現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月10日更新

学生の内に身につけておきたいマインド~目標設定方法~

4805 views

 Q. 「目標を設定しよう」と言われることは多いですが、どう設定したらいいかがよくわからず、いつもなんとなくで決めてしまいます。効果的な目標の立て方を教えてください。(大学1年生・男性)


目標設定方法

新しくライターとして記事を配信させていただきます大阪医科大学の
高梨裕介と申します。

医学部という閉鎖的で特殊な環境にいながら、営業、新規事業立ち上げ、交流会や講演会の開催などの活動をしており、その中で得た経験や気づきをみなさんにシェアできたらと思っています。

さて、第1回目は「目標設定の方法」についてお話します。

 

目標設定の方法



よく何か、行動したり、挑戦するときには、「目標設定」が大切だとよく言われます。

目標を設定することで進んでいく道が見えてきますし、向上心を維持することにもつながります。

目標は紙に書き、期限や日付と共に書くとよいです。
形としては、○○する!(例えば○○会社に内定をもらう!)など現在形で書くとよいですね。こういった話は多くの書籍に紹介されているので是非読んでみて下さい。

今回はその目標の設定方法をお話します。

 

「徹底的に理想を追求する」



目標を設定する際、大切だと感じているのは、

「徹底的に理想を追求する」ことです。

目標を設定するときは、

「こうなったらいいなあ」と思うことをなるべく「思い描くまま」に書くこと

が大切です。

例えば収入や活動の幅、会いたい人、仲間、成長の度合いなど、やりたいことを思い描くままに書きます。
妥協をしないのがポイントです。

コツとしては、

目標を達成するときに、方法が見えてこないくらい高めに設定するのがいいと思います。

反対に、よくないのは、今の自分から未来を積み上げていく目標の設定。
例えば、
いまは月収20万だから、来年は30万くらいかな・・その次の年はいくらくらいになるかな・・・
と考えていくことです。
これは、そのまま生きていたらそうなっていく話なので、目標にはなりません。

 

繰り返しになりますが、

目標は達成する方法が思い浮かばないくらいの高さが必要です。

先に理想としての目標を設定してしまい、そこから逆算して今をみる考え方がよいのです。

すると、今の自分と理想の未来に向かうはずの自分にギャップを感じると思います。
このギャップ感覚が行動を促し、成長をもたらします。

 

目標設定は学生の後も一生使っていくものです。
学生のうちに是非身につけてみてください^^

2015年3月10日

written

by yusuke-takanashi


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop