現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月15日更新

冬のデートに最適!イルミネーションスポット大特集~関東編~

2541 views

関東でイルミネーションがきれいな場所ってどこかありますか?(大学1回生・女性)


クリスマスもいよいよ近づいてきましたね。
この時期のデートの定番と言えば、「イルミネーションを見に行く」ことではないでしょうか。
最近はイルミネーションをやるところが増えてきて、どこに行こうか悩んでいる人もいるはず。

そこで、この記事では関東エリアのイルミネーションスポットの中から
いくつかピックアップして紹介します。
どこのイルミネーションスポットにデートしに行くか考えるのに、参考にして下さい。

 

茨城:ばんどうイルミネーションファンタジー2014



茨城:ばんどうイルミネーションファンタジー2014
画像出典:http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=15199

坂東市が開催するイルミネーションは2会場あり、
両会場の合計の明かり数は70万球で茨城県一の規模を誇ります。

岩井会場は、八坂公園にある池を活用した水上イルミネーションを展開。
水面に映るイルミネーションを見ながら園内を歩けば、異世界にやってきた気分になります。

一方、猿島会場では「火の見櫓ツリー」が最大の見もの。
その名の通り火の見櫓にイルミネーションを施したもので、その高さに圧倒されます。
時間に余裕があれば、両会場を同日に回ることも可能です。

 

場所:八坂公園・岩井モール商店街(岩井会場)、エコス沓掛店(猿島会場)
期間:11月23日~2015年1月24日
時間:18時~22時
入場料:両会場とも無料
アクセス:つくばエクスプレス線「守谷」駅からバス40分

 

栃木:あしかがフラワーパーク「光の花の庭」



栃木:あしかがフラワーパーク「光の花の庭」
画像出典:http://www.ashikaga.co.jp/flowerfantasy_special2014.html

藤の花が有名で、年間を通じて多くの観光客が訪れるあしかがフラワーパーク。
ここで毎年開催されるイルミネーションは、
「関東三大イルミネーション」に選ばれる実力を誇ります。
今年も「光の花の庭」がテーマですが、電球・LEDを250万球に大幅増。
有機EL照明という、最新の技術を用いた「未来への翔き」も新登場します。

大藤をイメージしたシンボルツリーは今年も私たちを温かく迎え入れてくれます。
さらに、水面に映るイルミネーションは見るだけでロマンチックな気分にさせてくれます。

 

場所:あしかがフラワーパーク
期間:10月25日~2015年2月5日(12月31日を除く)
時間:16時30分~21時(土日祝日は21時30分)
入場料:大人700円
アクセス:JR両毛線「富田」駅から徒歩13分

 

群馬:おおたイルミネーション2014



群馬:おおたイルミネーション2014
画像出典:http://www.city.ota.gunma.jp/005gyosei/0080-004sankei-shogyo/2013-0312-1629-106.html

あまり知られていませんが、
太田市が北部運動公園で展開しているのがこの「おおたイルミネーション」。
遠くからでも、近くからでもきれいに見えるのが特徴です。

特に、点灯する瞬間がロマンチックだとされ、運動公園が一瞬にして幻想的な世界に変わります。
園内には光のお城や、赤い光の階段などが配置されています。

ちなみに、北関東自動車道からもよく見えるそうです。
ただ、イルミネーションに見とれて事故を起こさないように十分注意しましょう。

 

場所:太田市北部運動公園
期間:11月15日~2015年1月12日
時間:17時30分~22時
入場料:無料
アクセス:東武伊勢崎線「太田」駅からタクシー約20分

 

埼玉:西武園ゆうえんち イルミージュ



埼玉:西武園ゆうえんち イルミージュ
画像出典:http://www.seibuen-yuuenchi.jp/illumi-ju/spot.html

今年はLEDの数を300万球に増やし、
ますますパワーアップした西武園ゆうえんちのイルミネーション。

メインステージの「イルミステージ」は昨年よりもエリアを拡大し、
より迫力ある光と音のショーを楽しめます。

また、イルミネーションの階段「光のスカラフォレスターレ」が初登場。
この階段を昇り降りすれば、王子様とお姫様の気分が味わえるかも。
埼玉県一の規模を誇るイルミネーション、一度は行ってみたいものです。

 

場所:西武園ゆうえんち
期間:10月31日~2015年4月5日(1月10日~2月15日は土日祝日のみ、2月16日~3月20日は実施せず)
時間:17時15分~閉園(時期により開始時間が異なります。詳細は西武園ゆうえんち公式サイトでチェック)
入場料:大人900円(アトラクションに乗れるイルミナイトパスは大人1300円)
アクセス:西武山口線「遊園地西」駅からすぐ

 

千葉:東京ドイツ村 ウインターイルミネーション



東京ドイツ村ウインターイルミネーション
画像出典:http://t-doitsumura.co.jp/special_event/

ドイツの町並みを再現した「東京ドイツ村」では、
千葉県内最大級のイルミネーションを展開します。
関東三大イルミネーションに選ばれた実力で毎年、来園者を喜ばせています。

今年のテーマは「Shangri-La~笑顔、発見!~」
LEDに加えて、普通の電球も併用して幻想的な世界を演出します。
光と音のショー、そしてトリックアートを取り入れたという
3Dイルミネーションが見どころです。

観覧車からイルミネーションを見下ろしてみるのもおすすめです。
園内は広いですが、マイカーで移動できるので
ドライブデートの最後に立ち寄るのもいいでしょう。

 

場所:東京ドイツ村
期間:11月8日~2015年3月31日
時間:16時~20時
入場料:大人15時以降の入園で500円、乗用車の場合は1台につき2000円(1月13日以降1500円)
アクセス:JR内房線「袖ヶ浦」駅からバス20分(東京ドイツ村に乗り入れるのは土休日のみ)
マイカーは館山自動車道「姉崎袖ヶ浦」インターから約5分

 

東京:東京ミチテラス2014



東京:東京ミチテラス2014
画像出典:http://www.tokyo-michiterasu.jp/main/hikari_railway.html

東京駅丸の内駅舎から皇居に向かって延びる、行幸通りで行われるイルミネーションです。
今年は東京駅の開業100周年を記念し、東京駅丸の内駅舎をフルカラーでライトアップ。

さらに、行幸通りではフルカラーLEDをアーチ状に配した「光のアーチ」を展開。
ライトアップされた東京駅丸の内駅舎に向かって、アーチの中を歩くことができます。

また、行幸通りと交差する丸の内仲通りでは、毎年恒例の「丸の内イルミネーション」を開催。
東京駅の八重洲口側でも、「グランルーフ イルミネーション」が行われます。

さらに、大手町・有楽町エリアでイルミネーションなど様々なイベントが展開されます。
これらをハシゴするのも、デートプランとしておすすめです。

 

場所:行幸通り
期間:12月(※)
時間:未定(※)
入場料:無料
アクセス:JR東海道新幹線・山手線ほか「東京」駅からすぐ
または東京メトロ東西線ほか「大手町」駅からすぐ

※本記事の執筆時点では、実施されることは告知されていますが、詳細が発表されていません。
例年通りであれば、時期は12月下旬の数日間、時間は17時ごろ~21時ごろです。
詳細は12月ごろ発表になるものと思われます。

 

東京:よみうりランド ジュエルミネーション



よみうりランドジュエルミネーション
画像出典:https://jewellumination-gallery.yomiuriland.com/items/-33f947a5-c9ad-4396-965d-48ae3c198fe3

稲城市にある有名な遊園地、よみうりランドでもイルミネーションが楽しめます。

世界で活躍する照明デザイナー、石井幹子氏が今年もプロデュースを担当。
「7つの宝石色が輝く」をテーマに、今年は森をテーマにした新色「フォレストジュエリーカラー」のエリアを新設。
昨年好評を博した噴水ショーは、2倍の規模となって私たちを迎えてくれます。

イルミネーションの向こうには東京都心の夜景も望むことができます。
昼間はアトラクションで遊び、夜はエレガントなイルミネーションを見る…というのも楽しいでしょう。

 

場所:よみうりランド
期間:10月31日~2015年2月15日(休園日あり。詳細はよみうりランド公式サイトでチェック)
時間:16時~20時30分(イルミネーションの点灯時間)
入場料:大人1000円(アトラクションに乗れるナイトパスは大人1800円)
アクセス:京王相模原線「京王よみうりランド」駅からゴンドラスカイシャトルで約10分
または小田急小田原線「読売ランド前」駅からバス10分

 

神奈川:さがみ湖イルミリオン



さがみ湖イルミリオン
画像出典:http://www.sagamiko-resort.jp/illumillion/illumi/

関東で最大規模のイルミネーションスポットが、この「さがみ湖イルミリオン」です。
今回で6年目だそうですが、ついにLED電球数が500万球となり、圧巻のスケールで展開します。
見どころは、100万球ものLEDで作られたという「光の宮殿と大庭園」。
また、「光と水のショー」では音楽に合わせてスポット全体の色調が変化します。

見れば見るほど、幻想的な世界に引き込まれることでしょう。
意外と東京からも行きやすい場所にありますから、都心のイルミネーションに飽きたらぜひこちらへ。

 

場所:さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト
期間:11月1日~2015年4月12日(1月8日~3月19日の間は毎週金・土・日・祝日のみ)
時間:17時~21時30分
入場料:大人600円
アクセス:JR中央本線「相模湖」駅からバス8分

 

 

今回は関東の数あるイルミネーションスポットの中から、8か所を紹介しました。
行ってみたいなぁ、というところはありましたか?
期間が短いものもあるので、きちんと計画を立てて行きましょう。
では、素敵なイルミネーションデートを!

 

2014年11月15日

written

by 八百万


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop