった考えは非常に甘いですよ!

【Study Pro】さんの、SPI試験問題集をよく見て下さい。
国語といっても「同音異義語」や「反意語」に関しては久しぶりに勉強する…という方も
多いかと思います。

 

ましてや算数には皆がつまずく、「旅人算」と「濃度」の
問題が組み込まれています。
各書店で販売している、SPIの対策本を繰り返し勉強しましょう!

 

嫌なのは誰しも同じこと。
マークシートタイプのSPIは、コツさえ掴めばさっくりとした計算で
答えの目安をつけられます。
SPIは問題数が多いので驚きがちですが、時間を計って慣らしていくと攻略への
近道になります。

 

また能力適正検査には国語と算数の他にも時事問題が入ってくる企業もあります。
時事は大学の受験勉強の際にも利用したかと思いますが、新聞を読むのが一番良いでしょう。
一般企業では「○年前までの総理大臣の名前をフルネームで順番に書いて下さい。」といった
問題や、「ASEAN とは何を表した物ですか?」といった問題など一言で回答できる物がよく
出題されています。
最近多いのが、「アベノミクスの3本の矢とはなんでしょうか。」といった
解説的な問題です。この場合、自分の中でよく理解していないと書き出す際には勿論、
口頭で聞かれた際の回答にも戸惑いますよね…。

日頃からニュースに無関心な方も、就職活動中は必ず新聞に目を通しましょう!

性格診断検査対策



性格診断にもコツがあります。

まず、「~したことがない。」という質問はトラップという事を頭に入れておきましょう。
例えば、「人の悪口を言ったことが一度もない。」といった質問が書かれていた場合は要注意。

 

今までの人生の中で一度も人の悪口を言ったことが無い、なんて人はいませんよね?

 

この質問では、しっかり自分のミスを認められる人材か否かを見られているのです。
現実的には、つい言い訳したり人の所為にばかりしてしまうタイプの人間がいますね…。
取引先との営業で、自分のミスを認めず責任を押し付けたりしたら…大変な事態になりますよね。

 

社会人になったら、言い訳より先にまず謝罪!
これが基本となります。
つまり先ほどの問いへの正しい答えは「いいえ」となるんですね!
このように全ての問いには必ず隠された意味があります。
自分の受ける職種によって必要な能力や性格をしっかり見極めてから回答しましょう。

 

性格診断検査総括



適正診断テストにはSPIの他にも、
CAB・TG-WEBといった専門業者のテスト、その企業オリジナルの問題まで様々あります。

 

筆者も就職活動時には企業のオリジナル問題を受けました。
国語の他にも「ビジネスマナー」や専門知識が問われる場合もありますよ。
【仕事中、取引先への伝達ミスで納品が遅れてしまいました。
どのように謝罪したら良いと思いますか。あなたの考えを書いて下さい】
これは私が実際に受けた問題ですが、突然の記述式には緊張しました…。
悩んでしまう前に、企業がどういった人材を求めているのかを意識して下さい。
おのずと答えが見えてきますよね!

 

どんなに履歴書の内容が良くても、適性検査の合格ラインに達しないと意味を成しません。
一通りの対策に必要な時間は一般的に50時間と言われています。

 

その点を踏まえたら、遊んでばかりじゃいられない!
1日に数時間でも適正検査対策を取り入れましょうね。

2014年11月19日

written

by らいおん。


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop